憧れのマンションの最上階!しかし意外と知らない?!デメリットとは…。

マンション購入や賃貸をお考えになったことがある人なら、一度は憧れるマンション最上階での暮らし。なんとなく、開放感がありリッチな気分になりそうですね。しかし、マンション選びに後悔しないためには、最上階であることのメリットだけでなく、デメリットを知っておく必要があります。ぜひ、こちらの記事を参考にして、今後の住居・投資マンション選びにお役立てください。

多くの人がマンションの最上階を望む理由

マンションの部屋選びの際も、最上階が空いてるかどうか、確認してみたことがある方も多いのではないでしょうか?マンションの最上階が好まれる理由として、以下のことが挙げられます。

①開放感溢れる眺めや日当たりのよさ

最上階の良さと言えば、建物の立地や規模にはよりますが、なんと言っても高いところからの見晴らしの良さでしょう。特にタワーマンションなど高層であればあるほど、周囲に高い建物がなければ、自室の窓から開放感を感じられます。周辺が自然に囲まれているマンションだと、家から海や川や山の景色を楽しむこともできるでしょう。
さらに、周りに他の建物が隣接していなければ、人目を気にせずカーテンを開けたまま、一日中自然の光や外の景色に触れながら過ごすことが可能です。昼間は電気を付けずとも日の光が入ることや、冬の期間は、暖房器具を使わずともポカポカと暖かいことから、電気代の節約にもなります。また、夜になれば夜景を見ながらゆったりした時間でくつろぎ、一日の疲れを癒す方も多い様です。

②風通しがよい

マンションの最上階は、風通しも抜群です。風通しが良いことのメリットとして、洗濯物がよく乾く、カビの発生を抑えられる、夏場は風の涼しさを感じられる、観葉植物が育ちやすいなどがあげられます。日々の仕事などで外出が多くとも、これらのありがたみを感じる場面は多いことでしょう。

③騒音が少ない

マンション最上階は、当然のことではありますが、上階がないため上からの物音に悩むことがありません。いくら防音対策をしているマンションでも、足音や生活音などは響いてしまうものですが、最上階に住むことで、「以前住んでいたマンションは、上の階の子供の足音が気になった」「上階の話し声がうるさい」といった悩みを持っていた人にとっては、ストレスなく過ごせることでしょう。

④希少性や資産価値が高く、価値が劣化しにくい

④希少性や資産価値が高く、価値が劣化しにくい マンションの価格は、面積や立地・周辺環境の充実度によるのはもちろんですが、最上階という点で希少性が高く、その分資産価値も高くなります。理由としては、上記で述べたように、他の階に比べて日当たり・見晴らしが良いことや、騒音が少ないことなど、低・中層階にはないメリットがあるからです。
そして、資産価値が高いということは、言い換えればその分需要が高いということです。マンションの最上階は、新築・中古マンションを問わず、高級感が高いということから他階に比べて圧倒的な人気があります。また、「転勤があるので早く売却したい」「子供の進級・進学やライフステージの時期に合わせたい」「親と同居しなければならなくなった」など、マンションの売却時にスピードが必要な際に、人気のある最上階の部屋であれば、スピーディーに買い手が見つかる可能性が高いため安心です。加えて、最上階は経年しても他の階よりも値下がりの幅が小さい傾向にあり、予想よりも高値で売れることも期待できます。

⑤優越感を感じられる

最上階に住むことで、優越感を感じ満足感を得る方も多いのではないのでしょうか。客観的に価格が高いことが分かりやすく、そこに住めるほどの経済力があることを示すことができます。

マンションの最上階のデメリット

ここまで、マンションの最上階が選ばれる理由を紹介していきました。しかし、マンションの最上階には、デメリットも多くあります。これらのことをしっかりと把握しておくことが、マンション賃貸や購入の際に大切になってきます。

《デメリットその①》夏場の暑さ

マンションの最上階は日当たりが良いですが、その反面、夏場は暑さに苦しむことになります。夏場の室内に入る熱の70%以上は窓からによるものとされており、日差しが多く差し込む最上階では、場合によっては家の中より外の方が涼しいくらいです。
加えて、マンションの屋根や壁に使われるコンクリートは蓄熱しやすいため、一度温まるとなかなか冷えません。そして上層階は、他の階に比べ外壁と面している部分が多いため、部屋の中に熱も伝わりやすいです。下の階よりも暑いことや、光熱費が高くつくことを覚悟しなければならないでしょう。

《デメリットその②》エレベーターの待ち時間

最上階のデメリットとしてよく挙げられるのが、エレベーターの待ち時間が長いということです。製品によって違いはありますが、マンションに用いられるエレベーターの速度は、一般的に分速30〜60mほどと言われています。そして、通常エレベーターは1階に常時待機をしているため、最上階の家の人は、最下階へ行くのに長い移動時間を要すことになります。他の階の人たちに比べ、数分の差であるとは思うかもしれませんが、エレベーター内で忘れ物に気付いたときなどは、また最上階まで昇ってから降りなければならず、手間を取ってしまうでしょう。特に、出勤や通学前などの人々が慌ただしくしている時間帯は、エレベーターを待つ時間がロスとなり、ストレスの原因にもなります。
また、エレベーターの点検時や故障・停電時には、階段で最上階の部屋まで到達しなければなりません。万が一の時ではありますが、高層であればあるほど大変であることが想像つきますね。

《デメリットその③》災害時に大きな影響を受ける傾向

最上階住戸で心配になる点として、災害時が挙げられます。特に地震が起きたとき、マンションの最上階は他の階にくらべて、小さな震度でも揺れが大きくなってしまい、他の階よりも強い揺れを感じます。また、家具や家電が倒れたり壊れたりする可能性が高く、家具を固定するなどの安全対策が必要です。加えて、地震のみならず火災など多様な災害により、エレベーターが使用できなくなることも考えられます。緊急時に外に逃げるまで時間がかかってしまうという怖さが、マンションの最上階の難点でしょう。

《デメリットその④》賃貸・販売価格が高い

マンションの価格設定は、分譲・賃貸を問わず、一般に上階にいけばいくほど高く設定されています。最上階は、希少性や日当たりのよさ、プライバシーの保護の面といったことから、最下階よりも高く価格設定されており、高層マンションであるほどその差は顕著に現れます。例えば、現在売りに出されているマンション比較をしてみると、最上階の費用相場は3,000万円〜4,000万円後半、最下階の費用相場は2000万円後半〜3000万円前半となっており、500万円から1,000万円程度の費用差がありました。

*参考住友不動産

価格に見合った価値や納得感があれば良いのですが、ただ何となく、「最上階が良いと言われてるから」という理由で選んでしまうと、後悔してしまう可能性があります。

まとめ

マンションの最上階は、

  • 上の階がないため静かに暮らせる
  • 眺望や日当たり、風通しが良い
  • 防犯やプライバシーが守られていて安心
  • 希少性があるので、優越感を得ることができる

といった資産価値や安全性があり、世間一般の意見やステータスとして、魅力を感じる人も多いことでしょう。
しかし、

  • 夏の暑さと、それによる光熱費
  • 最上階ならではの面倒なことや危険性がある
  • 高額な賃料or購入金額である

といった、思わぬデメリットがあることが分かりました。
マンション選びの際は、「望んでいる住居として適切かどうか」「今の自分の生活スタイルに合っているか」など優先順位をつけて、自身にあったマンション選びをしていくことが大切です。場合によっては、他の階にすることで、同じ値段でもよりグレードアップした立地や部屋に住むことができます。
マンションを選ぶ際は、「最上階であるから」ということにこだわらずに、実際に居住や投資する際のことを想定して、他のフロアと検討しながら冷静に判断することをオススメします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。