50代貯金なしでマンション購入する方法を徹底解説|不動産購入に関する参考情報

50代貯金なしでマンション購入はできるか

50代の貯金なしでマンションを購入するとなれば、住宅ローンの審査が通らず難しいイメージがあります。50代は定年も近く、収入が減少する可能性が高いので住宅ローン審査は厳しくなるでしょう。
貯金があればマンション購入は可能ですが、貯金なしの50代ではマンション購入が難しいと考える方は多いです。しかし、50代貯金なしでもマンションを購入する方法はあります。
この記事では50代貯金なしのマンション購入方法を解説しますので、不動産購入を検討している50代の方はぜひ参考にしてみてください。

マンション購入している50代の割合

貯金なしの状態でも住宅ローン審査が通れば、マンション購入ができます。一般的に不動産購入の際には、現金一括で支払わない限りは住宅ローンを組む方が多いです。しかし、「50代でマンション購入する方はいないのでは」と、疑問に思う方もいるでしょう。
実際住宅ローンを借りて、マンション購入をしている50代の方は存在します。住宅支援機構フラット35が2021年度の利用者を調査したデータによると、住宅ローンを借りる50代の方は毎年存在します。
参考として2020年度と2021年度の2年間で、新築マンション・中古マンションを購入した方の年齢層を確認しておきましょう。

「2020年新築マンション購入者の年齢層」

  • 20代 12.1%
  • 30代 34.9%
  • 40代 24.5%
  • 50代 17.2%
  • 60代以上 11.4%

「2021年新築マンション購入者の年齢層」

  • 20代 11.1%
  • 30代 31.5%
  • 40代 25.7%
  • 50代 18.5%
  • 60代以上 13.2%

「2020年中古マンション購入者の年齢層」

  • 20代 11.9%
  • 30代 31.9%
  • 40代 31.2%
  • 50代 17.3%
  • 60代以上 7.6%

「2021年中古マンション購入者の年齢層」

  • 20代 9.2%
  • 30代 28.5%
  • 40代 31.6%
  • 50代 20.9%
  • 60代以上 9.8%

*参考 2021年度 フラット35利用者調査

新築マンション・中古マンションどちらでも、50代の住宅ローン利用者は約20%ほどいます。
さらに、60代以上のご年配の方でも、約10%前後の住宅ローン利用者がいるため、50代の方は全く問題ありません。
貯金なしの50代マンション購入希望者は、自分に合った住宅ローンを探してマンション購入計画を立ててみてください。

貯金なしでも住宅ローンを組める

50代という年齢をクリアしても、貯金なしの状態で住宅ローンを組めるのか疑問に思う方は多いです。住宅ローンは貯金なしの方でも組めます。しかし、住宅ローンの審査を通過する必要があり、金融機関が定める基準をクリアしなければいけません。
金融機関としては住宅ローンを完済できる利用者であれば、貯金がなくても融資します。貯金なしの場合は、年収や今後の収入見込み・実現可能な返済計画が必要です。
50代で貯金なしの方は、住宅ローン審査を通過するため、返済能力があることを証明しなければいけません。50代は定年が近く退職金が見込まれるので、退職金やその他の収入源を提示して、ローン完済に十分な返済計画を提示してみてください。

50代貯金なしでマンション購入する際の注意点

50代の貯金なしでマンションを購入する方法は存在します。しかし、若年層や貯金がある方に比べて、住宅ローン審査を通過しにくい事実は理解しておきましょう。
50代の貯金なしで住宅ローンを組む場合、次の注意点を押さえておいてください。

住宅ローン完済時の年齢に注意する

  • 住宅ローン完済時の年齢に注意する
  • シニアライフを考慮した返済計画を立てる

それぞれの注意点を解説しますので、マンション購入の参考にしてみましょう。

住宅ローン完済時の年齢に注意する

50代の貯金なしでマンション購入する際は、住宅ローン完済時の年齢に注意してください。住宅ローンは年齢制限が設けられているケースがあり、満65歳以下や75歳以下など金融機関によって利用者上限はさまざまです。しかし、多くの場合は50代であれば、年齢制限に引っかからず住宅ローンを借りられます。
問題は住宅ローンを借りて、完済する時に何歳になっているかです。一般的には住宅ローン完済期限は80歳未満とされており、80歳を超える借入期間では審査が通りません。
80歳を超える借入期間では、完済までに利用者が故人となる可能性が高く、金融機関は不安に感じてしまいます。そのため住宅ローンを借りる際には、できるだけ早い段階で完済できる借入期間で申請しなければいけません。
50代貯金なしの利用者となれば、金融機関も返済できるのか不安に感じて、審査が厳しくなるでしょう。しかし、65歳までに完済できる借入期間であれば、金融機関も安心して融資できます。
また、住宅ローンを借りる際には、団体信用生命保険に加入する必要があるので、健康状態が悪いと審査で通りにくいです。50代で住宅ローンを組む場合、審査を通るように完済時の年齢を早めに設定しておきましょう。

シニアライフを考慮した返済計画を立てる

50代で住宅ローンを組む際には、シニアライフを考慮した返済計画が必要です。借入期間を短くするために、50代の収入を目安に毎月の返済額を多めに設定すると、シニアライフ後の生活が困窮します。なぜなら、仕事を辞めて定年を迎えたシニアライフは、50代より収入が少ないからです。
50代から住宅ローンを組む場合は、定年退職時の退職金など高い収入が見込めます。しかし、住宅ローン審査を通過するために厳しい返済計画を立てると、シニアライフの生活が苦しくなり大変です。
シニアライフでは老化により病気や怪我をしやすくなり、通院費や治療費もかかります。50代で住宅ローンを組む場合は、将来を楽に過ごすために、シニアライフの生活を考慮しておきましょう。

50代貯金なしでマンション購入する方法

50代の貯金なしでマンション購入をする方法は、住宅ローンの借入期間を短く設定することです。
住宅ローンの借入期間が長いと、完済時の年齢が高齢なので審査が厳しくなるでしょう。また毎月のローン返済額には利息が上乗せされるため、早めに完済した方が総返済額が減らせます。
借入期間を減らすためには、頭金を多めに支払っておくことが大切です。頭金を多めに支払っておけば、借入金額を少なくして短い借入期間で完済できます。
しかし、貯金なしの状態では、頭金を用意できない可能性が高いです。頭金を用意できない場合は、働いている現役の期間に返済できるか返済計画を立ててみてください。
返済計画を立てる際には、退職金や他の収入を計算に入れて実現可能な計画を立案しましょう。
また借入金額が2,000万円以下の場合、住宅ローン審査が通りやすい傾向があるので中古マンション購入を検討してみてください。
中古マンションであれば、新築マンションより価格を抑えて購入できます。
住宅ローン審査を通りやすくするために、借入金額を2,000万円以下に設定して短い返済期間で完済しましょう。

50代貯金なしでマンション購入するシミュレーション

50代の貯金なしでマンション購入を検討している方は、総返済額がどれくらいになるのかシミュレーションを確認してみましょう。
2,500万円の中古マンションを金利0.35%の住宅ローンを組んで購入する条件でシミュレーションします。

「シミュレーション条件」
・中古マンション価格 2,500万円
・金利0.35%

「頭金0円借入期間15年のシミュレーション」
・借入金額 2,500万円
・借入期間 15年
・利息 66万5,637円
・諸費用 77万円
・総返済額 2,643万5,637円

「頭金0円借入期間20年のシミュレーション」
・借入金額 2,500万円
・借入期間 20年
・利息 88万8,852円
・諸費用 77万円
・総返済額 2,665万8,852円

「頭金500万円借入期間15年のシミュレーション」
・借入金額 2,000万円
・借入期間 15年
・利息 53万2,509円
・諸費用 64万円
・総返済額 2,117万2,509円

「頭金500万円借入期間20年のシミュレーション」
・借入金額 2,000万円
・借入期間 20年
・利息 71万1,081円
・諸費用 64万円
・総返済額 2,135万1,081円

それぞれ、頭金なしと頭金500万円の場合、借入期間15年と20年の場合でシミュレーションしました。
頭金なしより頭金500万円支払っている方が、総返済額は500万円ほど変わります。借入期間が5年違うだけで、総返済額が20万円ほど変わることが分かりました。
50代でマンション購入を検討している方は、シミュレーション結果を参考に住宅ローンの契約内容を考慮してみてください。

50代貯金なしでマンション購入する方法に関するまとめ

50代の貯金なしでもマンション購入は可能です。マンション購入するには住宅ローンを組む流れが一般的ですが、50代は年齢制限に引っかからないので利用できます。
しかし、健康状態や完済時の年齢設定によっては、住宅ローン審査で落とされる可能性があるので、申請内容には注意しなければいけません。
50代でマンション購入する際は、シニアライフの生活を考慮して無理のない返済計画が求められます。住宅ローンを通すために、毎月の返済額を高く設定するとシニアライフの生活が困窮して大変です。
住宅ローン審査を通すためには、頭金を用意したり短い借入期間で申請したり、申請内容を工夫しましょう。
頭金を多く用意すれば借入期間と借入金額を減らして、住宅ローンを借りられるので利息が軽減されます。この記事で紹介したシミュレーション結果を参考に、住宅ローンの契約内容を検討してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。