マンションを建設するには?流れと費用について解説!

マンションを建設するにはどうしたら良いのか?

マンションを建てるにはどうしたら良いのでしょうか。マンションの建設は一大事業なので、しっかりと計画してから建設に移ることが大切です。しかし、一からマンションを建設するのは難しいので、何をしたら良いかわからないという人がほとんどでしょう。今回は、マンションを建設するまでの流れと、かかる費用について説明していきます。

事前準備をする

まずは事前準備をします。準備するべきことは三つあります。一つ目は、事業計画書を作成することです。ローンを組んでマンションを建築する場合には事業計画書の提出が求められます。まだ建物の建設前なので事業計画書完成させることはできませんが、ある程度情報を整理しておきます。 二つ目に、土地について調べます。中にはマンションを建設できない土地があるからです。役所の担当の課に電話をするなどして、その土地の用途や前面の道路について調べておきます。また、土地の利権に関しては法務局で登記事項証明書を取得して調べます。さらに、確定測量図手に入れば用意しておくと良いです。これらの書面上での確認に加えて、建物を建設する予定の土地の周りを歩いてみましょう。それは、実際にマンションが建設された後に入居する人が現れたとして、そのマンションの利便性を調べておくためです。駅やバス停からどれくらい距離があるか、近くに商業施設はあるか、近隣にはどれくらいアパートやマンションがあるかなどの点を確認しておくと良いでしょう。 事前に準備しておくべきことの三つ目は、資金計画を立てておくことです。良い立地を見つけて事業計画を練ったとしても、資金がなければマンションを建設することはできません。マンションを建設するために全部でいくらかかるか、そのために自己資金としていくら用意できるのか、足りない分の資金はどうやって調達するか、毎月どれくらいの家賃収入が見込まれ、それによるといつ頃ローンを返済できそうかといった資金計画を立てます。

建設を依頼する会社を選ぶ

事前準備が終わったら、次にどの会社に建設を依頼するかを決めます。依頼先としては、ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所などがあります。もしハウスメーカーに頼むと、設計から施工までを全て請け負うってもらえます。マンションを専門的に扱っている部門があるため、技術や知識の面で優れているという特徴があります。もしゼネコンに依頼した場合は、ハウスメーカーと同様に設計から施工まで一貫して請け負ってもらえます。ゼネコンは公共工事を手掛けた実績が多いので技術力が高いという特徴があります。他に、設計事務所に依頼するという選択肢もあります。設計事務所に依頼すると、建物のデザインや空間構成においてオリジナリティが出せるというメリットがあります。設計事務所では、ハウスメーカーやゼネコンとは違って、設計は設計事務所が行い、施工はゼネコンや地元の建設会社が行うという方式をとっています。このパターンだと他の建物にはないようなデザインで人目を引くことができるけれど、価格が高額になってしまうというデメリットもあります。ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所のどれに依頼するかよく検討しましょう。

予算の見積もりを出してもらう

ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所のうち、どれに依頼するか決めたら、建築のプランを作成してもらい、予算を見積もってもらいます。その際、一つの会社だけでなく、複数の会社に見積もりを出してもらいましょう。依頼する会社を決めたら、本プランを作成し、実際に契約を結びます。

ローンを申し込む

マンション建設の契約を交わしたら、次はローンの申し込みをします。ローンを組むには審査を受けてそれに通過する必要があります。実際にローンを組むのはマンション建設の契約を交わした後で良いですが、事前に金融機関に相談しておきましょう。ローンについて調べておけば、より有利なローン商品を選べるようになります。さまざまな商品の金利や手数料、保証料といった条件を比較して、最も自分に合ったローン選びましょう。

着工

マンションの建設を依頼する会社を決め、ローンの審査に通過したところで、いよいよ工事が始まります。マンションの着工の段階には主に3段階あります。まずは準備工事という段階です。準備工事では、地盤を調査し、埋設物はないか、マンションを建設することで周囲の建物に悪影響を及ぼさないかといったことが確認されます。もし、既に何か建物が建っている土地にマンションを建設する場合は、この段階で建物を解体します。地盤の確認が終わり、問題ないことがわかったら杭工事が行われます。杭工事とはその名の通り、杭を打ち込む工事です。次に、マンションの基礎を作る前に「捨てコンクリート」を流し込む。掘削工事が行われます。これは、基礎工事をしやすくするために行います。

建築工事

建築工事ではまず躯体工事が行われます。躯体工事とは、建築物の中でもメインの構造部をつくっている骨組みを工事することです。まずはマンションの基礎を造ります。鉄筋と型枠を組み、そこにコンクリートを流し込みます。これを1階の分から最上階へ向けて行い、鉄骨を組んでいきます。この段階で既に建物が出来上がったように見えるかもしれませんが、まだまだ本当の完成までには時間がかかります。工事は最初はまず1階の外装部分から行われ、段々と上の階の方も工事を進めていきます。次に、外装がある程度完成してきて、工事途中に雨水が入る心配がなくなったら、内装の工事を行います。つまり、まずは1階の外装、そして上の階、最後に内装という順番で工事が進められていくのです。

設備工事

設備工事とは、マンションの内部で利用する設備を導入するという工事です。どのような工事を行うのかというと、スイッチやコンセント、照明器具などの電気設備を導入したり、水道関係のインフラを整えたり、エアコンや換気扇などの空調設備を設置したりします。この工事は建築工事と同時期に進めます。

外構工事

外構工事とは、マンション本体以外の外まわりに対して行う工事のことを言います。 例えば、フェンスを設置したり、車庫にアスファルト舗装したり、駐輪場を設置したり、植栽によって緑化したりなどが外構工事に含まれます。戸建て住宅では外構工事は別の工事としてみなされることが多い一方、マンションでは建築工事に含まるという違いがあります。

竣工検査と引き渡し

工事が終わると竣工検査を受けます。これは、マンションの施工状態に問題点がないかを確認するための検査です。問題がなければ、やっとマンションがオーナーの手元へ引き渡されます。実際にマンションへの入居が始まると、マンションを管理していかなくてはなりません。マンションが引き渡されるまでの間に、どこに管理を委託するのか決めておきましょう。マンションを建設するための工事は、これらのような流れで進んでいきます。

マンションを建設する流れ

事前準備をする

まずは事前準備をします。準備するべきことは三つあります。一つ目は、事業計画書を作成することです。ローンを組んでマンションを建築する場合には事業計画書の提出が求められます。まだ建物の建設前なので事業計画書完成させることはできませんが、ある程度情報を整理しておきます。 二つ目に、土地について調べます。中にはマンションを建設できない土地があるからです。役所の担当の課に電話をするなどして、その土地の用途や前面の道路について調べておきます。また、土地の利権に関しては法務局で登記事項証明書を取得して調べます。さらに、確定測量図手に入れば用意しておくと良いです。これらの書面上での確認に加えて、建物を建設する予定の土地の周りを歩いてみましょう。それは、実際にマンションが建設された後に入居する人が現れたとして、そのマンションの利便性を調べておくためです。駅やバス停からどれくらい距離があるか、近くに商業施設はあるか、近隣にはどれくらいアパートやマンションがあるかなどの点を確認しておくと良いでしょう。 事前に準備しておくべきことの三つ目は、資金計画を立てておくことです。良い立地を見つけて事業計画を練ったとしても、資金がなければマンションを建設することはできません。マンションを建設するために全部でいくらかかるか、そのために自己資金としていくら用意できるのか、足りない分の資金はどうやって調達するか、毎月どれくらいの家賃収入が見込まれ、それによるといつ頃ローンを返済できそうかといった資金計画を立てます。

建設を依頼する会社を選ぶ

事前準備が終わったら、次にどの会社に建設を依頼するかを決めます。依頼先としては、ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所などがあります。もしハウスメーカーに頼むと、設計から施工までを全て請け負うってもらえます。マンションを専門的に扱っている部門があるため、技術や知識の面で優れているという特徴があります。もしゼネコンに依頼した場合は、ハウスメーカーと同様に設計から施工まで一貫して請け負ってもらえます。ゼネコンは公共工事を手掛けた実績が多いので技術力が高いという特徴があります。他に、設計事務所に依頼するという選択肢もあります。設計事務所に依頼すると、建物のデザインや空間構成においてオリジナリティが出せるというメリットがあります。設計事務所では、ハウスメーカーやゼネコンとは違って、設計は設計事務所が行い、施工はゼネコンや地元の建設会社が行うという方式をとっています。このパターンだと他の建物にはないようなデザインで人目を引くことができるけれど、価格が高額になってしまうというデメリットもあります。ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所のどれに依頼するかよく検討しましょう。

予算の見積もりを出してもらう

ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所のうち、どれに依頼するか決めたら、建築のプランを作成してもらい、予算を見積もってもらいます。その際、一つの会社だけでなく、複数の会社に見積もりを出してもらいましょう。依頼する会社を決めたら、本プランを作成し、実際に契約を結びます。

ローンを申し込む

d.ローンを申し込む マンション建設の契約を交わしたら、次はローンの申し込みをします。ローンを組むには審査を受けてそれに通過する必要があります。実際にローンを組むのはマンション建設の契約を交わした後で良いですが、事前に金融機関に相談しておきましょう。ローンについて調べておけば、より有利なローン商品を選べるようになります。さまざまな商品の金利や手数料、保証料といった条件を比較して、最も自分に合ったローン選びましょう。

着工

マンションの建設を依頼する会社を決め、ローンの審査に通過したところで、いよいよ工事が始まります。マンションの着工の段階には主に3段階あります。まずは準備工事という段階です。準備工事では、地盤を調査し、埋設物はないか、マンションを建設することで周囲の建物に悪影響を及ぼさないかといったことが確認されます。もし、既に何か建物が建っている土地にマンションを建設する場合は、この段階で建物を解体します。地盤の確認が終わり、問題ないことがわかったら杭工事が行われます。杭工事とはその名の通り、杭を打ち込む工事です。次に、マンションの基礎を作る前に「捨てコンクリート」を流し込む。掘削工事が行われます。これは、基礎工事をしやすくするために行います。

建築工事

建築工事ではまず躯体工事が行われます。躯体工事とは、建築物の中でもメインの構造部をつくっている骨組みを工事することです。まずはマンションの基礎を造ります。鉄筋と型枠を組み、そこにコンクリートを流し込みます。これを1階の分から最上階へ向けて行い、鉄骨を組んでいきます。この段階で既に建物が出来上がったように見えるかもしれませんが、まだまだ本当の完成までには時間がかかります。工事は最初はまず1階の外装部分から行われ、段々と上の階の方も工事を進めていきます。次に、外装がある程度完成してきて、工事途中に雨水が入る心配がなくなったら、内装の工事を行います。つまり、まずは1階の外装、そして上の階、最後に内装という順番で工事が進められていくのです。

設備工事

設備工事とは、マンションの内部で利用する設備を導入するという工事です。どのような工事を行うのかというと、スイッチやコンセント、照明器具などの電気設備を導入したり、水道関係のインフラを整えたり、エアコンや換気扇などの空調設備を設置したりします。この工事は建築工事と同時期に進めます。

外構工事

外構工事とは、マンション本体以外の外まわりに対して行う工事のことを言います。 例えば、フェンスを設置したり、車庫にアスファルト舗装したり、駐輪場を設置したり、植栽によって緑化したりなどが外構工事に含まれます。戸建て住宅では外構工事は別の工事としてみなされることが多い一方、マンションでは建築工事に含まるという違いがあります。

竣工検査と引き渡し

工事が終わると竣工検査を受けます。これは、マンションの施工状態に問題点がないかを確認するための検査です。問題がなければ、やっとマンションがオーナーの手元へ引き渡されます。実際にマンションへの入居が始まると、マンションを管理していかなくてはなりません。マンションが引き渡されるまでの間に、どこに管理を委託するのか決めておきましょう。マンションを建設するための工事は、これらのような流れで進んでいきます。

マンションの建設にかかる費用とは

マンションの構造ごとに見る建設費用の相場

マンションを建設するためにはいくらかかるのでしょうか。費用はマンションがどのような構造をしているかによって異なってきます。マンションの構造ごとに見た建築費の坪単価相場は、構造が鉄筋コンクリート造の場合、坪90万円〜110万円、重量鉄骨造の場合坪80万円〜100万円、壁式PC造の場合坪70万円〜90万円が相場です。マンションは鉄筋コンクリート造であることが多いので、一般的な相場は坪90万円〜110万円だということになります。そもそも鉄筋コンクリート造とは、強度が高いので、3階建てのマンションでも15階建てのマンションでも鉄筋コンクリート造で建設されることが多いです。一方、重量鉄骨造や壁式PC造は、5階建てくらいの高さのマンションでしか利用できないので注意が必要です。

建設費用以外にかかる諸費用

マンションを建築するためには、建設費以外にもさまざまな諸費用が発生します。例えば、設計料、測量費、地盤調査費、初穂料、奉献酒代、水道分担金、不動産取得税、登録免許税、印紙税、司法書士手数料、融資手数料、損害保険料といった費用がかかります。諸費用として、これらの費用がかかるとされています。例えば、設計から工事までをハウスメーカーに依頼した場合は、設計料が少し抑えられ、諸経費は合計で建築費の大体3〜5%くらいかかります。予算を決める際の参考にしてください。

まとめ

今回は、マンションを建設する流れや建設費用はいくらかかるのかについて説明してきました。マンションを建設するためには、まず事前準備を行い、ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所のどの会社に建設と設計を依頼するかを決めます。次に、選んだ会社に見積もりを出してもらい、住宅ローンを組みます。そしていよいよ工事が始まるのです。マンションを建設するためには、さまざまな費用がかかります。建設費用はマンションの造りによっても異なりますが、一般的な相場は坪90万円〜110万円です。これらに加えて諸経費が建設費用の3〜5%くらいかかります。マンションを建設するにはこれだけの資金がかかるのです。