【マンションの間取り】2LDKの特徴とは?人気の秘密を紹介!

自分に合った間取りが知りたい!

マンションには、2DK、3LDKなど様々な間取りがあり、2LDKもその一つです。賃貸物件を決める際には、まずどのような間取りの部屋に住みたいかを決めないと物件を絞ることができません。しかし、自分にはどの間取りが最も合っているのかを判断するのは簡単ではありません。そこで、今回は2LDKの間取りの特徴や、2LDKはどのような人におすすめなのかについて説明していきます。

2 LDKとはどのような間取りなのか

そもそも2LDKとはどのような間取りのことか知っていますか。2LDKの「L」「D」「K」とは、それぞれリビング、ダイニング、キッチンのことを指しています。つまり2LDKとは、リビングがひとつ、ダイニングがひとつ、キッチンがひとつ、そして居室がふたつ間取りの物件ことをいいます。

2LDKと2DKの違い

2LDKと似ている言葉に「2DK」というものがあります。団地型の集合住宅などでは、2DKという間取りを目にすることが多いです。2DKと聞くと、2LDKとは全く違う間取りのように思うかもしれません。しかし、実は2LDKと2DKは同じ部屋数なのです。この二つの相違点は、居間のスペースの広さです。LDKとみなされるためには、居間、食堂、台所の機能を持った部屋の広さが10畳以上なければならないのです。つまり、居間の有無ではなく、居間が広ければ2LDK、狭ければ2DKというように表示されます。この違いを間違えないようにして、間取り選びをする必要があります。

2LDKは人気が高い!

実は、2LDKはとても人気の高い間取りなのです。それは、2LDKは世帯の少ない家庭にピッタリの間取りだからです。現在、日本では世帯の縮小が進んでいます。世帯人数が少ない場合、2LDKという間取りは広すぎず、狭すぎずでとても便利なのです。さらに、2LDKはどのようなライフステージにいる人にとってもちょうど良い広さの物件なのです。そのため、2LDKの間取りのマンションが市場にも多く出回っています。

2LDKの間取りの種類

次に、2LDKの間取りについて説明します。同じ2LDKの中にも様々なタイプの間取りがあり、どの間取りを選ぶかによって生活スタイルは異なってきます。そのため、自分に合った間取りを選ぶことが大切なのです。ここからは、代表的な2LDKの間取りを5種類紹介していきます。

リビングが縦に長いタイプ

一つ目の間取りは、バルコニーに対してリビングが縦に広がっているタイプです。この構造では、リビングや居間に広い窓を設置することで明るい部屋を作ることができるというメリットがあります。また、玄関の近くに一つ部屋を配置すれば、ダイニングを通らずに部屋に向かうことができます。そのおかげで家族の中で生活リズムがずれていたとしても迷惑をかけることなく部屋へ戻ることができます。

リビングが横に長いタイプ

二つ目の間取りは、バルコニーに対してリビングが横に広がっているタイプです。この構造では、縦長型と同じくリビングや居間に広い窓を設置することで明るい部屋を作ることができます。こちらは、開放的なリビングダイニングで家族団欒を大切にしたいという人におすすめのタイプです。しかし、その反面、生活音が聞こえやすい、自分の部屋へ戻るのにリビングを通らなければならないといったデメリットがあります。賃貸アパートなどではこのタイプの間取りが多いです。

寝室が奥にあるタイプ

寝室が玄関から離れた奥にあるタイプもあります。このタイプの間取りは、寝室の快適性にこだわる人におすすめです。また、家に帰ると必ずリビングを通過することになるので、自然とコミュニケーションが活発になります。そのためカップルや家族層にもおすすめです。しかし、先ほどの二つのタイプとは異なり、リビングに窓を設置できないことがあります。そのため、リビングが十分に明るくなくなってしまう可能性があるので留意しましょう。

リビングダイニングと居室が横に並んでいるタイプ

リビングと部屋がバルコニーに対して並んだような形をとっている間取りもあります。このタイプの間取りは、賃貸物件ではあまり見かけない、希少な物件となっています。窓を全ての部屋に設置することで、明るい住環境となりやすいです。欠点としては、部屋が横並びで奥行きがないので、狭く感じられてしまうことがあるかもしれません。

メゾネットタイプ

近年、メゾネットタイプの間取りが増えてきています。メゾネットタイプとは、室内が1階と2階に分かれていて、階段で行き来するような間取りのことです。一般的には、一階に水回りとリビングダイニング、二階に居室があるという形をとっていますが、もちろんその反対のケースもあります。どちらがより利便性が高いかを検討する必要があるでしょう。

2LDKのマンションが向いている人とは?

2LDKには様々な間取りがあり、自分に合ったものを選ぶ必要があるとわかりました。それでは、2LDKのマンションはどのような人に向いているのでしょうか。一人暮らし、二人暮らし、三〜四の家族で住んでいる場合の三つに分けて紹介していきます。

一人暮らしの場合

2LDKは一人暮らしをするには少し広いと思う人も多いでしょう。しかし、一人暮らしをする人の中にも、2LDKを選ぶ人はたくさんいます。例えば、テレワークを積極的に行っている人には2LDKがおすすめです。新型コロナウイルスの影響で、自宅で仕事を行う人が増えてきました。すると、仕事部屋と寝室を分けた方が仕事に集中できると考えるようになったのです。それだけではなく、自分の趣味のための部屋を持ちたいと考える人が2LDKの間取りを選ぶこともあります。

二人暮らしの場合

二人で暮らしいているカップルや夫婦にとって、2LDKはゆとりを持って生活できる、ちょうど良い広さの間取りです。2つの部屋をそれぞれの部屋として使うこともできるし、寝室を共通で使用してもう一つの部屋を半分ずつ使うこともできます。それぞれの部屋にクローゼットがあるので、収納場所にも困りません。このように、二人で暮らしている人には2LDKは最適な広さだといえるでしょう。

三〜四人家族の場合

夫婦と子ども、合わせて三〜四人で住んでいる家族にとっても2LDKはピッタリの間取りです。二つある部屋のうち一つを夫婦の部屋、もう一つを子供部屋として使うのが一般的でしょう。しかし、子どもがたくさんいる場合や、子どもが成長してきたときには2LDKだと狭く感じるようになるかもしれません。その場合には引っ越しを検討するのもありでしょう。

長期間住みやすい2LDKマンションがある?!

一般的に、結婚や出産などを迎えてライフステージが変化すると、必要な部屋数は変わっていきます。しかし、その度に引っ越しをするのはとても大変です。そこで、近年では2LDKをうまく活用してライフステージの変化に対応できる新築分譲マンションが登場してきました。それが、リビングとダイニングの間の壁をスライド式にした物件です。そうすることで、ライフステージが変わるたびに引っ越しをせずに住むのです。まず一人暮らしのときには、引き戸の壁を取り払えば、広々とした1LDKとして使用することができます。さらに、部屋を二つに仕切れば一つは寝室、もう一つは仕事部屋や趣味の部屋として使用し、ラグジュアリーな生活を送ることも可能です。結婚や出産によってライフステージが変わったときには、引き戸で仕切って個人の部屋を増やすことができます。その後、子どもが成長して家を出たら、再度仕切りを取り払って広々とした間取りを楽しむことができます。このように、壁がスライド式になっている2LDKの物件です。

2LDKに住むときの注意点

2LDKは様々な人にとって住みやすい間取りだということがわかりました。しかし、そんな魅力的な2LDKマンションにも注意点があります。今回は、代表的な注意点を二つ紹介します。

人気すぎて空きがない

2LDKの物件は、気に入ったところを見つけてもすぐに埋まってしまう可能性が高いです。それは、2LDKはカップルや夫婦、家族層などどのライフステージの人にとっても人気なので、空きが少ないという注意点があるのです。気に入った部屋があってもすぐに埋まってしまうだけではなく、そもそも希望の部屋を見つけることが難しいこともあるので、2LDKに住みたいのであれば早めに物件探しをする必要があります。

2DKより家賃が高い

2LDKは2DKよりも広いので、その分家賃が高くなってしまいます。2LDKと2DKの違いはリビングの広さだけでしたが、それだけでも家賃が2~3万円も異なります。部屋数は変わらないのにこれほど家賃に差がある理由は、2LDKの方が新しい物件が多いからです。多くの人はより新しく、より広い部屋に住みたいと思うでしょう。しかし、家賃が支払えなくなってしまってはいずれ退去せざるを得なくなってしまいます。2LDKに決める前に、無理なく支払える家賃であるかを十分に確認しましょう。

まとめ

今回は、マンションの2LDKについて、間取りの特徴やどのような人に向いているのかを説明してきました。2LDKは一人暮らしの人にも家族層にも人気のある、長く住み続けやすい間取りです。現在は一人暮らしをしている人でも、将来的なことを考えて2LDKに住むというのもアリかもしれません。しかし、自分に合った間取りは人それぞれ異なります。様々な間取りの特徴を知って、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
3LDK、4LDKの間取りについてはこちらを参照してください。
【マンションの間取り】4LDKの特徴とは?人気の秘密を紹介!
【マンションの間取り】3LDKの特徴とは?人気の秘密を紹介!