トランクルーム付きマンションとは?

トランクルーム付きマンションとは

マンションを選ぶ際は、間取りや設備を重視する方が多いのではないでしょうか。しかし、快適な暮らしを手に入れるためには、収納スペースを確認しておくことも重要なポイントです。
とくに、居住空間とは別に収納スペースが設けられた「トランクルーム付きマンション」であれば、大きなものも収納しやすく、大変重宝します。そのうえ、居住空間は広く使えるため、快適な生活が送れるでしょう。
ここでは、トランクルーム付きマンションの3つのタイプについてご紹介します。

住戸隣接タイプ

1つ目は、住戸に隣接しているもっとも一般的なタイプです。
玄関ドア付近やバルコニー部分に、設けられていることが多い傾向にあります。マンションの構造上のくぼみを活かして造られることもあり、なかでも玄関横は比較的小さめのタイプとなります。
また、基本的にこのタイプはすべての部屋に設置されているため、別途使用料が発生するケースは少ないのが特徴です。

共用部集合タイプ

2つ目は、マンションの共用部分に設置されたタイプです。
地下やエントランス付近に複数のトランクルームが設置されることが多く、比較的大きめのマンションでよく見られます。そのため、収納スペース自体も1畳程度の大きめのタイプです。
また、各住戸分に用意されていることもありますが、一般的にはトランクルームの数のほうが少ない傾向にあります。そういった場合、利用を希望する方は別途使用料を支払わなければなりません。

外部提携タイプ

3つ目は、敷地内には設置されていないものの、外部のトランクルームと提携しているタイプです。毎月の使用料金は発生しますが、一般的な料金と比べると比較的安い料金で利用できます。
保管したい荷物の量に合わせて、大きさが選択できる点は大きな魅力です。また、契約内容によっては、事前に予約しておくことによって専用スタッフが出し入れをおこなってくれる場合もあります。
さらに、コンシェルジュが常駐しているマンションでは、利用希望があった際に紹介してくれるサービスもあります。

トランクルーム付きマンションのメリット

ここでは、タワマンを購入する際の4つのメリットについてご紹介します。

収納スペースが確保できる

1つ目は、収納スペースが確保できる点です。
一般的に一戸建て住宅と比較すると、マンションの収納スペースは少ない傾向にあります。日常的に使用していない荷物や、季節ものの衣類、防災グッズなどを片付けておくことが可能です。そうすることによって、その分より多くの収納スペースが確保できます。
また、共用部分でありながら、自分が専有的に使用できるスペースとなっているため、ほかの方に気をつかう必要もありません。さらに、居住部分の収納スペースが増えるため、部屋を広々と使用できます。

時間利用可能

2つ目は、24時間利用可能な点です。
マンションとは別にトランクルームを借りることも可能ですが、好きなときに利用できるとは限りません。また、移動距離もあり、なかなか利用しないこともあるでしょう。
その点、マンションの敷地内にトランクルームがあると、24時間好きなときに出し入れがおこなえます。さらに、移動距離も少ないうえ、最大限に有効活用できるでしょう。

室内に保管しにくいものが入れられる

3つ目は、室内に保管しにくいものも入れられる点です。
トランクルームは、日常生活で使用するものの、室内に保管しにくいものを入れておくのに役立ちます。たとえば、洗車用品やアウトドア用品を収納するのに便利です。
とくに、外で使用して洗っても土がついていたり、洗わずに使用することが多かったりする場合は、室内に持ち込むことに抵抗を感じることもあるでしょう。
その点、トランクルームがあれば、外で使用することの多いものや汚れやすいものも保管しやすくなります。

手続きが不要

4つ目は、手続きが不要な点です。
通常、トランクルームを利用する際は、契約を結び初期費用を支払います。料金に関しては、契約する会社により異なりますが、契約時にはさまざまな料金が発生するため、高額になりやすい傾向にあります。
しかし、あらかじめマンションにトランクルームがついている場合、契約時にトランクルームについての決まりもあるため新たに手続きは必要なく、別にまとまった費用を用意する必要もありません。
万が一、外部提携タイプで毎月料金が発生する場合でも、通常のトランクルームを借りるよりは割安で利用できます。そのため、手続き不要で収納スペースを設けたい方にはオススメの物件です。

トランクルーム付きマンションのデメリット

上記では、魅力的なメリットについてご紹介しましたが、気を付けていただきたい点もあります。
ここでは、トランクルーム付きマンションの2つのデメリットについてご紹介します。

料金が発生することがある

1つ目は、料金が発生することがある点です。
住戸数よりもトランクルームの数が多い場合は、基本的に料金が発生します。とくに、共用部集合タイプや外部提携タイプに多い傾向にあります。その場合、大きさによっても利用料金が異なるため、事前に確認しておきましょう。
対策としては、自分の入れておきたい荷物を確認し、荷物の量に見合ったものを選択することをオススメします。大きさだけで選ぶと、あまり荷物がなかった際には損をする可能性も考えられます。
そのため、どれくらいの荷物を収納するのか、しっかり検討したうえで、ライフスタイルに合ったものを選択しましょう。

カビが生えやすい

2つ目は、カビが生えやすい点です。
荷物を置いたままの状態では、カビが生える可能性があります。とくに、地下にトランクルームがあるような場合、カビが発生しやすくなるため、常にカビ対策をおこなう必要があります。
カビ対策には、換気や掃除を定期的におこなうことが重要なポイントです。また、衣類関連のものを置きっぱなしにしておくのはオススメできません。すぐにカビが発生しやすくなるため、こまめに出し入れするようにしましょう。

トランクルーム付きマンションの注意点

ここでは、上記でご紹介したメリットとデメリットを踏まえ、トランクルーム付きマンションの3つの注意点についてご紹介します。

環境がよくない場合がある

1つ目は、環境がよくない場合があることです。
トランクルームが設置されている場所にもよりますが、保管環境がいいとは言えない場合もあります。たとえば、エントランス付近や共用廊下に設置されている場合は、外部の気温や湿気の影響を受けやすいため、精密機器や衣類を保管しておくのにはオススメできません。
この場合は、除湿剤を置き壁との間に隙間を作ったり、こまめに空気の入れ替えをおこなったりと工夫する必要があります。湿気の影響を受けにくいものだけを保管するのもひとつの方法です。
また、収納スペースを増やすために利用を検討していても、トランクルームの大きさが十分でない場合、保管したいものが入れられないといったケースも考えられます。事前に、荷物の量と収納スペースの大きさが見合っているかどうかもチェックしておきましょう。

利用できないこともある

2つ目は、利用できない場合があることです。
トランクルーム付きマンションであっても、全部屋分を確保できていない可能性も考えられます。トランクルームが付いているのに魅力を感じ契約をしても、抽選などによって利用者が決められるため、抽選から外れた場合は利用できません。
また、中古マンションでは、先に入居していた住人にすべて利用されているケースも少なくありません。その場合は、空きが出るまで待たなければならないため、契約時には空きがあるのかについて確認しておくようにしましょう。

あくまでも共用部分

3つ目は、あくまでも共用部分であることです。
トランクルームは、契約者が独占して使用できる「専有使用権」が認められていますが、原則は共用部分に該当します。例を出すと、バルコニーと同様の扱いになります。
契約をしていても、あくまで共用部分であるため、管理者の許可なく床材を張ったり、ネジを止めたりする行為は認められません。ただし、玄関横に設置されている場合は、専有部分に含まれるケースもあります。
マンションの管理規約を十分に確認したうえで、規則に合った使い方をしましょう。

まとめ

今回は、トランクルーム付きマンションの3つのタイプやメリット・デメリット、注意点についてご紹介しました。
トランクルーム付きマンションとは、居住空間とは別に収納スペースが設けられた物件のことを言います。大きく分けると、住戸隣接タイプと共用部集合タイプ、外部提携タイプの3つの種類があります。
住戸隣接タイプはもっとも一般的で、各住戸に設置されていることが多いですが、共用部集合タイプや外部提携タイプは、数が少ないため利用料金を支払うのが一般的です。
トランクルーム付きマンションのメリットとしては、収納スペースが確保でき、24時間利用できる点が挙げられます。そのほか、室内には保管しにくいものが入れられたり、手続きが不要であったりする点も大きなメリットです。
一方、利用するにあたって料金が発生したり、カビが生えやすい点がデメリットとして挙げられます。対策としては、自分の荷物の量に見合った大きさのトランクルームを選択することと、定期的に換気や掃除をしたり、こまめに出し入れしたりすることです。
また、場所によっては保管環境が良くない場合もあります。除湿剤を置いたり、空気の入れ替えをおこなったりと工夫が必要です。
そして、トランクルーム付きとなっていても、利用希望者が多かったり先に入った住人が使用していたりすると、利用できない可能性もあります。さらに、自由に使用できる場所ではありますが、あくまでも共用部分であることを理解し、規則に合った使い方をしましょう。

自分に合った間取りが知りたい!

マンションには、2DK、3LDKなど様々な間取りがあり、2LDKもその一つです。賃貸物件を決める際には、まずどのような間取りの部屋に住みたいかを決めないと物件を絞ることができません。しかし、自分にはどの間取りが最も合っているのかを判断するのは簡単ではありません。そこで、今回は2LDKの間取りの特徴や、2LDKはどのような人におすすめなのかについて説明していきます。

2 LDKとはどのような間取りなのか

そもそも2LDKとはどのような間取りのことか知っていますか。2LDKの「L」「D」「K」とは、それぞれリビング、ダイニング、キッチンのことを指しています。つまり2LDKとは、リビングがひとつ、ダイニングがひとつ、キッチンがひとつ、そして居室がふたつ間取りの物件ことをいいます。

2LDKと2DKの違い

2LDKと似ている言葉に「2DK」というものがあります。団地型の集合住宅などでは、2DKという間取りを目にすることが多いです。2DKと聞くと、2LDKとは全く違う間取りのように思うかもしれません。しかし、実は2LDKと2DKは同じ部屋数なのです。この二つの相違点は、居間のスペースの広さです。LDKとみなされるためには、居間、食堂、台所の機能を持った部屋の広さが10畳以上なければならないのです。つまり、居間の有無ではなく、居間が広ければ2LDK、狭ければ2DKというように表示されます。この違いを間違えないようにして、間取り選びをする必要があります。

2LDKは人気が高い!

実は、2LDKはとても人気の高い間取りなのです。それは、2LDKは世帯の少ない家庭にピッタリの間取りだからです。現在、日本では世帯の縮小が進んでいます。世帯人数が少ない場合、2LDKという間取りは広すぎず、狭すぎずでとても便利なのです。さらに、2LDKはどのようなライフステージにいる人にとってもちょうど良い広さの物件なのです。そのため、2LDKの間取りのマンションが市場にも多く出回っています。

2LDKの間取りの種類

次に、2LDKの間取りについて説明します。同じ2LDKの中にも様々なタイプの間取りがあり、どの間取りを選ぶかによって生活スタイルは異なってきます。そのため、自分に合った間取りを選ぶことが大切なのです。ここからは、代表的な2LDKの間取りを5種類紹介していきます。

リビングが縦に長いタイプ

一つ目の間取りは、バルコニーに対してリビングが縦に広がっているタイプです。この構造では、リビングや居間に広い窓を設置することで明るい部屋を作ることができるというメリットがあります。また、玄関の近くに一つ部屋を配置すれば、ダイニングを通らずに部屋に向かうことができます。そのおかげで家族の中で生活リズムがずれていたとしても迷惑をかけることなく部屋へ戻ることができます。

リビングが横に長いタイプ

二つ目の間取りは、バルコニーに対してリビングが横に広がっているタイプです。この構造では、縦長型と同じくリビングや居間に広い窓を設置することで明るい部屋を作ることができます。こちらは、開放的なリビングダイニングで家族団欒を大切にしたいという人におすすめのタイプです。しかし、その反面、生活音が聞こえやすい、自分の部屋へ戻るのにリビングを通らなければならないといったデメリットがあります。賃貸アパートなどではこのタイプの間取りが多いです。

寝室が奥にあるタイプ

寝室が玄関から離れた奥にあるタイプもあります。このタイプの間取りは、寝室の快適性にこだわる人におすすめです。また、家に帰ると必ずリビングを通過することになるので、自然とコミュニケーションが活発になります。そのためカップルや家族層にもおすすめです。しかし、先ほどの二つのタイプとは異なり、リビングに窓を設置できないことがあります。そのため、リビングが十分に明るくなくなってしまう可能性があるので留意しましょう。

リビングダイニングと居室が横に並んでいるタイプ

リビングと部屋がバルコニーに対して並んだような形をとっている間取りもあります。このタイプの間取りは、賃貸物件ではあまり見かけない、希少な物件となっています。窓を全ての部屋に設置することで、明るい住環境となりやすいです。欠点としては、部屋が横並びで奥行きがないので、狭く感じられてしまうことがあるかもしれません。

メゾネットタイプ

近年、メゾネットタイプの間取りが増えてきています。メゾネットタイプとは、室内が1階と2階に分かれていて、階段で行き来するような間取りのことです。一般的には、一階に水回りとリビングダイニング、二階に居室があるという形をとっていますが、もちろんその反対のケースもあります。どちらがより利便性が高いかを検討する必要があるでしょう。

2LDKのマンションが向いている人とは?

2LDKには様々な間取りがあり、自分に合ったものを選ぶ必要があるとわかりました。それでは、2LDKのマンションはどのような人に向いているのでしょうか。一人暮らし、二人暮らし、三〜四の家族で住んでいる場合の三つに分けて紹介していきます。

一人暮らしの場合

2LDKは一人暮らしをするには少し広いと思う人も多いでしょう。しかし、一人暮らしをする人の中にも、2LDKを選ぶ人はたくさんいます。例えば、テレワークを積極的に行っている人には2LDKがおすすめです。新型コロナウイルスの影響で、自宅で仕事を行う人が増えてきました。すると、仕事部屋と寝室を分けた方が仕事に集中できると考えるようになったのです。それだけではなく、自分の趣味のための部屋を持ちたいと考える人が2LDKの間取りを選ぶこともあります。

二人暮らしの場合

二人で暮らしいているカップルや夫婦にとって、2LDKはゆとりを持って生活できる、ちょうど良い広さの間取りです。2つの部屋をそれぞれの部屋として使うこともできるし、寝室を共通で使用してもう一つの部屋を半分ずつ使うこともできます。それぞれの部屋にクローゼットがあるので、収納場所にも困りません。このように、二人で暮らしている人には2LDKは最適な広さだといえるでしょう。

三〜四人家族の場合

夫婦と子ども、合わせて三〜四人で住んでいる家族にとっても2LDKはピッタリの間取りです。二つある部屋のうち一つを夫婦の部屋、もう一つを子供部屋として使うのが一般的でしょう。しかし、子どもがたくさんいる場合や、子どもが成長してきたときには2LDKだと狭く感じるようになるかもしれません。その場合には引っ越しを検討するのもありでしょう。

長期間住みやすい2LDKマンションがある?!

一般的に、結婚や出産などを迎えてライフステージが変化すると、必要な部屋数は変わっていきます。しかし、その度に引っ越しをするのはとても大変です。そこで、近年では2LDKをうまく活用してライフステージの変化に対応できる新築分譲マンションが登場してきました。それが、リビングとダイニングの間の壁をスライド式にした物件です。そうすることで、ライフステージが変わるたびに引っ越しをせずに住むのです。まず一人暮らしのときには、引き戸の壁を取り払えば、広々とした1LDKとして使用することができます。さらに、部屋を二つに仕切れば一つは寝室、もう一つは仕事部屋や趣味の部屋として使用し、ラグジュアリーな生活を送ることも可能です。結婚や出産によってライフステージが変わったときには、引き戸で仕切って個人の部屋を増やすことができます。その後、子どもが成長して家を出たら、再度仕切りを取り払って広々とした間取りを楽しむことができます。このように、壁がスライド式になっている2LDKの物件です。

2LDKに住むときの注意点

2LDKは様々な人にとって住みやすい間取りだということがわかりました。しかし、そんな魅力的な2LDKマンションにも注意点があります。今回は、代表的な注意点を二つ紹介します。

人気すぎて空きがない

2LDKの物件は、気に入ったところを見つけてもすぐに埋まってしまう可能性が高いです。それは、2LDKはカップルや夫婦、家族層などどのライフステージの人にとっても人気なので、空きが少ないという注意点があるのです。気に入った部屋があってもすぐに埋まってしまうだけではなく、そもそも希望の部屋を見つけることが難しいこともあるので、2LDKに住みたいのであれば早めに物件探しをする必要があります。

2DKより家賃が高い

2LDKは2DKよりも広いので、その分家賃が高くなってしまいます。2LDKと2DKの違いはリビングの広さだけでしたが、それだけでも家賃が2~3万円も異なります。部屋数は変わらないのにこれほど家賃に差がある理由は、2LDKの方が新しい物件が多いからです。多くの人はより新しく、より広い部屋に住みたいと思うでしょう。しかし、家賃が支払えなくなってしまってはいずれ退去せざるを得なくなってしまいます。2LDKに決める前に、無理なく支払える家賃であるかを十分に確認しましょう。

まとめ

今回は、マンションの2LDKについて、間取りの特徴やどのような人に向いているのかを説明してきました。2LDKは一人暮らしの人にも家族層にも人気のある、長く住み続けやすい間取りです。現在は一人暮らしをしている人でも、将来的なことを考えて2LDKに住むというのもアリかもしれません。しかし、自分に合った間取りは人それぞれ異なります。様々な間取りの特徴を知って、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
3LDK、4LDKの間取りについてはこちらを参照してください。

【マンションの間取り】4LDKの特徴とは?人気の秘密を紹介!
【マンションの間取り】3LDKの特徴とは?人気の秘密を紹介!