タワマン購入で後悔しないためのポイント

タワマン購入において必要な年収

タワマンとは、タワーマンションの略で、20階以上あるマンションのことを指すのが一般的です。
有名人やセレブが住むハイステータスな物件であるだけに、憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、タワマン購入においてもっとも気になるのが金額です。
実際、タワマンに住むには1,000万円以上の年収が必要と言われています。
ここでは、1,000万円以上の年収が必要とされる理由についてご紹介します。

最低年収,000万円以上

タワマンに住むために必要な年収は、最低1,000万円と言われています。
なぜなら、住宅ローンの返済額の目安が、手取り年収の25%以内とされているからです。

年収1,000万円で住宅ローンを利用して購入する場合、5,000万円のマンションが目安となります。
建物の築年数や立地条件によっても異なりますが、実際のマンション価格も5,000万円程度の販売価格となっているものがほとんどです。

一般的な分譲マンションと比較すると、2から5割程度割高で、「タワマン」のブランドによって価値が決められていると言っても過言ではありません。

また、高級物件だけに、住人も富裕層であることが望ましいとされています。
そのため、所有する会社によっては、年収を理由に販売を断られる可能性もあるため注意が必要です。

返済額は手取り年収%以内

タワマンに限らず、住宅を購入する際は無理のない資金計画を立てることが重要なポイントです。
上記でもご紹介したとおり、住宅ローンの返済額は手取り年収の25%以内にしておくのがよいとされています。
25%以内であれば、生活を圧迫したり返済が滞ったりする心配もないでしょう。

また、気を付けていただきたいのが、手取り額で計算することです。
たとえば、年収1,000万円の方の手取り額は約720万円となります。
そのうち25%を返済額に充てると、毎月約15万円の支払額が発生します。

これを逆算すると、5,000万円のタワマンが購入可能であると言えるのです。
しかし、景気の影響によって金額が上下するため、必ずしも一定であるとは限りません。

年収が低下した際に、完済が不可能であると判断された場合は、物件を差し押さえられたり、大きなトラブルに見舞われたりする可能性も考えられます。
手取り額の25%はあくまでも目安であるため、無理のない範囲で返済計画を立てるようにしましょう。

タワマン購入におけるメリット

ここでは、タワマンを購入する際の4つのメリットについてご紹介します。

防災・防犯性が高い

1つ目は、防災・防犯性が高い点です。

最近は地震エネルギーを吸収し、被害を最小限に抑える制震構造を採用したタワマンが増え、従来の低層マンションよりも地震に強い構造と言われています。
また、自家発電装置が付いた非常用エレベーターや、非常食をストックしておく防災センターが設置されているところもあり、万が一のときも安心できます。

さらに、エントランスにはコンシェルジュが常駐し、警備員も定期的に巡回しているため、防犯面でも安心して暮らせるでしょう。

資産価値が下がりにくい

2つ目は、資産価値が下がりにくい点です。

資産価値を左右するポイントとして、立地や日当たり、生活上の利便性、管理体制などが挙げられます。
タワマンでは、これらのポイントを網羅していることが多く、通常の物件よりも資産価値が下がりにくい傾向にあります。

また、なかには購入時よりも値上がりしているといったケースもあるため、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

景観がいい

3つ目は、景観がいい点です。

タワマンは20階以上の建物が特徴であるため、上層階に住むほど美しい景観が望めます。
とくに海沿いや都市部に建設されることが多いため、夜景の美しさは大きな魅力です。

また、周辺の建物よりも高いことから、日当たりのよさも挙げられます。
一戸建てのように視線を気にすることがないため、快適に暮らせるでしょう。

共用施設の充実

4つ目は、共用施設が充実している点です。

タワマンには、多くの世帯が暮らしていることから、共用施設もさまざまです。
たとえば、屋上庭園やフィットネスジム・プール、キッズルーム、パーティールームなどが挙げられます。

そのほか、ゲストルームやレストラン、ワークスペース、コンビニといった施設も充実しています。
そのため、ジムに通う時間が取れない方や、買い物を近場で済ませたい方も外に出る必要がないため、時間を有効活用できるでしょう。

タワマン購入におけるデメリット

上記では、魅力的なメリットについてご紹介しましたが、気を付けていただきたい点もあります。

ここでは、タワマンを購入する際の4つのデメリットについてご紹介します。

管理費・修繕積立金が高い

1つ目は、管理費や修繕積立金が高い点です。

タワマンでは、フィットネスジムやゲストルームなどといった共用施設が充実していることから、通常のマンションよりも管理費が高い傾向にあります。
そのほか、警備員やコンシェルジュがいるのも高くなる原因のひとつです。

また、修繕積立金は経年とともに高くなる可能性があります。
とくにタワマンは、大規模修繕の際に多額の費用がかかることから、積立金不足により別途請求される可能性があることも頭に入れておきましょう。

さらに、車を所有している方は駐車場代も発生します。
東京都内で利用する際は、1台あたり3万円程度が相場です。

投資目的で購入する方が多い

2つ目は、投資目的で購入する方が多い点です。

とくに海外投資家が物件を購入することが増えているため、共用施設でのマナーや修繕積立金の支払い拒否などからトラブルに発展することも少なくありません。

また、税金対策として購入した場合は、短期間で住人が入れ替わることが多いため、ご近所付き合いも難しいでしょう。

避難しにくい

3つ目は、万が一の際に避難しにくい点です。

低層マンションであれば、災害に伴う停電によってエレベーターが停止しても自力で階段を使って避難できるでしょう。
一方、タワマンで高層階に住んでいる場合、エレベーターが停止すると移動が困難になります。

高齢の方だけでなく、若い方であっても数十回分の階段を上り下りするのは現実的ではありません。
電気が復旧するまで高層階に取り残される可能性も考えられます。

洗濯物が干しにくい

4つ目は、外に洗濯物を干しにくい点です。

タワマンは高層で風が強いことから、ベランダに洗濯物が干せません。
そのため、洗濯物は部屋干しか浴室乾燥機を使用することとなります。

また、布団も干せないため、ダニや湿気には注意が必要です。
一般的には布団乾燥機を使用することが多いですが、外に干したい方にはストレスに感じるかもしれません。

タワマン購入で後悔しないためのポイント

ここでは、上記でご紹介したメリットとデメリットを踏まえ、タワマン購入で後悔しないための3つのポイントついてご紹介します。

価値が下がりにくい物件を選ぶ

1つ目は、資産価値が下がりにくい物件を選ぶことです。

たとえば、駅近物件や何年先でも人気があるエリアでは価値が下がりにくくなります。
また、大手が力を入れているハイステータスのブランド物件も同様です。

なかでもとくに重要なのは、立地条件で不動産においても重要な要素となります。
立地がいいと、入居者が決まりやすいため、賃貸で貸し出すことによって大損は免れます。

一方、今後の人口減少に伴い、住人も減少しそうなエリアでは、十分な修繕ができないままの状態である可能性も考えられるでしょう。

住みやすさを確認する

2つ目は、実際の住みやすさを確認することです。

おしゃれで豪華なタワマンを見ると、それだけで満足できると思い込む方も多くいます。
しかし、どれほど設備や施設が充実していても自分のニーズと合っていなければ、コスト以上のメリットを得られない可能性があります。

そのため、内覧時に実際に住むことをイメージして、現在のライフスタイルと照らし合わせてみましょう。
そうすることによって、必要のない設備や利便性などが冷静に判断できます。

無理のない返済計画を

3つ目は、無理のない返済計画を立てることです。

物件価格だけで判断すると、入居後に発生するランニングコストによって生活が圧迫される可能性があります。
管理費や修繕積立金、固定資産税なども含めたトータルコストで返済計画を立てるようにしましょう。

まとめ

今回は、タワマン購入に必要な年収やメリット・デメリット、後悔しないためのポイントについてご紹介しました。

タワマンは5,000万円からの物件が多いため、最低でも1,000万円以上の年収が必要です。
住宅ローンを利用する際の返済額は、手取り年収の25%以内に収めておきましょう。
25%以内であれば、生活を圧迫したり返済が滞ったりする心配もありません。

タワマンのメリットとしては、防災・防犯性が高い点や資産価値が下がりにくい点が挙げられます。
そのほか、景観がよく共用施設が充実している点も大きなメリットです。

一方、管理費・修繕積立金が高い点や投資目的での購入が多い点がデメリットとなります。
また、洗濯物が干しにくく、万が一の際に避難しにくい点もデメリットです。

これらのメリットとデメリットを踏まえ、タワマン購入で後悔しないためにも、資産価値が下がりにくい物件を選びましょう。
万が一の場合でも、大損は避けられます。

外見や設備だけで判断するのではなく、内見時には自分のニーズに合っているか、現在のライフスタイルと照らし合わせながらイメージすることも重要なポイントです。
さらに、物件価格だけでなく入居後にはランニングコストが発生することも考慮したうえで、無理のない範囲での返済計画を立てましょう。

これから、タワマンの購入を検討されている方は、本記事を参考に素敵な住まいを手に入れてみてください。