愛知県一宮市はどんなところ?リースバックの状況を紹介!

リースバックの際、売却価格の相場は、その不動産があるエリアの特徴や売却する時期により変化します。良い条件で売却するためには、理解力や不動産売買のニーズを予測していくことが必要です。今回の記事は、愛知県一宮市の人口や土地の情報、市が取り組んでいることや、今後どのように変化していくかまとめました。
愛知県一宮市で不動産を所持しているが、どうすればいいか悩んでいる方必見の内容となっています。

一宮市の基本情報

歴史について

この地域では、古くから伝統のある繊維の町として繁栄し、平安時代には錦を生産していました。江戸時代から日用品の交換や綿織物の売買のために三八市(毎月3と8のつく日に開催される朝市)が開かれていました。その後は、結城縞・寛大寺縞などの縞木綿や絹織物の産地として知られていました。明治以降は織物生産も工業化され、洋服地を中心とした毛織工業の産地として発展していきました。昭和初期には、「毛織物王国・一宮」として全国的にも有名な街となりました。その後も各種素材の一貫生産する総合繊維産業都市として知られています。

一宮市の誕生

平安時代に国司(諸国の政務をおこなっている地方官)がその国の神社を参拝している時、最初に向かう神社を「一の宮」と発言していました。 尾張国「一の宮」が真清田神社だったことから、その門前町であるこの地域を「いちのみや」と周囲から呼ばれるようになりました。 その後、大正10年に市制施行し、昭和15年と昭和30年で2度の近隣町村との合併を終えて市域を拡大し、今の地域となりました。

現在の一宮市

2021年4月に、豊田市・豊橋市・岡崎市に次ぐ4つめの中核市となった一宮市は、モーニング(飲み物一杯分の値段でトーストや卵がついてくるサービス)の発祥の地として、今もカフェの激戦区となっています。
愛知県民に愛知県内で住みやすい街・駅・自治体ランキングでは、住みやすい駅として尾張一宮駅・名鉄一宮駅。住みやすい自治体として一宮市がそれぞれ4位という結果になりました。
交通アクセスに関しては、JR東海道線の快速を利用すれば、名古屋駅まで10分、岐阜駅まで7分で移動できる地域となっています。また、電車以外でも、一宮インターチェンジにも近いため、車を持っている方であればどこへでもいけるような地域です。

一宮市の人口

一宮市役所によると、現在、一宮市の人口は380,634人となっています。そのうち、男性が185,924人、女性が194,710人、世帯数は165,807世帯もの人が暮らしており、総人口ランキング4位となっています。また、市内では中心エリアが住宅地で公園もあり自然豊かで、飲食店も多いため、とても住みやすい地域となっています。

災害対策について

一宮市では、地域における被害拡大の防止と市民生活の復旧を目指し、「一宮市災害時支援企業等募集要項」を策定し、災害発生時には、自らが保有する資源を地域住民に対し無償で提供するなどの取り組みをおこなっています。支援内容としては、避難場所の提供や資機材等の提供・貸出や生活用水の提供・自家用発電機による電気の提供などとなっています。その他にも、住民に対しては防災ネットでの情報発信の活動をし、発生時には迅速な対応ができる地域づくりへと発展していってます。

観光地の紹介

自然豊かな名所では、木曽川堤の桜や真清田神社、ツインアーチ138や一宮市博物館や一宮市三岸節子記念博物館や浅野公園や国営木曽三川公園138タワーパークが有名です。春の季節には桜のスポットがあり、観光地の公園として有名な国営木曽三川公園138タワーパークでは、イベント行事も毎年行われています。また、歴史的な雰囲気が知れる博物館や神社も観光スポットとして取り上げられています。このように、一宮市は歴史や自然に触れ合うことができる地域となっています。
商業施設に関しては、ショッピングモールのルボ・テンサンやイオンモールやミュープラット一宮やテラスウォーク一宮やアスティがあるため、食料品から雑貨、生活用品まで手に入ります。

教育・医療機関の情報

一宮市の教育機関では、保育園10ヶ所以上、幼稚園10ヶ所以上、小学校で20校、中学校で20校、高校は12校あります。市内には教育機関が多くあり、幼稚園から高校進学までは市内で通学する学生が多いことから、子育てをしていく家庭にはおすすめの地域です。
医療機関に関しては、市内には公立病院や総合病院、私立病院と大規模な病院が営業しております。また、新型コロナウイルス感染症にかかる自宅療養者に対し、医療提供体制を強化していきます。その他にも、在宅医療や介護連携などの医療体制を進め、地域全体が住民の暮らしに安心安全を提供できるように取り組んでおります。

一宮市内のイベントについて

一宮市では、毎年イベント行事が行われています。他の市である岡崎市や名古屋市豊橋市のように夏に行なわれている花火大会や夏祭りが開催されています。しかし、一宮市では冬のイベントが開催されています。「138ウィンターイルミ」「国営木曽三川公園138タワーパークオータムフェスタ」「一宮イルミネーション2022〜冬の七夕〜」が開催されています。このうち、「138ウィンターイルミ」「国営木曽三川公園138タワーパークオータムフェスタ」は国営木曽三川公園で開催されます。また、日程も短い期間ではなく、長期的に行われています。そのため11月の初め頃から始まる場合は12月末くらいまでの約1ヶ月間行われることがほとんどです。引っ越しを考えている方は是非一度足を運んでいただけたらと思います。

育児支援・制度について

一宮市の育児制度に関しては子供医療費助成制度・幼児教育保育無償化・児童手当・子育て支援センター・子育て家庭優待事業はぐみんカード・児童扶養手当・母子父子家庭等医療費助成・出産育児一時金などと支援制度が充実しています。それによって家庭への支援活動をおこなっています。また、育児サポートにも取り組んでおり、ファミリーサポートセンターや児童クラブや子育て支援センターなどの活動を行い、子育て環境の充実を図っています。人口も多く、世帯数の多い地域であるからこそ、支援制度や活動を行い住民が快適に子育てや生活がしていけると思います。

一宮市の物件・住みやすさ

一宮市は、ワンルーム約4,5万円、1K約4,5万円、1DK約4,5万円、1LDK約6万円です。
家賃相場のみで見ると、かなり選ぶ際には幅広く考えることができます。また川に近く公園もあり自然に恵まれており、商業施設もあり買い物をする場所に困らない、レジャー施設もあります。一宮市は一人暮らしから家族ですごそうと考えている方々におすすめできます。一宮市に引っ越ししたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

住みやすさについて住民の意見聞いてみた

  • 駅から近く、スーパーやコンビニも自転車で行けるので便利。商店街も近くにあるので、色々なお店が楽しめます。
  • 名古屋のベッドタウンでありファミリー層が多く、静かで住みやすく、名古屋駅まで20分ほどとアクセスも抜群です。
  • 名古屋などの都市部にもすぐ行けて、子供の遊べるスポットが割りと多く、カフェや喫茶店が多いです。また、同世代の家族が多く、公共施設がきれいです。
  • ラーメン激戦区です。
  • 駅周辺では、欲しいものが手に入る
  • 病院、総合病院も多く、小児科もあるので安心です。また、支援センターも充実しています。

一宮市の今後の動向

一宮市の今後の人口はどのようになっていくのかというと、2000年頃には、一宮市の人口は約350,000人で、現在までは増加傾向でしたが10年後の2030年頃まで減少していくでしょう。土地に関しては、今後もメリットが増えていき、更なる発展もしていきます。そのため、この地域に住みたいと考えている移住者が今後も高まっていくということが見込まれています。もし今現在一宮市にある不動産を売却すれば、高く買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。一宮市にある不動産を手放そうか悩んでいる場合は、一度売却を検討してみるのもよいでしょう。

今後の市政について

充実した子育て環境作り

  • 結婚妊娠出産子育てに対する支援
  • 安心して子供を預けられる環境の整備
  • 仕事と家庭の両立への支援
  • 特色ある教育の実施

暮らしたくなるまち作り

  • 自然と親しめる木曽川沿川の整備
  • 誰もが健康に暮らせるまちづくり
  • 賑わいを創出する中心市街地の活性化

魅力あるまちづくり

  • 魅力ある集客イベントの開催
  • 市の魅力知名度の向上
  • 歴史文化スポーツを活用した集客

働くを支援するまち

  • 多様な手段による企業誘致の推進
  • 尾州テキスタイル産業の育成ブランド化
  • 既存産業の育成支援

快適に暮らせるまちづくり

  • 行政と地域民間が協働した安全あんしんなまちづくりの推進
  • 未来技術も含めた行政サービスの推進
  • 暮らしを支える地域公共交通の検討

まとめ

今回は、一宮市の人口や特徴、住みやすさなどについて紹介してきました。一宮市は公園や河川敷もあり飲食店も多くあり、ショッピングモールやスーパーマーケットもあるので生活に関しては不便ではないでしょう。このように、一宮市は、幅広い年代にとってはとても住みやすい街であり、改良されてさらに人気な街となるでしょう。さらに、今後も移住される方が増えたりとこの地域の人気は高まっていくはずです。そうなれば、一宮市の不動産を売却すれば高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。もし一宮市に不動産を所有している場合は今が売り時かもしれませんので、1度考えてみてはどうでしょうか。

参考文献
https://www.city.ichinomiya.aichi.jp
https://sumaity.com/town/aichi/ichinomiya/review/educate/
https://www.athome.co.jp/town-library/article/122797/