株式会社リアルエステート

爆買いの観光客

time 2016/05/14

爆買いの観光客

こんにちは!ローン課のハルナです。
本日もすごくいい天気です。

堺筋を歩いていますとすごい数の観光バスが見られ、中国人観光客の方がたくさんいらっしゃいます。

爆買いの売れ筋はホントかウソか「温水洗浄便座」らしいですが、中国人観光客がなぜ大量に「爆買い」するのかの理由は、「為替のレートが元高・円安になっている」のと「日本の商品が高品質なこと」プラス、日本が免税品の対象を拡大してるいのと中国では「関税」「増値税」「贅沢品などにかかる税」の3つの税があり、現在の中国の税制では、ある商品を中国で買うよりも、日本で買って持ち帰ったほうがすごく安いということみたいです。

不動産投資においても日本の都心部のマンション価格は世界からみると比較的低い価格であり、かつ比較的高い月額賃料の為、インカムゲイン(資産を保有することで安定的・継続的に受け取ることのできる現金収入)狙いで中国やアジア系富裕層海外投資家からも注目され投資対象になっているようです。

しかし、調べてますと中国政府は4月から海外で購入した商品に課す関税を引き上げ、中国人観光客が日本などで大量の買い物をする「爆買い」に歯止めをかけて、低迷する中国国内消費を促す狙いとのこですので今後、爆買いが減り、日本の小売業の売り上げに対する影響が懸念されているとのことなので少し心配です。