株式会社リアルエステート

相続税の納税対象者が増加 過去最高8%に

time 2016/12/19

相続税の納税対象者が増加 過去最高8%に
国税庁が15日、2015年1月に相続税が増税されてから初めて、申告状況を公表しました。
相続税が増税されてから大幅に、相続税の納税対象者が増加したようです。
国税庁が発表した『相続税の申告実績』によると

 

平成27年中に亡くなられた方(被相続人数)は約129万人
そのうち、相続税の課税対象となった被相続人数は約10万3千人で、
課税割合は8%となりました。

 

前年度の平成26年
被相続人 約127万人
相続税の課税対象となった被相続人 約5万6千人
課税割合 4.4%

平成26年と比べると3.6%増加になり、現在の課税方式になった昭和33年以降で
過去最高の数字になったようです。
10年で一番相続財産の金額が増えているのが「現金・預貯金」でした。
多くの方が現金を保持しているようです。
家族のために現金を残していても税金でとられてしまったらショックですよね。
なので、相続税対策を今のうちにしておきましょう。

そこで、ご紹介したいのが不動産投資です!


不動産投資と相続税については弊社の不動産投資・節税対策セミナーで
おこなっております。
このセミナーでは、現役の税理士先生がその仕組みについて解説します。
セミナー後には、税理士先生との個別相談の時間を設けていますので
ご自身の相続税対策についてもお話することができます。
セミナー・個別相談どちらも参加者募集しているのでぜひご応募ください!
1月は2回開催いたします!


 %e7%af%80%e7%a8%8e%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94
~日程~
1月14日(土)13時~16時 イオンコンパス大阪駅前会議室
1月28日(土)13時~16時 イオンコンパス大阪駅前会議室

 

 【不動産・節税対策  説明会概要】

 

~減価償却を利用した節税術~
減価償却の仕組み~節税方法・税控除・シミュレーション
具体的な不動産の物件例
 
~相続税対策~増税になった相続税をどの様に対策するのか
相続の仕組み~節税方法・税控除・シミュレーション
具体的な不動産の物件例

 

~法人化を利用した大節税術~
不動産投資法人化の仕組み~節税方法・税控除・シミュレーション
具体的な不動産の物件例


お申込み・詳細はこちら