自宅を「買取」で売却って実際どうなの?

目次

  1. 買取ってどういうもの?メリットは?
  2. 買取を依頼するときの注意点、デメリットとは?
  3. 買取で家を売却する手順
  4. まとめ

買取ってどういうもの?メリットは?

まず、不動産の売却には、売主が自分で買い手を探すか、不動産会社に依頼するかに大きく分けられます。不動産会社に依頼する方法として、さらに2つに分けることができ、「仲介」と「買取」があります。

一般的に、自宅の売却は不動産会社に依頼して、「仲介」で売却を進めていくということが多いです。「仲介」で売却すると、高く売却できる可能性が高いというメリットはありますが、その分売却できるまでに、時間がかかってしまうということがデメリットとなります。家の売却額が低くなっても、早く家を売却したいという方は、「買取」を選択する方が適しているケースもあります。「仲介」では、売却活動を始めてから買主に引き渡して代金を受け取るまで、平均して3〜6ヶ月かかると言われています。しかし、「買取」であれば代金を受け取るまでに約1ヶ月と言われており、仲介と比べて短い期間で家を売却できるということが、この数字からも見て取れるでしょう。

また、買取にも2種類があり、「買取保証」と「即時買取」というものがあります。

買取保証とは、指定した時期までに確実に売却を完了させたいけれど、できるだけ高く売りたいという場合に適しているものです。まず、不動産会社に仲介を依頼して買い手を探しますが、指定した期間内で買い手が見つからなかったら、前もって決めていた金額で買い取ってもらう保証をつけることができます。
即時買取は、その名の通り、不動産会社に即時で買い取ってもらうことが可能です。即時買取に対応している不動産会社であれば、依頼すればすぐに家を買い取ってもらえます。しかし、このスピードと引き換えに、売却価格は下がってしまう傾向にありますので注意しましょう。

「買取」で家を売却することのメリットは、早く売却できるということだけではありません。他のメリットは以下のものがあります。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

(1)仲介手数料がかからない

不動産を仲介で売却するには、仲介手数料というものを不動産会社に支払う必要があります。これは、売主と買主の間に不動産会社が入ってくれて、広告を出して、買い手を探してくれたり、諸々の手続きなどを行なってくれるために発生する費用です。

しかし、「買取」では不動産業者と売主が直接やりとりを行い、買い取ってもらえるため、仲介手数料はかかりません。

物件の売却価格が400万円を超えていると、「売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税」という数式で算出された仲介手数料が必要になります。例えば、3,000万円で売却できたとすると、約105万円という金額を不動産会社へ仲介手数料として支払わなければなりません。この手数料がかからないというのはメリットと言えるでしょう。

(2)隣人に知られずに、家を売却できる

不動産会社に仲介を依頼して売却を進めていると、不動産の情報サイトや新聞折り込みチラシに自宅の物件情報が掲載されるので、近隣に住んでいる方に家を売却しようとしていることが知られてしまうかもしれません。また、仲介では、購入希望者が内覧にくることが多いため、いろんな人が出入りしているところを見られるということも、近隣住民に売却を知られる可能性が高くなってしまうことでしょう。

一方、「買取」であれば、不動産会社とやりとりを行うために、近隣住民に知られることなく売却できるところがメリットとなります。買取では、不動産業者が物件を見て確認するのみで、購入希望者の内覧の対応もありません。

(3)瑕疵担保責任を負わなくてよい

「瑕疵担保責任」とは、簡単にいうと、買主に引き渡した物件に関して、契約内容と異なっていた場合に売主が責任を負わなければならないというものです。「契約不適合責任」と呼ばれたりもします。例えば、シロアリ被害や雨漏りなど、よく調査しなければわからないようなことでも、買主は売主に対して、修繕などを請求することができます。

仲介の場合では、売主が瑕疵担保責任を負うことが多いです。しかし、買取では、売主に対して瑕疵担保責任が免責されることが一般的となっています。瑕疵担保責任が免責になれば、不動産会社に家を買い取ってもらった後に、建物の不具合が発覚しても、修繕費などを請求されることはありません。

買取を依頼するときの注意点、デメリットとは?

前項では、「買取」とはどういうものかということと、メリットについて解説してきました。しかし、買取で家を売却する際の注意点やデメリットもあるということを認識して、しっかり自分で選択できるようになることが必要でしょう。
買取の注意点、デメリットとしては以下の2点になります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

(1)仲介で売却するよりも売却価格が安くなる

買取での家の売却価格は、仲介で家を売却する場合よりも安くなってしまうでしょう。買い取ってくれる業者は、買い取った家を相場価格で再販売することを目的としているため、買い取る時の価格は相場よりも低く提示される傾向にあります。買い取った家をリフォーム・リノベーションしてから再販売するため、その費用を差し引くのはもちろん、利益が出るようにしなければならないということを、理解しておく必要があるでしょう。

そのため一般的には、仲介で売却する場合の価格の6割〜7割程度の売却価格になることが多いと言われています。価格よりも、早く売却できることを求めている人には、向いている手段ということになります。

また、仲介であれば、売主が実際の相場などを考慮した上で、自分の希望する金額を設定できるのに対して、 買取では、不動産会社が提示する価格での売却となってしまうため、売主自身で売却価格を設定できないことも理由の1つとして挙げられるでしょう。

(2)高く買い取ってくれる不動産会社を見つけるのが難しい

不動産会社の中には、仲介のみに対応しており、買取を行っていない会社も存在します。
上記でも述べましたが、買取は不動産会社が査定した言い値の金額での売却になってしまいます。そもそも、買取に対応していない不動産会社が少ないという現状から、高価格をつけてくれる不動産会社を見つけるのが難しいというのは想像できることでしょう。
1つずつ買取に対応している不動産会社かどうかを調べることもできますが、オススメの方法としては、「一括査定サービス」を利用して、複数の不動産会社に査定してもらう方法です。

複数の不動産会社へ査定を依頼することで、家の相場を把握する上でも役に立ちます。査定を依頼する不動産会社は、「大手の不動産会社」と「地場の不動産会社」の2種類に対して、最低2社ずつ依頼しましょう。大手の不動産会社は、全国の相場を把握できているため、似たような物件の相場に詳しいです。地場の不動産会社は管轄しているエリアでの相場に詳しいので、これらの情報を組み合わせることで、売却予定の自宅の相場をさらに詳しく理解できることでしょう。

査定の内容によっては、買取ではなくても、仲介でも早く売却することができる可能性もあります。気になる査定結果があれば、不動産会社に問い合わせてみましょう。

買取で家を売却する手順

買取で家を売却するための手順に関して、見ていきましょう。必要なステップとしては、3つになります。

それぞれのステップについて、見ていきましょう。s

(1)不動産会社の査定を受ける

買取で家を売却するには、まず不動産会社へ査定を依頼して、買取価格を提示してもらう必要があります。上述した「一括査定サービス」を利用して、複数の不動産会社へ査定を依頼しましょう。

買取では、査定してもらった価格で買取されるケースが多いです。1社のみの査定価格では、提示された買取価格が適切かどうか見極めることが難しいです。 適切な買取価格であるかどうかを確認するために、最低4社の買取業者に査定を依頼することをオススメします。

もし、分からないことや不安なことがあれば、自分1人で判断せず、お近くの不動産会社へ相談するようにしてください。不動産会社は、不動産売買の専門家であるため、正しいアドバイスを受けられることでしょう。

(2)買取してもらう不動産買取業者を選ぶ

査定を依頼した不動産会社から結果を受け取ったら、その中から、どの不動産買取業者に買取をしてもらうかを選びます。「即時買取」での売却を検討している場合は、買取価格の高さや、決済・引き渡しまでの期間に注目して選ぶと良いでしょう。「買取保証」で売却を検討する場合は、買取価格だけでなく、仲介で売却活動を行ってもらえる期間や、広告活動の方法なども判断基準になります。

(3)決済・引き渡し

買い取ってもらう不動産会社を決められれば、売買契約を締結します。不動産会社と売買契約で取り決めた日に、決済と引き渡しを行います。
当日は、本人確認書類・通帳・物件の鍵など、必要な書類や持ち物が複数あります。あらかじめ、不動産会社に当日の持ち物の確認を行い、少しずつ準備を進めていくようにしましょう。

まとめ

「買取」は、売却価格が低くても良いから、早く売却したいと考えている人に向いている方法になります。
「仲介」では、いつ売却できるのかという見込みを立てるのが難しいですが、この時期までには売却を行いたいというのであれば、「買取保証」を選択して、確実に売却できるようにしましょう。


【関連記事】

3000万円特別控除って?自宅売却する際に知っておきたいこと

自宅を「買取」で売却って実際どうなの?

古家は更地にして売る?

自己破産をしても自宅売却は可能か

コロナ禍における自宅売却

自宅売却のキャンセルは可能なのか

自宅を売却するとき、火災保険はどうなる?必要な手続きとは

自宅は売却する?賃貸として貸し出す?

自宅を売却すると、本籍地や住民票はどうなる?

兄弟が自分の家を売却することは可能?売却のポイントを解説s