古家は更地にして売る?

目次

  1. 更地にするかどうかはどう判断する?
  2. 更地にするためにはいくらかかるのか?
  3. 更地にするための手順は?
  4. 更地にしない場合の売却方法
  5. まとめ

更地にするかどうかはどう判断する?

親が亡くなってしまい、家を相続することになったが、自分の住む家は既に購入してしまっていて、住む予定がない空き家をどうするべきなのかとお悩みの方も多いかと思います。まだ築年数が浅い家であれば、不動産業者を利用して、「中古住宅」として売却することも考えられますが、古くなっている家であれば、買い手が見つからないというケースもあります。

そんな時、1つの方法として挙げられるのが、建物を解体して「更地にしてから土地として売却すること」です。更地にする1番のメリットは、買い手が建物の解体をするお金や手間をこちらで負担することで、土地としての買い手を見つけやすいという点にあります。

しかし、家の状況によっては「古家付き土地」として売却できる可能性もありますし、土地に建物が建っていることで固定資産税が安くなるなどの良い面もあり、必ずしも更地にするべきであるとは一概には言えません。

では、どんな基準で更地にするかどうかを判断すればいいのだと思われるでしょう。そんな時は、下記の5つの基準で考えてみるといいでしょう。

(1)〜(4)は調べればわかることなので、判断しやすいかと思いますが、(5)の「建物があるために買い手が見つからないような土地である」かどうかは調べてもなかなか判断がつきにくい基準かもしれません。(1)〜(4)に当てはまる建物で、「解体して更地にした方が売却できそうだ」と感じたら、不動産会社にその内容を相談して、検討を進めていくと良いでしょう。

更地にするためにはいくらかかるのか?

一般的な30坪の住宅の場合、古い家を解体して更地にするため費用の相場は、約90万円~150万円程になります。建物の構造により、解体にかかる費用は変動し、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の建物と比べて、木造の建物の方が解体しやすいため、解体費用が安くなる傾向があります。日本の古い家の大半が木造であるため、解体にかかる費用の平均は100万円程度になると考えて大丈夫でしょう。

では、解体費用の相場の詳細と、どういった部分にお金がかかるのかなどを見ていきましょう。

(1)解体費用の相場

古い家を解体する場合、一般的には業者に工事を依頼します。ほとんど壊れかけている家であっても、自力での廃材の搬出や解体した後の土地を整理することは大変な労力を費やすことになってしまいますので、多少費用がかかったとしても業者に依頼することがオススメです。

家の解体費用は建物の構造によって変動し、1坪当たりの相場は以下のようになっています。

(2)付帯工事がどのくらい必要か

古い家を更地にする際の解体費用は、家本体の解体以外に、付帯工事がどのくらい必要かによって大きく変動します。付帯工事とは、玄関までの部分や駐車場、庭などの解体工事のことを指します。家本体以外の設備・施設が多ければ多いほど解体費用が高くなってしまうことに注意しましょう。

例としてあげると、駐車場は1台用で6万円以上、植物の撤去で5000円〜3万円程度かかります。これらの付帯工事を含めて解体費用を計算しておかないと、後で想定外の費用がかかることになってしまいますので、注意が必要です。

(3)廃材がどのくらい出るか

家本体を解体する費用、付帯工事費用の他に、解体する過程で出た廃材の処分にも費用がかかります。利用する業者や、地域によって価格は変動しますが、一般的な相場では、1㎥当たりで値段が設定されており、コンクリートガラや木くずなどは5000円程度かかるところがほとんどです。これらも付帯工事と同様に必要になりますので、解体費用を計算する際に見積もっておきましょう。

(4)重機が入れるかどうか

工事のための車両や重機が入れるかどうかも解体費用に大きく関わってきます。大きな重機が入れない住宅密集地での解体作業になると、手作業で解体をする必要が出てくるため、その分費用が高くなることも覚悟しておきましょう。

(5)解体にかかる期間

解体をお願いする業者によっても、解体費用が嵩んでしまう可能性があります。要領よく進めてくれる業者であれば、その分人件費が浮くので安く済みますが、期間がかかればかかるだけ、人件費はかさんでしまいますので、あらかじめ業者の口コミを確認したり、見積もり作業を行う上での、手際の良さや連絡の速さもよく観察した上で、お願いするかどうかを決めることをオススメします。

更地にするための手順は?

建物を解体して、更地にすると決めた後、どのように解体していけばいいのかという流れをまとめました。

(1)複数の不動産会社に相談をする

更地にするかどうかの判断基準を上記しましたが、素人目ではなかなか判断することが難しいです。まずは、不動産会社へ相談を行い、更地にして売った方がいいのかどうかを判断してもらいましょう。

不動産会社を探す際は、「一括査定サービス」を利用すると複数の不動産会社へ簡単に査定を依頼できるため、様々な業者を比較しやすくオススメです。また、返信の早さや丁寧さ、その後の対応から、業者の能力をチェックするのにも役立ちます。

(2)解体業者を探す

一般的には、工事を行いたい時期の3ヶ月前から行動をスタートし、2ヶ月前までに契約します。工事期間を長めに設定することで、業者側のスケジュール調整がし易くなり、解体費用を値引きしてもらえる可能性が高くなります。

業者を決めたあとは、正確な見積もりを行うために、解体業者と現地調査を行います。その際、家財などがあると、廃材の搬出費用などの見積もりの際に、複雑になってしまうため、あらかじめ自身で整理できるところはしておきましょう。

(3)解体業者と現地調査をする

これは解体費用の正確な見積もりのために必要となります。不動産会社に査定してもらっているとはいえ、近隣の家との距離感や、家の前の道路の狭さなどから、重機が使えるのかなど判断は難しいです。現地調査であれば、より詳細な解体費用を見積もってもらえます。実際に現地に行って確認するため、値引き交渉はこの段階が一番行いやすいです。

(4)解体のためライフラインの停止や工事の申請

電気、ガス、ネット回線の解約や、道路使用許可などを行います。ライフラインの中でも、水道だけは、解体工事を行う際に、土埃などを抑えるために使用することがあるので、工事時点まで、解約しないのが一般的です。

工事に伴う騒音などが予想されるため、場所によっては近隣住民の方への挨拶回りをしておくことも必要になるかもしれません。

(5)家を解体して更地にする

ここまで来れば、解体業者にお任せするフェーズなので、建物を解体して更地になるのを待ちましょう。

(6)登記手続きをして業者に支払い

解体作業が全て完了したら、「建物滅失登記」を行います。建物を解体したことを法務局の登記簿へ反映させるために必要な手続きで、「解体後1ヶ月以内」が期日です。この手続きを行わないと、損をしてしまうことになるので、注意が必要です。もしご自身だけでやるのは不安だと感じるのであれば、前もって解体業者へ相談しておくか、土地家屋調査士に手続きを委任することも可能。

(7)更地を売りに出し買主を探す

(8)売買契約を結んで更地の引き渡し

(9)更地を売った翌年に確定申告をする

(7)〜(9)は実際に不動産の売却の手順と同様になります。不動産会社に相談して、土地の売却を進めていきます。

更地にしない場合の売却方法

上記までは、古い家を解体して、更地として売ることに関して、説明してきました。しかし、古い家だから、更地にしてからでないと売却できないということでもありません。更地にしなくても、古い家を売却する方法を簡単にご紹介します。

(1)中古住宅として売却する

近年の古民家ブームがきていますので、古き良き日本の木造住宅に住みたいと考えている人も少なくありません。そのような人にとっては、手入れの行き届いた古い家は、非常に魅力的な物件として購入を検討してくれるでしょう。

(2)中古住宅として買い取ってもらう

買取業者に「中古住宅」として買い取ってもらう方法です。ただし、注意点は、買取での売却は、仲介のときと比べ、市場価格より3割ほど安い価格で売却することになってしまうことが挙げられます。

(3)「古家付き土地 更地渡し可」として売却する

こうすることで購入してくれるかもしれないターゲット層を広くとることができます。
1つめのターゲット層は、「中古住宅は不要で、土地だけが欲しい買主」です。この買主に対しては、建物の撤去の費用や手間をこちらで負担することで、購入してくれる可能性が高まります。

2つめのターゲット層は、「どれだけ古くてもいいからなるべく安く家を買いたいと考えている買主」です。「古家付き土地 更地渡し可」とすれば、古家を探している人にとっては願ったり叶ったりな物件であるため、こちらも購入してくれる可能性が高くなります。

(4)「古家付き土地」として売却する
(3)の更地渡しの無し版です。「古家付き土地」として家を売却すれば、買主は「古家が付いた土地」として購入するため、売主は取り壊しにかかる費用を負担しなくてもよくなります。

まとめ

この記事では、「更地にするかどうかの判断基準」「更地にするための解体比費用」「更地にするための手順」「更地にしない場合の売却方法」について解説しました。

実際、更地にするかどうかは、ご自身だけで決断することは難しいでしょう。親戚、知人に相談することも重要ですが、専門家である不動産会社に相談することをオススメします。更地にするにしても、古家として売却するにしても、良いアドバイスをくれることでしょう。
ただし、1社のみに相談せず、複数の不動産会社に相談するようにしましょう。少しでも損をしない売却ができることを願っております。


【関連記事】

自宅は売却する?賃貸として貸し出す?

被保佐人は自分で自宅を売却できる?

高齢者が家を手放す前に考えること

家を売却する時の相場はいくら?どうやって計算する?

自宅を「買取」で売却って実際どうなの?

3000万円特別控除って?自宅売却する際に知っておきたいこと

リフォームしても家は売れる?売値は上がる?

相続した家を売却するときの注意点は?

自宅を売却するとき、火災保険はどうなる?必要な手続きとは

自宅売却での値下げ交渉