底地ってなに?住宅ローンで購入できるの?

目次

  1. 住宅ローンが残っていても底地を買うことは可能なのか?
  2. 第三者が底地をローンを使って購入することは不可能に近い
  3. 底地と借地の意味とは?底地を買う時の注意点
  4. 底地を購入できた人とできなかった人
  5. まとめ

住宅ローンが残っていても、底地を買うことは可能?

住宅ローンを返済中に、土地の持ち主から、土地(底地)を購入することは、可能です。
また、この話には、お得が隠れているのです。土地を借りてローンを組んでいる人のことを借地人といいます。借地人は「借地権」という形で、更地価格の6〜7割程度の権利を持っているので新しく、更地を買うよりだいぶ安く購入することが可能です。また、価格は相場の50%程なのでとても安い買い物になります。

もし、土地を持っている人(地主)と呼ばれる人から、「土地を買わないか?」と提案された場合はその話にのった方が、のちにトラブルなく過ごすことができるでしょう。
「土地まで、買うお金なんてないよ」というかたも多いと思いますが、底地の権利を持つことができれば、永久的に安心して生活することが可能です。底地を買うことによって 契約更新の手間がなくなる、更新料がいらなくなる、建物を建て替える際に地主の許可を得る必要がない、建替承諾料の支払いもなくなる、など多くのメリットがあります。

借地人以外への土地の販売はとても難しいため、土地を貸している地主にとってもメリットがたくさんあります。

第三者が底地をローンを使って購入することは不可能に近い

結果から話すと、ローンを組むことは不可能に近いです。住宅や、土地など大きな買い物をする際は、ローンを利用したい、またはローンを組むのが当たり前と考える方がほとんどだと思いますが、底地は権利が複雑なので、ローンを組んで購入することは厳しいです。

住宅や、土地を購入する際にローンを利用することは簡単です。それは、住宅という担保があるため、住宅ローンを利用することができます。

底地の場合は、すでに、知らない第三者の建物が建っている状態で、担保にできる住宅などがない為、住宅ローンの利用ができない金融機関がほとんどです。

しかし、底地を買うことができる人がいます。それは、底地に住宅を持っている借地人です。借地人であれば、住宅ローンを利用して底地を買い取ることができます。
全ての底地を買い取ったことにより担保にできるものが、土地と住宅になるので、銀行のローンに通りやすくなります。ローンを借りる前にあらかじめ情報を確認して利用することが望ましく、どんな会社で金利が低く利用できるのか、どれくらいのおカネを借りることができるかなど確認するようにしましょう。ただし、年齢や病気で働けないなどの状況によっては、底地購入、ローンを利用することが不可能な場合もあります。

最近は、投資のために不動産や土地を購入したいと考えている人も増えてきました。建物はローンで購入することは比較的簡単ですが、底地は簡単に購入することができないです。ローンを組むことは難しく、購入には現金が必要になります。底地を買うことによって、借主から安定した地代をもらえる事は、底地投資物件としては魅力的ですが、ローンを組む事は非常に難しいです。
ただ、購入する底地が所在する地区を管轄する信用金庫などで不動産担保ローンとして、他の担保物件を差し入れる事によりまれにローンを組める事はあります。

この場合は投資用不動産を購入する際に使うローンと同じ位の金利で借りれる事もまれにあります。底地を購入する際にローンを組む場合、事前に金融機関を色々と当たることをお勧めいたします。また、購入する不動産屋によっては提携する金融機関もあるので、相談してみると良いかもしれません。

https://uruhome.net/sokochi-roan/#sokochi-kawanaika 引用

底地と借地の意味とは?底地を買う時の注意点

「更地(さらち)」「建付地(たてつけち)」「底地(そこち)」を簡単に説明すると、土地を細く分類したものです。それぞれどのようなものか、解説していきたいとおもいます。

「更地」(さらち)とは、建物がなく、手を加えられていない土地で、空き地のことです。建物や使用収益(土地を使用したり、それによって利益を得ること)を制約する権利がなく、自由に使うことができる土地です

建付地(たてつけち)とは、地上に自分の建物があり、土地と建物が同一所有者で、建物の敷地となっている土地のことです。特に使用収益を制約する権利がなく、普通の戸建ての土地(建物の所有者は自分、土地の所有者も自分)のことです。

底地(そこち)とは、自分の土地を貸して地上に他人の建物がある、いわゆる借地権の負担を受けている土地のことです。

借地権(しゃくちけん)とは自分の建物(家など)を建てるために他人の土地を借りる権利のことです。

地主(じぬし)は、底地を持っていて、土地を貸している人のことをいいます。

借地人(しゃくちにん)とは、土地を借りている人のことをいいます。

底地を購入する際に注意するべき点があります。一つ目は、購入する底地の境界線はちゃんとしてあるかです。昔から存在する底地の場合、昔と現在の測量方法の違いで境界が不明確になっており、借地はどの範囲なのか分からなくなっている場合も少なくありません。その場合は、法務局で公図を入手し境界を確認、現地に境界標がきちんと埋設されているかを調べることが大事です。境界が不明確なまま底地を購入してしまうと、今後隣地所有者とのトラブルに発展してしまうおそれがあります。もしも、境界が定まっていない場合は、底地の売主に境界の測量と境界標の設置を求めておきましょう。https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/tochi/tochi_knowhow/sokochi/#tboc3 引用

底地を購入できた人とできなかった人

ここでは、実例をご紹介していきたいと思います。

地方在住 70歳 女性の話

地方の一軒家に暮らす70歳の女性きよこさんは、旦那さんと成人している娘、息子の4人家族です。中古の家を購入し、暮らしていましたが、30年以上前に旦那さんが亡くなり、息子と娘と3人で暮らしていました。家は自分の持ち物だけど、土地は、近所に住む知り合いの土地でした。親族との集まりの中で、「家は自分のものだけど、土地は〇〇さんの物だから、自分が死んだらどうなるのだろう」と話していました。地方の田舎にある一軒家で、不動産の知識も無く、近くに相談できる相手もいませんでした。数年後、「土地を貸してくれている人が、老いてきて土地を相続するような人もいないから、土地は、譲るよ」と話してくれました。今回の場合は、底地を持っている地主さんから良い話があり、土地を譲ってもらうことができました。土地の価格は、息子さんの貯金で払える位の金額で、一括で支払いを済ますことができました。土地の価格は地方の田舎で過疎地域ということもあり、金額が安かったそうです。これは、地方で住民の関係性が近く、たまたま話がまとまりました。きよこさんは、「私が亡くなった後、息子に家をのこせるか心配だったから、土地を譲ってもらうことができてよかった」と話していました。

地方在住 50歳 男性

一軒家に暮らす、45歳の男性、太郎さんは妻、成人した息子の3人暮らしです。息子は、市内のアパートに暮らしており、太郎さん夫婦は、太郎さんが生まれ育った家に住んでいます。築60年程となり家の老朽化が目立っています。近年の自然災害の多さもあり、家をリフォームするか、立て直しをするか迷っていました。しかし、そこは、毎月土地代を納めている、借地だったのです。家を建て直すには、地主の許可を得なければならない為迷っていました。息子さん含め、相談すると家を立て直して、二世帯住宅にしようという結果になり、地主さんに相談をしたところ、二つ返事で土地を売ってもらえることになりました。
土地を購入するということは、その分支払い価格も上がるということですが、太郎さんも息子さんも安定した収入があったため、ローンを組むことができました。その後、家を立て直し、住み慣れた土地で新しい家で快適に生活を送ることができています。

都内在住 35歳 男性

最近は投資のために不動産か土地を購入したいと考えていました。建物は、劣化により修繕が必要なため、土地の購入を決意しました。「いいな」と思った周辺土地建物が多く、更地での購入は諦めようとしましたが、底地ならあると言われ、検討することになりました。ただ、底地はローンを組めることが少なく、現金での支払いになるということで、考えました。底地を現金で購入することは厳しかったため、ローンで購入できる不動産物件を購入することになりました。

今回の実例は、地方の実例を中心に紹介しました。都心は、土地の価格も高く底地を購入するには高いハードルです。多くの現金を必要とするため、ローンを使って底地を購入する際は、ローンが組める金融機関もありますので、まずは金融機関をよく調べローンを組めるか確認しをしましょう。

まとめ

この記事はいかがでしたか?今回「底地」について記事を書きました。

「底地をローンで購入できるのか?」「底地だけを購入することはできるのか?」「底地を購入する際に、ローンは使えるの?」また、ここで出てくる言葉の意味を簡単に説明しました。土地を借りて住宅を建てた人が住宅ローンを組んで、土地(底地)を購入することは、可能ですが、第三者が他人の建物がある土地(底地)を現金で買うことは可能ですが、ローンを組んで購入することはほとんどできません。ローンを組める場合もありますので金融機関を確認することをおすすめします。自分の建物が建っている土地が底地なのかを確認し、土地も自分の土地にしたいと考えている方は、ローンを組んで、自分の持ち物として土地を手に入れることを考えていく必要もありそうですね。


【関連記事】

【必見!】底地や借地は売却、または購入したら税金がかかるのか?

【わかりやすい】借地権買取とは?流れやメリットを徹底解説!

【わかりやすい】借地権の売却利益には特別控除を受けられるのか?

借地権はお得?取得するために支払う費用について徹底解説!

借地権の買取請求権とは?借地上の建物を買い取ってもらえる?!

【必読】借地権を売却するには地主の許可や承諾料が必要なのか?

借地権の売却には消費税がかからない?例外的なケースを徹底解説!

借地権を売却したときの所得税はどのような計算式で求めるのか?

底地の買取交渉とは?交渉を専門会社に依頼するメリットを解説!

借地権を売却したら確定申告が必要?!税金はいくらかかるのか?