不動産買取相場を自分で調べる3つの方法!カンタンな計算式も!

不動産買取相場を自分で調べる3つの方法とカンタンな計算式を紹介します。実際の取引価格・相場は、不動産会社に直接聞かないと分からないですが、世の中で「どれくらいの値段で取引が行われているのか」「適正価格はいくらなのか」などを把握しておくことは、不動産買取を考えている方にとって、とても大切なことです。この記事を読んで、まずはざっくりと不動産買取の知識を身につけ、今後に活かしていきましょう!

目次

  1. 不動産買取とは
  2. 4つの土地価格
  3. 自分で調べる3つの方法
  4. カンタンな計算式
  5. まとめ

不動産買取とは

不動産買取とは、「不動産会社に直接、不動産を買い取ってもらう方法」です。売主と買主の間に「仲介」(不動産会社)が入って取引する方法もあり、その場合、仲介手数料が不動産会社の利益となるのですが、「買取」は仲介が入らず、売主と買主(不動産会社)で直接取引をします。不動産会社に払う仲介手数料が不要になるので、仲介で売却する相場価格の約7割ほどの価格で取引されることが多いのですが、買い取った不動産の再販目的のためにかかる費用(リフォーム、リノベーション、人件費、宣伝費)や不動産売買にかかる費用(※不動産取得税、登録免許税)を買取で得た利益でやりくりしないといけないことも、仲介より安く売られる理由になっています。

今回の記事では、「不動産買取相場」が目的なので、買取のメリット・デメリットについてここでは深掘りしません。ご了承ください。

※不動産取得税:土地や家屋の購入、贈与、家屋の建築などで不動産を取得したときに、取得した方に対して課税される税金です。有償・無償の別、登記の有無にかかわらず課税となります。

ただし、相続により取得した場合等、一定の場合には課税されません。

(引用:東京主税局/https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/shisan/fudosan.html)

※登録免許税:不動産、船舶、航空機、会社、人の資格などについての登記や登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定および技能証明について課税されます。

(引用:国税庁/https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7190.htm)

4つの土地価格

不動産買取の相場=土地の相場を見る時に知っておきたいのが、”1つの土地に4つの価格”がついていることです(一物四価)。4つの価格とは①国が調べた都市の土地価格(公示価格)②都道府県が調べた都市以外も含む土地の適正価格(基準地価)③相続税や贈与税など、税金産出の基となる土地価格(路線価)④実際に売買された土地価格(実勢価格)です。④の実勢価格に関しては、不動産会社に聞かないと分からない価格になっているので、気になる方は直接足を運んで確認してみましょう。これらの価格(主に①②③)を参考に、不動産買取の相場を見ていきます。また価格の見方は「3.自分で調べる3つの方法」でおすすめサイトとともに解説するので、ここでは「”1つの土地に4つの価格”があるんだな」くらいの理解で大丈夫です!

自分で調べる3つの方法

先程お話しした「4つの土地価格」が載っているサイトを紹介しつつ、「不動産買取相場を自分で調べる方法」について解説していきます。また実際に、自分の目でサイトを見た方が内容がスッと入ってくると思うので、サイトを見ながらこの記事を読むことをおすすめします!

方法①:路線価で調べる

サイト:国税庁/https://www.rosenka.nta.go.jp/

路線価とは、道路に面した土地価格を道路ごとに設定したものです。国税庁のサイトにとぶと、日本地図が出てくるので、調べたい都道府県→路線価図→市区町村→地名の横にある路線価図ページ番号の順に選択していくと、最後に白黒の地図(路線価図)が出てきます。路線価図には「番号とアルファベット」が書かれていて、1m2(平米数)当たりの土地価格を表しています(数字は千円単位)。例えば、東京→路線価図→新宿区→歌舞伎町→歌舞伎町1の21017をクリックすると、路線価図に「730B」と書かれています。この場合、数字は千円単位なので、730×1000=730000万円の土地価格となります。ちなみに、1m2の土地価格なので、土地面積の広さで変わります(100m2→730000万円×100m2=73000000万円となる)

方法②:過去の取引データを調べる

サイト1:レインズマーケットインフォメーション/http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do
サイト2:土地総合情報システム/https://www.land.mlit.go.jp/webland/

レインズマーケットインフォメーションでは、直近1年間に売買されたマンションor一戸建ての取引価格を調べることができます。まず、マンションor一戸建てを選択→都道府県と地域→追加検索条件→取引情報一覧の順に選択していき、自分の物件に似た「専有面積」「築年数」を探します。似た物件の単価×自分の物件のm2=不動産買取相場になります。

土地総合情報システムも同様、「自分と似た物件がいくらで取引されているか」過去の取引データを見ることができます。調べる手順としては、不動産取引価格情報検索→取引時期・不動産の種類→地域(都道府県、市区町村)→不動産取引価格情報で、「面積」「築年数」など、自分と似た物件を探します。

方法③:現在進行形の物件から調べる

サイト:SUUMO/https://suumo.jp/?vos=op0014adwstw099000000zzz_01xmsyt111-xe_aud-1415929793488:kwd-13516394703:cr-460931147027:sl-:adg-30983744680:dev-c:acc-6530195222:cam-385940440&gclsrc=aw.ds&gclid=CjwKCAjwx46TBhBhEiwArA_DjNmHi3XkPdWn8XJn272keqxXlauurbUr6B0uNUY6xafjQgxnTGDZjBoC0LQQAvD_BwE

HOME’s/https://www.homes.co.jp/?cmp_id=001_05005_0002205256&utm_content=001_05005_0002205256&utm_campaign=%5B%E6%9C%AC%E7%A4%BE%5D%5BV5%5D%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%90%8D&utm_medium=cpc&utm_source=google&utm_term=lifull%20homes&gclid=CjwKCAjwx46TBhBhEiwArA_DjMxTVmR4UVBpMc40sZTUrh2KuO8tXNNKfHAk8znLTDXUPiOqPEJYmRoC3v8QAvD_BwE

今まさに売り出されている物件から調べる方法です。調べる手順としては、エリア(都道府県)→中古マンションor中古一戸建て→エリア・沿線・駅→今売り出し中の物件が表示され、「自分の物件と近い物件が今いくらで売り出されているか」が分かります。ただ、あくまで”売り出し価格”なので、実際に取引される価格(成約価格)とは異なり、安くなることが多いです。

カンタンな計算式

<不動産買取相場の計算式>

※路線価=道路に面した土地価格を道路ごとに設定したもの
※土地面積=土地の面積(m2:平米数)

おすすめしたサイトをみて、この計算式に当てはめるだけで、カンタンに不動産買取相場が分かります!まだ計算してない方は早速サイトを開き、「3.自分で調べる3つの方法」を参考にしながら試してみましょう!

<自分で調べる方法&おすすめサイト>

方法①:路線価で調べる
サイト:国税庁/https://www.rosenka.nta.go.jp/

方法②:過去の取引データを調べる
サイト1:レインズマーケットインフォメーション/http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do
サイト2:土地総合情報システム/https://www.land.mlit.go.jp/webland

方法③:現在進行形の物件から調べる
サイト:SUUMO/https://suumo.jp/?vos=op0014adwstw099000000zzz_01xmsyt111-xe_aud-1415929793488:kwd-13516394703:cr-460931147027:sl-:adg-30983744680:dev-c:acc-6530195222:cam-385940440&gclsrc=aw.ds&gclid=CjwKCAjwx46TBhBhEiwArA_DjNmHi3XkPdWn8XJn272keqxXlauurbUr6B0uNUY6xafjQgxnTGDZjBoC0LQQAvD_BwE 方法③:現在進行形の物件から調べる
サイト:SUUMO/https://suumo.jp/?vos=op0014adwstw099000000zzz_01xmsyt111-xe_aud-1415929793488:kwd-13516394703:cr-460931147027:sl-:adg-30983744680:dev-c:acc-6530195222:cam-385940440&gclsrc=aw.ds&gclid=CjwKCAjwx46TBhBhEiwArA_DjNmHi3XkPdWn8XJn272keqxXlauurbUr6B0uNUY6xafjQgxnTGDZjBoC0LQQAvD_BwE

まとめ

記事の内容はいかがでしたか?不動産買取の知っておくべき基礎知識や相場を自分で調べる方法、カンタンな計算式についてまとめてみました。不動産買取と聞くと、どうしても難しいイメージが先行してしまいますが、こうして実際に調べてみると「過去の取引データ」や「適正価格」、「土地の相場」などがサイトに分かりやすく載っていて、不動産買取相場の計算もカンタンなことに気付けたと思います。また、情報の食わず嫌いをしてしまうと、人生の損は積み上がっていきます。最適な売却のタイミングを掴んだり、納得いく選択をする為にも、日々情報収集を欠かさず、不動産の知識を身に付け、人生を少しでもプラスにしていきたいですね。


【関連記事】

住宅や戸建てを売却するためのアドバイス!注意するべきポイントとは?

【わかりやすく説明!】不動産を直接売却するのと、仲介との違いとは?

【不動産買取を有利に進める?!】一括査定のメリット、デメリットとは?

【必見】借地権を売却する方法とその注意ポイントをわかりやすく解説!

土地の売却方法やその流れを解説!共有名義や古家付きの場合は?

土地の売却方法やその流れを解説!共有名義や古家付きの場合は?

【必読】不動産を売却して住み替えることはできるのか?その流れとは

【必読】不動産を売却するのにかかる期間は?入金はいつ頃なのか?

【初心者向け】不動産買取とは?流れやポイントをわかりやすく解説!

【よりスムーズに!】不動産買取をよりスムーズに行うために5つのポイント