【必読】不動産を売却するのにかかる期間は?入金はいつ頃なのか?

目次

  1. 不動産売却にはどれくらいの期間がかかるの?
  2. 不動産売却の流れ
  3.  ①.売却活動までにかかる期間
  4.  ②.売却活動にかかる期間
  5.  ③.売却活動後にかかる期間
  6. 不動産を売却するまでにかかる期間
  7. 入金はいつ頃なのか?
  8. まとめ

不動産売却にはどれくらいの期間がかかるの?

不動産を売却するまでにはどれくらいの時間がかかるのか知っていますか。実は、不動産を売るためにはただ不動産屋に行けばよいのではありません。売却するまでにも、売却が決まった後にもするべきことがたくさんあるのです。そのため、すぐに売却が完了するということはありません。早急に資金が必要になったから不動産を売るというケースもあるかもしれませんが、不動産屋に行ってもすぐに現金化することは難しいのです。それでは、実際に不動産業者に行ってからどれくらいで売却代金を手にすることができるものなのでしょうか。今回は、不動産を売却するときにはどれくらいの期間がかかるのか、また、入金はいつ頃になるのかについて説明していきます。

不動産売却の流れ

不動産を売却するまでには、

という流れがあります。これらにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

売却活動までにかかる期間

書類を集める

まずは、売却活動までにどれくらいの時間がかかるのかを見ていきましょう。不動産を売却するときには売却活動を行いますが、その前にいくつか準備することがあります。最初に、書類の準備をしなくてはなりません。不動産の売却に必要となる書類は、登記済権利証または登記識別情報、固定資産納税通知書、境界確定書、重要事項説明書です。また、本人確認のために印鑑証明と身分証が必要です。さらに、あるとよい書類としては、不動産を購入したときのパンフレットや、耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書などがあります。これらの書類を不備なく用意しなくてはなりません。書類が全て手元にある場合は時間がかかりませんが、市役所や法務局に行って書類を再発行してもらう必要がある場合、数日を要してしまうでしょう。

不動産売却において必要となる書類について詳しくはこちらを参照してください。【必見!】不動産を売却するときに必要になる書類とその手に入れ方

査定を受ける

書類を集めたら、次に、不動産を査定してもらいます。不動産を売却するためには、すぐに売却手続きができるわけではありません。まずは不動産の状態を調べて、いくらで売却するかを検討しなければならないのです。そのために、不動産業者に査定を依頼します。不動産の査定には、机上査定と訪問査定の二段階があります。机上査定とは、住所や築年数などの情報をもとにして不動産の価格を判断する査定方法です。この机上査定では、依頼してから結果が出るまでに1、2日ほどかかります。

訪問査定とは、机上査定とは異なり、実際に不動産を訪れて査定する方法です。現地で不動産の状態を確かめたり、周辺の環境についても調査したりするので、机上査定よりも正確な結果がわかります。訪問査定の当日には30分〜1時間ほどかかり、査定結果が出るまでには1週間ほどかかります。

このように、査定では机上査定と訪問査定を行うため、1〜2週間かかると考えておくとよいでしょう。しかし、複数の不動産業者に査定を依頼するため、何社に依頼するかによってもかかる時間は異なります。たとえ急いでいたとしても、1社以上の不動産業者に査定を依頼した方がよいといわれています。そして、複数の査定結果から、自分に最も合った条件を出してくれた業者を選ぶのです。そのため、最低でも3社には査定を依頼した方がよいでしょう。

このように、まずは書類の準備と不動産の査定が必要になるため、売却活動までには大体2〜4週間くらいの時間がかかります。

売却活動にかかる期間

不動産査定の結果に納得し、不動産を売ることを決断したら、売却活動を行います。売却活動とは、不動産の買い手を探すための一連の活動のことです。まずはPRのためにインターネットや店舗に広告を出します。この広告が正しく不動産のことを伝えられていないと、どんなに不動産自体が魅力的であっても買い手はつかなくなってしまいます。写りのよい写真を利用したり、不動産の魅力を明記したりすることで、購入希望者にアピールしましょう。すると、その広告を見て内覧希望者が来てくれるようになるので、日程調整をして内覧に対応します。内覧では、購入希望者に実際に不動産の中を見てもらい、その不動産を購入するかどうか判断してもらいます。購入が決まったら、不動産の価格や引き渡しなど、さまざまな条件について交渉します。買い手と売り手が条件に合意したら、売買契約を結びます。ここまでが売却活動で行われることです。売却活動には、大体1〜3ヶ月くらいの期間がかかるのが一般的です。

しかし、売却した不動産に必ずしも買い手がつくとは限りません。劣化がひどい不動産、立地の悪いところにある不動産、実態に見合わず高い価格がついている不動産などは買い手がなかなか見つかりません。さらに、買い手がつくかどうかは売却した時期や、依頼した不動産業者の力量などによっても異なります。そのため、1〜3ヶ月を超えて時間がかかってしまうこともあることに注意が必要です。

不動産を「仲介」で売る場合はこのように売却活動に時間がかかりますが、もし「買取」を選んだら売却活動にかかる時間は必要なくなります。仲介とは、不動産業者を仲介役として、第三者の買い手を探す売却方法です。一方、買取とは、不動産業者に不動産を買い取ってもらう方法です。そのため、少しでも早く売りたい場合は、売却活動が必要ない「買取」を選ぶとよいでしょう。「仲介」と「買取」の違いについて詳しくはこちらの記事を参照してください。
【わかりやすく説明!】不動産を直接売却するのと、仲介との違いとは?

売却活動後にかかる期間

売却活動がおわったら、契約に従って売却代金のやり取りをします。まずは手付金を受け取ります。その後、不動産の買い手は住宅ローンの手続きをするので、その間に、土地に抵当権が残っていれば解消し、土地の所有権を移行する手続きを行う必要があります。

売却活動がおわったら、契約に従って売却代金のやり取りをします。まずは手付金を受け取ります。その後、不動産の買い手は住宅ローンの手続きをするので、その間に、土地に抵当権が残っていれば解消し、土地の所有権を移行する手続きを行う必要があります。

不動産を売却するまでにかかる期間

これまで、不動産を売却するまでに必要な手続きと、それぞれにかかる期間について説明してきました。一般的に、

売却活動後には1〜2ヶ月くらいの期間がかかるのです。そのため、それらを合わせて、不動産の売却には大体3か月〜6か月の期間がかかるということになります。
しかし、売却までにどれくらいの期間がかかるのかは場合によって異なります。例えば、不動産業者が繁忙期だと対応が遅くなる可能性があります。不動産業者の繁忙期とは、多くの人が新生活を始める1〜3月や、転勤する人が増える9〜10月などです。この時期に査定や売却を依頼しても、返事が返ってくるまでに時間がかかることがあります。そのため、少しでも早く売却したいのであれば繁忙期を避けて依頼するとよいでしょう。

入金はいつ頃なのか?

それでは、不動産の売却が完了した場合、入金されるのはいつ頃になるのでしょうか。不動産を売却すると、その入金は2回に分けて行われます。一度目は売買契約を結んだときで、2回目は不動産を引き渡したときです。売買契約を結ぶと、買い手は売り手に手付金を支払います。手付金とは、契約を結んだ証として、またはもしもの際の違約金として、契約を締結したときに支払われる金額です。手付金の2倍の金額を支払えば契約を解除することができるのです。手付金は売却代金の一部として支払われます。そして、残りの代金は不動産を引き渡すときに支払われます。このように、入金は売買契約を結んだときと、不動産を引き渡したときの2回に分けて行われるのです。

その入金方法は、手付金は現金で、残りの代金は振り込みで行われるのが一般的です。手付金は、売買契約を結ぶときに同時に支払うというのが慣習になっており、そのために現金で支払われるのです。それは、手付金を振り込みにしてしまうと、売買契約の日に支払われないことがあるからです。さらに、売買契約よりも前に支払ってしまうと持ち逃げされる危険性もあるので、慣習通りに売買契約時に現金で支払うのがよいでしょう。一方、手付金の残りの代金は金額が大きいため、振り込みで対応することが多いです。

まとめ

今回は、不動産を売却するときには一般的にどれくらいの期間がかかるのか、また、入金はいつ頃になるのかについて解説してきました。不動産を売却するまでには、事前準備、売却活動、売却活動後の手続きが必要であり、合わせて3か月〜6か月くらいの期間がかかります。また、入金は売買契約の際と、引き渡しの際の2回に分けて行われます。しかし、必ずしも3か月〜6か月以内に売れるとは限りません。売却したい時期、代金を受け取りたい時期から逆算して、余裕を持って売却手続きを進める必要があるといえるでしょう。


【関連記事】

【わかりやすい】再建築不可物件とは?売却の注意点やポイントを解説!

不動産を売却できないケースとはどのような場合か?その対処法とは?

【必見】訳あり物件とは?売却の事例や注意点をわかりやすく解説!

【不動産を売る前に!】不動産買取で詐欺に遭わないための注意ポイント!

住宅や戸建てを売却するためのアドバイス!注意するべきポイントとは?

不動産売却にかかる費用はいくら?先にもらえる費用はあるのか?

【必読】不動産を売却するのにかかる期間は?入金はいつ頃なのか?

リースバック型で不動産を売却する注意点とは?住宅ローンはどうなる?

【永久保存版!】不動産を売却するときの流れや手順を徹底解説!

【不動産買取を有利に進める?!】一括査定のメリット、デメリットとは?