【徹底解説!】不動産買取を専門業者に依頼するメリット、デメリット

目次

  1. 不動産を専門業者に売却するとは?
  2. 不動産買取の専門業者とは
  3. 買取専門業者が取引する相手
  4. 専門業者の強み
  5. 専門業者に依頼するメリット
  6. 専門業者に依頼するデメリット
  7. まとめ

不動産を専門業者に売却するとは?

不動産を売却しようと思ったら、不動産屋に行くのが一般的でしょう。実は、不動産売買を行う業者にはいくつかの種類があり、そのうちの一つが不動産買取を専門に扱っている業者です。今回は、不動産の売却を買取専門業者に依頼するメリットやデメリットついて説明していきます。

不動産買取の専門業者とは

不動産売却を業者に依頼するときには、買取と仲介という二つの方法があります。そして業者の中には買取を専門に行う業者と、仲介を専門に行う業者、その両方をおこなっている業者がいます。まずは、買取専門業者と仲介専門業者について説明していきます。

買取業者とは

不動産の買取専門業者とは、売り手から不動産を直接買い取る業者のことを指します。買取専門業者は不動産を買い取った後、その不動産にリフォームを施します。そのための工事も買取業者が自ら行います。そしてその不動産を運用したり、第三者に販売したり、賃貸として貸し出したりします。その際、買い取ったときの価格よりも高い価格で売却することで、買取専門業者は利益を得ているのです。

不動産を運用している例としては、例えばコインパーキングなどがあります。これは、ある不動産を購入し、駐車場として利用するためにリノベーションを施して運用しているのです。これが不動産買取の専門業者の役割です。

買取専門業者は比較的どのような不動産でも買い取ってくれるというのが特徴ですが、中には戸建てのみを買い取る業者や、築年数が50年前後の不動産しか買い取らない業者のように、買い取る物件を絞っている業者もあります。

仲介業者とは

買取専門業者について理解するために、仲介専門業者と比較してみましょう。そもそも不動産の仲介とは、不動産業者が仲介役となって不動産の買い手を探し、売り手と繋げることで売買を成立させる方法です。そして、仲介専門業者とは、不動産の売買に買取ではなく仲介という方法を専門的に利用している業者のことをいいます。仲介を買取と比べると、少し高めに売却できる代わりに、買取よりも費用や手数料、時間が多くかかるというデメリットも存在しています。

買取専門業者が取引する相手

不動産の買取専門業者は誰と取引することになるのでしょうか。その相手は、不動産仲介業者か、不動産の所有者になります。

仲介専門業者

不動産の買取専門業者は仲介専門業者と取引することがあります。仲介専門業者は、不動産所有者が売却しようとしている物件の情報をたくさん所有しています。しかし、その中には売却活動をしても売れ残ってしまう物件もあります。売り手はなかなか買い手がつかなくて困っていることでしょう。そのような物件を紹介してもらい、買取専門業者が買い取るのです。そうすることで売却手続きが進み、不動産の売れ残り問題を解消することができます。このように、不動産業者同士は助け合うことがあるのです。

不動産の所有者

買取専門業者は不動産の所有者と直接取引することもあります。不動産の所有者に、不動産の売却を持ちかけるのです。

買取業者は買い手がつきそうな、つまり、売却したら利益を得られそうな不動産を常に探しています。そのため、よさそうな不動産を見つけると、その所有者に営業をかけることがあるのです。

例えば、劣化が進んだ物件を見つけるとその所有者に売却を持ちかけることがあります。劣化した物件にはなかなか買い手がつきません。だからといって、物件を新しくするためにリフォームをするには費用がかかってしまいます。逆に解体してしまおうとしても、解体のために費用がかかるのです。そのようなことを説明し、不動産を売却してくれるように交渉します。しかし、売却を断られてしまうケースももちろんあります。

専門業者の強み

資金力

不動産買取の専門業者には資金力があります。そのため、優良物件を見つけたらすぐに買い取れるというのが強みです。不動産買取の専門業者は個人や仲介専門業者から不動産を買い取り、第三者へ売却したり運用したりすることで利益を得ます。他社よりもよい不動産を獲得できれば、より取引を成立させやすくなると言うメリットがあります。また、優良な物件をたくさん取り揃えているというのは、不動産の購入を検討している人にとっても魅力的です。

不動産の開発を行う技術力

不動産買取の専門業者は、買い取った不動産にリフォームやリノベーションを施して再利用しますが、これはどこかの建設業者などに依頼するのではありません。不動産買取の専門業者が設けている自社の工事チームが担当していることが多いのです。この技術力が不動産買取の専門業者の強みです。このように自社で工事をすることができるため、他社では買い取ってもらえないような、僻地に存在する不動産なども不動産買取の専門業者は買い取ってくれることが多いです。例えば、崖や山奥といった僻地にある不動産を工事するには、崖を造成したりする技術が必要になります。そのためこのような場所にある不動産は買取を断られてしまうことがあります。しかし、買取の専門業者であれば、自社で工事を請け負うことができるので、このような不動産でも買い取ってもらえるのです。

専門業者に依頼するメリット

買取専門業者に不動産を売却することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。説明していきます。

費用が少ない

一つ目には、仲介取引に比べてかかる費用が少ないというメリットがあります。仲介専門業者に不動産を売却すると、売買が成立したときに仲介手数料が発生します。仲介手数料としては売却価格の3%+6万円がかかります。3%と聞くとそれほど高くないように感じるかもしれませんが、不動産の売却価格自体が高額なため、仲介手数料も高額になってしまうのです。さらに、不動産の状態によっては、新たな買い手に引き渡す前にリフォームが必要になる場合もあります。そのための費用は、不動産業者や買い手ではなく、売り手が負担することになるのです。このような、仲介取引において必要になる手数料やリフォーム代は、買取専門業者に依頼すればかかりません。

早く売却できる

買取専門業者と契約すると、すぐに売却手続きを終わらせることができます。それは、買い手を探す必要がないからです。不動産業者自体が買い手になってくれます。最短だと、1週間以内に買い取ってもらうことも可能です。一方、仲介を依頼していると、1年経っても買い手がつかないことがあります。そのため、一刻も早く売却したい場合には買取専門業者を選ぶとよいでしょう。

不動産を売却したことが知られない

買取専門業者では、不動産を売ったということが近隣の人に知られる心配がありません。仲介の場合だと、新聞の折り込みチラシや不動産屋の掲示に物件の情報が載ってしまいます。そのため、それを見た近隣の人に不動産を売却したことが知られてしまうのです。しかし、買取専門業者では、売却活動を通して不動産の買い手を探すことはありません。買取専門業者とやりとりをするだけなので、誰かに知られるという可能性は少ないです。

契約不適合責任がない

買取では、契約不適合責任を負う必要がないというメリットがあります。契約不適合責任とは、引き渡す不動産に欠陥が見つかった場合に、買い手に対して取る責任のことです。もし種類・品質・数量の面で契約内容に適合していない場合、買い手は損害賠償を請求できます。買取専門業者に依頼した場合、この契約不適合責任を負うことになるのは不動産の売り手ではなく買取専門業者となります。しかし、仲介専門業者に依頼した場合は、売却後の一定期間、売り手が契約不適合責任を負わなければならないのです。この責任があると、不動産を売却した後も、契約不適合が見つかって損害賠償を請求されるリスクを気にしなくてはなりません。そのため、契約不適合責任がないというのはメリットになります。

契約不適合責任について詳しくはこちらを参照してください。 買取24

専門業者に依頼するデメリット

高い価格で売却できない

買取専門業者に依頼すると、受け取れる金額が少し下がってしまいます。それは、買取専門業者が不動産の修繕費やリフォーム費を負担する分に充てられるからです。買取専門業者は不動産を買い取った後には、物件をリフォームして再販したり運用したりします。そのための費用は売り手ではなく不動産業者が負担しますが、その分の費用は不動産を売却したことで得た費用から支払うのです。そのため、売り手が受け取れる金額もその分下がってしまうのです。どれくらいの金額になるのかというと、一般的には市場価格の6〜7割の金額になることが多いです。

不動産の売買に慣れていない業者もいる

買取専門業者の中には、不動産売買のプロフェッショナルというよりも、建築技術に長けている業者もいます。そのような業者は不動産の売買に慣れていないことがあります。不動産売買に不慣れな業者に売却を依頼してしまうと、希望の条件で売却できない危険性があります。それは、不動産売買には知識やコツが必要だからです。どのような業者に依頼するかによって売却の条件は大きく変わってしまうのです。買取専門業者に依頼する際には、不動産売買の実績がある業者に依頼しないと、不利な条件で不動産を売却することになってしまうかもしれません。

まとめ

今回は、買取専門業者に不動産の売買を依頼することのメリットやデメリットなどについて説明してきました。メリットを簡潔にいうと、時間や手間、費用をかけることなく売却できることです。一方、デメリットは、よい条件で売れない可能性があるということです。不動産を売却する方法は一つしかないように思われるかもしれませんが、買取と仲介という方法があるように、実はその方法は一つではないのです。不動産を売却したいときには、自分でも不動産を売却するための方法について調べてみて、自分に最も合った売却方法を利用するとよいでしょう。


【関連記事】

【不動産買取】おすすめできるサイトや業者の選び方を徹底解説!

リースバック型で不動産を売却する注意点とは?住宅ローンはどうなる?

【必見】事故物件を売却する方法や注意点!売れない場合の対処法とは?

【必見】借地権を売却する方法とその注意ポイントをわかりやすく解説!

【不動産を売る前に!】不動産買取で詐欺に遭わないための注意ポイント!

【必見!】不動産を売却するときに必要になる書類とその手に入れ方

別荘は不動産業者に買取してもらえるのか?売却時のポイントを紹介!

不動産売却にかかる費用はいくら?先にもらえる費用はあるのか?

【必読】不動産を売却するのにかかる期間は?入金はいつ頃なのか?

【よりスムーズに!】不動産買取をよりスムーズに行うために5つのポイント