マンション売却の流れを徹底解説!高く売るためのポイントとは?

目次

  1. マンションを売却する流れとは?
  2. 【売却の流れ①】事前準備
  3. 【売却の流れ②】査定を受ける
  4. 【売却の流れ③】媒介契約を結ぶ
  5. 【売却の流れ④】売却活動を行う
  6. 【売却の流れ⑤】売買契約を結ぶ
  7. 【売却の流れ⑥】決済、引き渡し
  8. マンションを売却するまでにかかる日数
  9. マンション売却のポイント
  10. まとめ

マンションを売却する流れとは?

マンションを手放したいと思ったとき、どのように売却すればよいか知っていますか。少しでも高く売るためには、売買方法をよく理解しておく必要があります。今回は、マンションを売却するための流れやポイントなどを解説していきます。

【売却の流れ①】事前準備

マンションを売る目的を明確にする

まずはマンションを売却する目的を整理します。不動産を売る理由としては資金調達や投資、引っ越し、生活環境の変化などが考えられます。そのどれなのかによって、いくらで売るべきなのか、いつまでに売るべきなのかが変わってきます。例えば、資金調達のためにマンションを売るのであれば、できるだけ高く売るための工夫をした方がよいでしょう。一方、引っ越しのためにマンションを売るのであれば、引っ越しのスケジュールに合わせて売買を進めていく必要が出てきます。このように、目的によって売却の際に優先する条件が変わってくるので、最初の段階で何のためにマンションを売却するのかを明確にしておくとよいでしょう。

マンションの情報を整理する

次に、マンションに関する情報を整理します。マンションの住宅ローン残債はあるのか、売却する前に修復が必要な箇所はあるか、毎月の管理費や修繕積立金はどれくらいかかるかなどについてまとめておきます。そもそも住宅ローンが残っている不動産は売買することができません。不動産業者に依頼した後に、住宅ローン残債が原因で売却できなかったということになったら、不動産業者に依頼するまでの手間が無駄になってしまいます。そうならないためにもローン残債については事前に確認しておきましょう。

資料を集める

そして、マンションに関する書類を集めておきます。そうすることでその後の手続きをスムーズに進められるようになります。このことは、早く買い手が見つかることにもつながります。マンションに関する書類とは、マンションを購入したときにもらったパンフレット、固定資産税通知書、重要事項説明書、登記済権利証、登記識別情報などのことを指します。これらは戸建てなどの不動産を売るときにも必要になる書類ですが、マンションの場合はこれらに加えて管理規約やマンションの修繕計画が必要です。管理規約とは、共用スペースの使用方法など、マンションに住むうえで守らなくてはならないルールが定められているものです。管理規約が手元にない場合はマンションの管理会社に連絡すると発行してもらえます。

不動産売却に必要な書類について詳しくはこちらを参照してください。 (記事URL:買取25)

【売却の流れ②】査定を受ける

事前準備をしたら、査定をします。査定とは、不動産が売れるであろう価格を見積もることです。不動産を売却しようとするときに、必ずしも売り手が希望する価格で売却できるとは限りません。買取価格は、売り手と買い手の希望価格をすり合わせることで決まります。売り手は、価格をいくらにすれば買い手がつくかを調べるために査定を依頼するのです。査定は不動産業者が行ってくれます。中には、マンションは査定の対象外となっている不動産業者もあるので、依頼する前に確認する必要があるでしょう。

【売却の流れ③】媒介契約を結ぶ

査定結果を見てマンションを売却することを決めたら、媒介契約を結びます。この媒介契約とは、マンションの仲介を不動産業者に依頼するために結ぶものです。その内容は、マンションの価格をいくらにするか、どのように売却活動をするか、不動産業者はどこまでの役割を担うか、仲介手数料をいくらにするかなどに関してです。不動産を売買するときには、売却価格や仲介手数料などに関するトラブルが発生することがあります。しかし、媒介契約を結び、それらについて事前に取り決めておくことで、トラブルを防止することができるのです。

【売却の流れ④】売却活動を行う

媒介契約を締結したら、その不動産業者に売却活動を依頼します。売却活動とは、マンションの買い手を探すために、その物件の情報を広く宣伝するための一連の活動です。売却活動は媒介契約を結んだ不動産業者が行ってくれます。売却活動にかかる時間はそのマンションの状態や、いつ売却するのかによっても異なります。例えば、不動産の需要には波があります。1〜3月や9〜10月は仕事や学業の関係で引っ越しをする人も多いので、不動産に対する需要が高まります。そのため、この時期に売却すると買い手がつきやすいかもしれません。しかし、必ずしもそうとはいえません。さらに、売却活動がうまくいくかどうかは、その不動産業者の力量によっても変わってきます。売却活動には、短ければ1ヶ月、長いと3ヶ月くらいの期間がかかることを想定しておくとよいでしょう。

【売却の流れ⑤】売買契約を結ぶ

買い手が見つかったら売り手と買い手は売買契約を結びます。売買契約書には、対象の不動産を引き渡す際の条件についていろいろ記載されています。例えば、不動産の住所や面積、売り手と買い手の氏名、手付金について、契約解除についてなどの内容になっています。また、マンションの売買契約書には、これらに加えて専有部分に関する情報や土地の詳細情報が記載されています。これらの内容を全て確認し、合意した場合には署名捺印します。もし契約内容に誤りがあっても、一度サインをしてしまうとその契約内容で取引することになってしまうのでよく確認してからサインしましょう。 契約を結んだら、買い手は売り手に手付金を支払います。手付金とは、契約を結んだ証となったり、解約や違約を保証したりする役割を果たす金銭です。

【売却の流れ⑥】決済、引き渡し

最後に、マンションの売却代金を決済します。代金は、マンションの売却代金から手付金を差し引いた金額が支払われます。そして、契約で決められた引き渡し日に物件を引き渡せば、マンションの売買は全て終了です。

マンションを売却するまでにかかる日数

ここまで、マンションを売却する流れについて説明してきました。マンションを売るにはまず事前準備を行い、査定を受けます。次に媒介契約を結んで売却活動を行い、買い手がついたら売買契約を結びます。そして最後に決済と引き渡しという流れで進んでいきます。これらにかかる日数は、

となっています。つまり、マンションの売却を不動産業者に依頼してから実際に手続きが完了するまでにかかる時間は、平均して3カ月程度だということになります。「マンションをいつまでに手放したい」という希望がある際には、このことを意識して、逆算して計画的に売却を進める必要がありそうです。

マンション売却のポイント

マンションを売却する際には、いくつかのポイントがあります。これらのポイントを意識すると、より早く、より高くマンションを売れるようになります。

不動産業者を慎重に選ぼう

で、どの不動産業者と契約するかは売却結果に大きな影響を与えます。例えば、実績のある業者に頼むと、より高く、より早く売却してもらえる可能性が高いです。しかし、マンションを売るときの基準が売却価格になるとは限りません。中には価格よりも売却時期や売却方法を重要視する人がいることでしょう。そのため、不動産業者を選ぶときには、自分の希望に合った条件を提示してくれる業者を選ぶことが大切です。単にマンションの査定額を高くしてくれる業者を選ぶのではなく、担当者の対応は親身であったか、素早い対応をしてくれたかといった点を考慮するようにしましょう。

保証内容を確認しよう

その不動産業者にはどのような保証をしてくれるかを確認しましょう。できるだけ保証内容が充実している方が安心です。マンションを売買すると、売却した後にマンションに瑕疵が見つかって売り手に補修費用を要求されることがあるのです。そのとき、補償が充実していれば、その費用を不動産業者が負担してくれます。業者によって保証の範囲は異なるので、契約する業者の保証内容を確認しておくとよいでしょう。

築年数に気をつけよう

マンションを売るときには、築年数に注意しましょう。一般的に、マンションは築年数が経っていない物件の方が買い手がつきやすいです。特に、築年数が25年を超えてしまうと、買い手がつきにくくなってしまうのです。それは、築年数が25年を超えたマンションでは買い手は税金優遇制度を受けられなくなってしまうからです。そのため、マンションを売却する際にはできるだけ築年数が経たないうちに売却した方が、より高く、より早く売ることができるでしょう。

マンションの売却について知っておこう

マンションを売ろうとしたときは、いきなり不動産業者に行くのではなく、マンションの売却方法について調べるようにしましょう。マンションの売却について何も知らない状態で売却しようとすると、思った通りの価格で売れなかったり、なかなか買い手がつかなかったりする可能性があります。しかし、少し調べておくだけで、マンションを売却する際のコツを知ることができます。調べてわかったコツをもとに、自分の希望に合った条件でマンションを売るようにしましょう。

まとめ

今回は、マンションを売却する流れやポイントなどについて解説してきました。
マンションを売るためには、事前準備をする、査定を受ける、媒介契約を結ぶ、売却活動を行う、売買契約を結ぶ、決済と引き渡しを行うといった流れで進んでいきます。不動産業者に行ってから実際にマンションを売却するまでにはだいたい3カ月程度かかります。実際に売却する前には、マンションを売却するコツについて自分で調べておくことで、希望の条件で売却できるようになります。


【関連記事】

【必見】借地権を売却する方法とその注意ポイントをわかりやすく解説!

【わかりやすい】再建築不可物件とは?売却の注意点やポイントを解説!

【永久保存版!】不動産を売却するときの流れや手順を徹底解説!

マンション売却の流れを徹底解説!高く売るためのポイントとは?

【わかりやすく説明!】不動産を直接売却するのと、仲介との違いとは?

【必見】不動産買取には大手、専門業者、地元業者のどれがよいのか?

【必読】不動産を売却して住み替えることはできるのか?その流れとは

媒介契約には3種類ある?それぞれのメリットとデメリットを解説!

土地の売却方法やその流れを解説!共有名義や古家付きの場合は?

土地の売却方法やその流れを解説!共有名義や古家付きの場合は?