別荘は不動産業者に買取してもらえるのか?売却時のポイントを紹介!

目次

  1. 別荘は買取してもらえるのか?
  2. 別荘を売りたくなる理由とは
  3. 別荘を売却する流れ
  4. 別荘を売るのは難しい?!
  5. 別荘を売却するときのポイント
  6. まとめ

別荘は買取してもらえるのか?

一般的な住宅などは、どのように売却すればよいのかイメージしやすいかもしれません。しかし、別荘も同じように売却することができるのでしょうか。そもそも別荘とは、日常生活ではなく、避暑や避寒、静養を目的に利用する家のことをいいます。戸建てなのかマンションなのかなど、物件の種類は問いません。このような別荘を手放したいと思ったときには、どのようにすればよいのでしょうか。今回は、別荘は買い取ってもらえるのかについて説明していきます。

別荘を売りたくなる理由とは

せっかく所有した別荘を売却しようとするのは、どのような理由からなのでしょうか。別荘を売りたくなる理由について見ていきましょう。

維持・管理費の負担が大きいs

別荘を所有していると、その維持や管理に費用がかかります。別荘にかかる費用としては、固定資産税や都市計画税などの税金があります。これは別荘だけではなく、一般的な戸建住宅を所有していても支払う必要があるものです。また、税金だけではなく、水道光熱費などを常に支払うことになります。それは、いつでもその別荘を利用できるようにしておくためです。これらに加えて、別荘の修復のためのコストがかかることもあります。特に、別荘は自然豊かな場所にあることが多いですが、そこが自然災害の多い地域であった場合、災害によって別荘が傷ついてしまう危険性があります。そのたびに修復費用がかかるのです。このように、別荘を所有しているとさまざまなコストがかかるので、それが負担になって別荘の売却を検討する人もいるでしょう。

別荘に行く機会が少ない

せっかく別荘を持っていても、実際のところ別荘に行く機会はそれほど多くありません。それでは別荘を持っていても意味がないと感じる人も多く、売却を決意するのです。なかなか別荘に行かなくなってしまう理由としては、別荘へのアクセスが悪いことが一因です。別荘は自然が豊かな場所に建て、避暑地としたり療養したリすることが多いです。そのような場所はアクセスが悪いことが多く、結局あまり行かなくなってしまうのです。

滞在中も家事に追われてしまう

そのように別荘への足が遠のいてしまうと、せっかく別荘に行っても家事や掃除に追われてしまうことになります。たまにしか別荘に行かないと、十分な道具や食材がないため、毎回買い物に追われてしまうのです。さらに、久しぶりに別荘に行って最初にすることは掃除になってしまいます。それが面倒でますます足が遠のいてしまうのです。これでは、別荘に行く醍醐味である、「ゆったりと過ごすこと」が叶わなくなってしまいます。それで別荘の売却に踏み切ることになるのです。

子供が相続を断った

別荘が不要になったときには、子供に相続すればよいと考える人もいるかもしれません。しかし、別荘を維持するには税金を支払ったり、管理をしたりしなくてはならないので、相続を喜ばない人もいるのです。そのように、相続しようとしたら断られてしまったので別荘を売却するという人もいます。

別荘を売却する流れ

それでは、別荘の売却方法について説明します。その流れは、基本的には一般的な戸建て住宅やマンションを売却するのと同じです。それでは、どのような流れで別荘を売却するのかについて説明していきます。

どのように売却するかを考える

まずは別荘をどのように売却するかを決めます。別荘の売却方法には、別荘を解体して更地にする方法と、そのままで売却する方法があります。解体しようとすると、解体費用がかかるというデメリットがありますが、土地の使い道が広がって買い手がつきやすくなるというメリットがあります。一方、別荘を解体せずそのまま売却した場合は、解体費用はかかりませんが、ハウスクリーニング代が必要になることがあります。

売却方法を決める

また、別荘を売却するには、不動産業者に依頼しますが、その売却方法には「買取」と「仲介」の二つがあります。買取とは、不動産業者が買い手となって別荘を購入し、その別荘にリフォームやリノベーションを施して再活用する方法です。一方、仲介とは、不動産業者が別荘の買い手となる第三者を探し、売り手と買い手を繋ぐという方法です。それでは、香取と仲介はどちらを選んだ方がよいのでしょうか。もし、売却する別荘がアクセスの悪い場所に立っている場合は、買取を選んだ方がよいでしょう。それは、アクセスの悪い別荘には買い手がつきにくいからです。他にも、狭い別荘や老朽化が進んだ別荘、間取りが悪い別荘などには買い手がつきにくいため、このような別荘を売却する場合にも買取を選ぶとよいでしょう。そうすれば、早く買い取ってもらうことができ、さらに仲介手数料もかかりません。

査定を受ける

売却方法を決めたら、不動産業者に査定を依頼します。査定とは、別荘がいくらで売れるかの見積もりを出してもらうことです。不動産を売却するときには、必ず査定を受けるようにしましょう。そうしないと、別荘の適正価格がわかりません。もし不適切な価格をつけてしまうと、うまく売却できないことがあります。例えば、劣化が進んでいて立地条件も悪い別荘に高額な値段をつけても、購入したがる人は少ないでしょう。逆に、状態がよく、アクセスしやすい場所にある別荘に安い価格をつけてしまうと、すぐに買い手はつくけれど、もっと高い価格でも売れたのに、と後悔することになるかもしれません。このように、実態に見合わない価格をつけてしまうと、売却を成功させることができないのです。そのため、うまく売却を進めるためにも、売却活動の前には必ず査定を受けるようにしましょう。また、その査定結果から、どの不動産業者と契約するかを決めます。

契約を結ぶ

まずは不動産業者と媒介契約を結びます。媒介契約とは、別荘の売買を不動産業者に依頼するための契約です。媒介契約には、別荘をいくらで売るか、どのように売るかなどの内容が記載されています。この媒介契約を結ぶことで、売却価格や仲介手数料などに関するトラブルを防ぐことができるのです。

次に、買い手と売買契約を結びます。売買契約には、別荘の引き渡しに関する条件が記載されています。例えば、別荘の住所や面積、売り手は誰か、買い手は誰か、手付金はいくらか、契約解除についてなどです。契約締結後は、買い手は売り手に手付金を支払います。この手付金は、契約を結んだ証拠や、解約や違約の保証としての役割を果たします。

決済と別荘の引き渡し

最後に決済と引き渡しを行います。別荘の代金は、先に支払った手付金の分を売却代金から差し引いた金額を支払います。そして、引き渡し日の当日には、別荘の鍵を渡すなどして、別荘の売却は全て完了となります。

別荘を売るのは難しい?!s

実は、別荘を売るのは難しいと言われています。それは、別荘を買いたいというニーズが少ないこと、だいたいの別荘は立地が悪い所にあること、管理費が高いこと、税金の面で不利が多いことなどが原因です。このように、別荘はそもそも売却するのが難しいため、うまく売却しないと売れ残ってしまったり、あまり高く売れずに後悔したりしてしまう可能性があるのです。

別荘を売却するときのポイント

別荘を売るのであれば、できるだけ高く売りたいと考える人が多いでしょう。ここからは、別荘を売るときのポイントを紹介していきます。

別荘売却の実績がある不動産業者を探す

よい条件で別荘を売るには、別荘の売却に長けている不動産業者を選ぶことが大切です。不動産業者には、それぞれ得意、不得意な分野があるのです。マンションの売買が得意な業者、どのような物件でも扱える業者、ある特定の物件しか扱っていない業者など、不動産業者にはそれぞれ特徴があるのです。そのため、別荘を売るには、過去に別荘の売買を担当したことがあり、別荘を売却するためのノウハウを豊富に持っている業者を見つけることが重要です。その不動産業者の得意、不得意な分野は、それぞれの業者の公式ホームページを見たり、口コミサイトを調べたり、実際に訪れて質問してみたりするとわかります。

査定は複数の不動産業者に依頼する

別荘を売却するときは、必ず査定を受けますが、その査定は複数の不動産業者に依頼しましょう。それは、複数の業者から査定結果を受け取ることで、それらを比較検討することができるからです。一社の査定結果しかわからないと、その価格が高いのか低いのか、適正なのか不適正なのかを判断することができません。このとき、一括査定を利用するととても便利です。一括査定とは、別荘の詳細情報を一度登録するだけで、複数の業者からの査定結果を受け取れるという仕組みです。自分で一社一社に連絡を取る方法もありますが、一括査定を利用すれば手間をかけずに別荘の売却に適した不動産業者を見つけられます。

買い手がつくまで管理やメンテナンスを怠らない

買い手がつくまでメンテナンスを怠らないというのも大事なポイントです。売却したらもう自分のものではなくなるので、管理をするのは面倒だと感じる人もいるかもしれません。しかし、買い手がつくまで別荘を放置していたことで別荘の状態が劣化してしまうと、買い手がつきにくくなってしまいます。そうならないように、売却し終わるまでは別荘の管理を続けるようにしましょう。

売却価格の最低限度を決めておく

別荘を売るとき、いくらまでなら値下げするかを決めておきましょう。別荘を少しでも早く売りたい場合は、値下げによって対応することがあります。そのときに備えて、いくらまでなら値下げを承諾するか、値下げの最低限度を決めておくとよいです。それは、価格の交渉が長引いて、買い手が離れるのを防ぐためです。

まとめ

今回は、別荘の売却について説明してきました。別荘は、戸建て住宅やマンションなどの一般的な物件と同じく、不動産業者を通して売却することができます。その方法も、別荘だからと言って何か特別な手続きが必要になることはありません。別荘を売るときのポイントとしては、別荘を売却した実績がある業者を選ぶこと、複数の不動産業者に査定を依頼すること、買い手がつくまで管理やメンテナンスを続けること、売却価格を値下げする最低限度を決めておくことなどが挙げられます。


【関連記事】

【必見】不動産買取には大手、専門業者、地元業者のどれがよいのか?

【わかりやすい】再建築不可物件とは?売却の注意点やポイントを解説!

別荘は不動産業者に買取してもらえるのか?売却時のポイントを紹介!

不動産を売却できないケースとはどのような場合か?その対処法とは?

【徹底解説!】不動産買取を専門業者に依頼するメリット、デメリット

【必見!】不動産を売却するときに必要になる書類とその手に入れ方

【わかりやすく説明!】不動産を直接売却するのと、仲介との違いとは?

リースバック型で不動産を売却する注意点とは?住宅ローンはどうなる?

【必見】借地権を売却する方法とその注意ポイントをわかりやすく解説!

不動産を売買するときにはどのようなトラブル事例があるのか?