住宅や戸建てを売却するためのアドバイス!注意するべきポイントとは?

目次

  1. 住宅や戸建てを売却したい人は必見!
  2. 住宅や戸建てを売却するまでの流れ
  3. 住宅や戸建てを売却するときのポイント5選!
  4. 住宅や戸建てを売却するときのアドバイス5選!
  5. まとめ

住宅や戸建てを売却したい人は必見!

住宅や戸建てを売却するときにはいくつかのポイントがあります。家を売るという経験はたくさんできるわけではないので、ポイントを押さえておかないとうまく売却できないことがあるのです。今回は、住宅や戸建を売却する場合のアドバイスや注意ポイントなどを説明していきます。これを読んで、希望通りに住宅を売却できるようになりましょう。

住宅を売却するまでの流れ

住宅や戸建てを売却するまでの流れを簡潔に説明すると、①査定を行い、②不動産業者を選び、③買い手を探し、④契約するという流れで進んでいきます。

まず査定に必要な情報を確認します。査定の際には住宅の住所や占有面積、築年数などの情報が必要になります。より正確な査定結果を出すために、過去にもらった間取り図やパンフレットなどを準備しておくと良いです。次に、ローンがあればその残債を確認します。もしローン残債が住宅の売却価格を超えてしまったら住宅を売却することができないからです。ローン残債が売却価格を下回ることを確認したら、不動産業者の公式サイトや一括検索サイトを利用して住宅の机上査定を行います。査定は複数の業者に依頼し、その結果を比較して最も条件のよい業者を選ぶことになります。机上査定の結果は2、3日後にメールや電話で伝えられます。その結果に納得したら次に訪問査定に進みます。そして媒介契約を結ぶ一社を選びます。最後に買い手探しを行い、住宅を売却するのです。これが、住宅を売却するまでの流れです。

住宅や戸建てを売却するときのポイント5選!

住宅や戸建ての売却は簡単ではありません。無計画に売却を進めると損をしたり売れ残ったりしてしまいます。ここからは、住宅や戸建てを売却するときのポイントを5つ紹介していきます。

優良な不動産業者を選ぶこと

住宅や戸建てを売却するときには、優良な不動産業者を選ぶのがポイントです。それは、売却の条件は契約する不動産業者によって大きく異なってくるからです。不動産業者の中にはマンションを専門としている業者などもあります。そのような業者に戸建て住宅の売却を依頼しようとしても断られてしまいます。また、取り扱うことはできても実績がないと、うまく売却してもらえないかもしれません。買い手がつくまでに時間がかかったり、最悪の場合売れ残ったりしてしまう可能性があります。確実に売却するためにも住宅や戸建ての取り扱い実績がある業者を選ぶようにしましょう。不動産業者の実績は、それぞれの業者の公式サイトを調べればわかります。

査定は複数の業者に依頼する

査定は複数の業者に依頼しましょう。その方がより適正な住宅の価格を知ることができるからです。査定の結果は不動産業者によって大きく異なります。その差額は数百万円にも及ぶことがあるのです。しかし、複数の業者に査定を依頼しておけば、査定結果を比較してより正しい査定額を予想することができます。住宅を売却するときにはその住宅に見合った価格をつけないと、売れ残ったり安く売ってしまって損をしたりすることがあります。そうならないためにも査定は複数の業者に依頼しましょう。

机上査定のみではなく訪問査定も行う

査定のときには机上査定のみではなく訪問査定も行うようにしましょう。査定には「机上査定」と「訪問査定」の二種類があります。机上査定とは、住宅に関する情報から売却価格を査定するものです。実際に物件を見に行くことはありません。そのため査定結果がすぐにわかるというメリットがありますが、その精度はそれほど高くはありません。一方、訪問査定とは、実際に物件を見に行って査定を行います。訪問しないとわからない点まで考慮することができるので、机上査定よりも査定の精度が高いというのが特徴です。住宅を売却するならば机上査定だけではなく訪問査定も行いましょう。そうすることでより適正な査定額がわかるからです。

査定結果の理由を不動産業者に聞いてみる

査定結果が提示されたら、その査定結果の理由を不動産業者に確認してみましょう。優良な不動産業者であれば根拠を持って査定してくれているはずなので、査定の根拠を教えてくれるはずです。具体的には、過去のどの売却を参考にしたのか、なぜその事例を参考にしたのかなどを確認してみるとよいです。もし根拠を説明してもらえなかった場合は、その価格が適正でない可能性があります。中には自社と契約を結んでもらうために実際よりも高い価格を提示してくる業者もあるのです。そのような業者は契約を獲得した後、最終的に値下げをしてくる可能性が高いので、査定額が高いからといって契約するのは危険です。しかしその場合でも、価格の根拠を尋ねれば業者が根拠を持って査定したかどうかを見抜くことができます。査定結果を提示されたらなぜその結果になったのかを必ず確認するようにしましょう。

住宅の状態を確認する

住宅を売却するときには住宅の状態を確認するのがポイントです。それは、住宅の状態を正しく理解できていないと物件に見合った売却価格をつけることが難しいからです。住宅に雨漏りやシロアリの被害がないか、排水周りは清潔に保たれているか、建物の外壁や内装に破損や汚れがないかどうか確認しましょう。特にシロアリ被害などは自分では気付けないことがあります。そこで住宅診断を受けると隠れた被害も見つけることができます。住宅診断とは、住宅診断士が住宅の不具合を診断してくれるサービスです。修理するべき被害はないか、修理するとしたらいくらかかるのか、あと何年くらいもつのかなどがわかります。

住宅や戸建てを売却するときのアドバイス5選!

売却活動を進めていったのに住宅が売れ残ってしまうことがあります。そのようなときには次のような対策をとってみましょう。

不動産業者を選び直す

もし住宅がうまく売れない場合は不動産業者を選び直してみるとよいでしょう。その不動産業者は住宅の売却に強みがないのかもしれません。他の不動産業者に相談に行ってみましょう。一度担当者と関わってしまうと他の業者に相談するのは裏切っているようでためらわれるかもしれません。しかし、不動産業者を変えてはいけないという決まりはありません。業者側としても、売り手が変わるのはよくあることです。希望通りの売却ができるように不動産業者を変えてみましょう。

値段を付け直す

住宅がなかなか売れない場合は価格を付け直してみると、何か動きがあるかもしれません。複数の業者に査定を依頼して適正な価格をつけたつもりでも、売れ残ってしまっている場合はもしかしたら価格が物件に見合っていないのかもしれません。特に、そもそも内覧希望者が来ない場合は価格が高すぎている可能性があります。売却活動を始めてから3か月以上経っても売れ残っている場合は、価格を付け直してみるとよいでしょう。

内覧希望者を増やす工夫をする

住宅を売却するにはそもそも内覧の申し込みが入らないと可能性は低いです。適正な価格をつけ、実績のある不動産業者を選んでも内覧希望者が来ない場合は、住宅の魅力を伝えられていない可能性があります。チラシなどを通して住宅のPRを行いましょう。もしかしたら、現在PRのために使っている写真に問題があるのかもしれません。チラシや広告の写真がよい印象を与えられているかを確認しましょう。そして内覧希望者を増やしていくことが大事です。

部屋をきれいに片付ける

内覧者が来る前に部屋を片付けておくようにしましょう。せっかく内覧希望者が来ても部屋が散らかっていると住宅の印象が悪くなってしまうことがあります。食器が片付けられていなかったり、洗濯物が放置されていたりすると、生活感を感じて内覧者の購入意欲は減少してしまいます。新築のモデルルームを意識してきれいに片付けておくようにしましょう。

内覧で住宅の魅力を伝える

内覧に来てくれる人が多いのに買い手がつかない場合は、内覧での魅力の伝え方が悪い可能性があります。内覧ではもともとそこに住んでいたからこそわかる住宅の魅力などを伝えるとよいでしょう。例えば、日当たりの良さや最寄り駅からのアクセス、近くの商業施設について、治安の良さ・悪さなどは書面や写真からはわかりません。そこに住んでいたのだから、不動産業者よりも住宅の魅力について語ることができるはずです。せっかく内覧にまで辿り着けたのだから、住宅の魅力をうまく伝えて購入を検討してもらいましょう。

まとめ

今回は、住宅や戸建を売却する場合の注意ポイントやアドバイスについて説明してきました。住宅や戸建を売却するときには、

といったことに注意して売却を進めましょう。もし住宅がうまく売れなかった場合は、

といった対策をとってみると売却できるようになるかもしれません。


【関連記事】

【不動産買取】おすすめできるサイトや業者の選び方を徹底解説!

リースバック型で不動産を売却する注意点とは?住宅ローンはどうなる?

【必見】不動産買取には大手、専門業者、地元業者のどれがよいのか?

土地の売却方法やその流れを解説!共有名義や古家付きの場合は?

【必読】不動産を売却して住み替えることはできるのか?その流れとは

【わかりやすい】再建築不可物件とは?売却の注意点やポイントを解説!

住宅や戸建てを売却するためのアドバイス!注意するべきポイントとは?

不動産を売却できないケースとはどのような場合か?その対処法とは?

【不動産を売る前に!】不動産買取で詐欺に遭わないための注意ポイント!

【必見】事故物件を売却する方法や注意点!売れない場合の対処法とは?