不動産の査定結果が安くなってしまうのはなぜか?理由や原因を解説!

目次

  1. 不動産の査定結果が安くなってしまった!
  2. 不動産の査定結果が安くなってしまう理由とは
  3. 査定結果は高ければよいというわけではない!
  4. 査定結果は高く提示されることが多い!
  5. 少しでも高く買い取ってもらうためには
  6. まとめ

不動産の査定結果が安くなってしまった!

不動産を査定したら、思ったより査定結果が低かったということはありませんか。不動産の査定結果が低くなるのには何かしらの理由があります。どのような不動産だと査定額が低くなってしまうのでしょうか。今回は、不動産の査定結果が安くなってしまう理由や原因について解説していきます。

不動産の査定結果が安くなってしまう理由とは

間取りが需要に合わない場合

査定結果が低くなってしまう理由として、間取りが需要に合っていないことが挙げられます。多くの人は不動産を探すときに間取りを基準として探します。そのため、需要が高い物件の方が査定額は高くなります。例えば、3LDKの需要が高い場合は、3LDKの物件の査定額が高くなります。たとえ同じくらいの広さの物件であったとしても、2LDKだと査定額が低くなることがあるのです。そのように、売却する不動産がその地域、その時期の購入ニーズに合っていなければ査定額は低くなってしまいます。

築年数が経過している場合

築年数が経過している不動産は査定額が低くなりがちです。古くなれば破損箇所や汚れも多くなります。そのため、建築されてから10年を超えると不動産の評価が下がっていってしまいます。さらに、昔に建てられた建物よりも最近の建物の方が耐震技術に優れています。デザイン性の面でも、最新の不動産の方が魅力的であることが多いでしょう。そのため、築年数が経てば経つほど査定額は低くなっていきます。

不動産の状態が悪い場合

不動産の状態が悪い場合も査定額が低くなることがあります。不動産を利用していれば設備が傷んできたり、水回りが汚れてしまったりするのが普通です。しかし、中古の不動産を購入する人は、多くの場合購入した後にリフォームを施す人が多いです。そのため、売却する不動産の状態が悪くても大きな問題はありません。実際に、中古の不動産を購入して自分好みにリフォームするという人は増えており、そのような人たちによって中古の不動産に対する需要は増加しているのです。しかし、大きな傷や汚れがあると、内見をしたときに買い手がつきにくくなってしまうことがあります。中古の不動産を購入する人は全員がリフォーム目的なのではなく、中には購入した不動産にそのまま住み続ける人ももちろんいます。そのため、あまりにも不動産の状態が悪いと売れ残ることが懸念され、低い査定額をつけられてしまう可能性があります。

防犯設備がない場合

その不動産に防犯設備がないと、査定額が低くなることがあります。不動産を購入する際には安全性を基準にする人も多いでしょう。防犯設備が十分に整えられている物件の方がニーズが高いため、査定額が高くなります。例えば、マンションの場合はオートロックがついている方が安全性が高いといえます。一方、そのようなセキュリティがない場合は査定額が低くなります。

個性的なリフォームがされている場合

個性的なリフォームがされているとかえって査定額が低くなってしまうことがあります。リフォームされている物件はきれいで買い手がつきやすいようなイメージがあるかもしれません。しかし、個性的なデザインをしている不動産には買い手がつきにくくなってしまうのです。それは、リフォームによって凝ったデザインにしてしまうと、実用的でなくなってしまうからです。せっかくリフォームをしたのに買い手がつかなければリフォーム代の分だけ損をしてしまいます。リフォームをする場合は破損した箇所の修繕程度にしておくとよいでしょう。そうすれば査定額を下げずに済みます。

売却に時間をかけられない場合

査定額には時間的な要因も影響を及ぼします。売却を短期間で終わらせようとする場合は査定額が低くなってしまいます。一方、売却に時間をかけられる場合は査定額を高めに出してもらうことができるのです。

閑散期に査定する場合

査定額には時期も影響します。12月から1月、6月から8月は査定額が下がりやすいです。それは、この時期は不動産売買の閑散期だからです。不動産の購入需要は2月から3月、9月から10月にかけて高まります。それは、2月から3月にかけては新生活を迎える人が多く、9月から10月には転勤などで不動産の売買が発生するからです。このような不動産の需要がある時期に査定をすると査定額が高くなることが多いです。一方、不動産の流通量が少ない時期に査定をすると査定額が低くなるのです。

査定結果は高ければよいというわけではない!

査定結果は高ければ高いほどよいのかというとそういうわけでもありません。確かに査定を依頼した結果、高い査定額が提示されたらその瞬間は嬉しくなるかもしれません。しかし、査定額とはその価格で不動産が売却できるということを確約するものではありません。査定額とはあくまで「この価格であれば売れるだろう」と不動産業者が予想したものに過ぎないのです。その査定額は不動産業者によって異なります。それは、査定額には過去の売却事例が参考にされるからです。さらに、査定結果には市況も影響を及ぼします。そのため、査定の結果は絶対的なものではないのです。このように、査定額は高ければよいというわけではありません。

査定結果は高く提示されることが多い!

査定額は不動産業者によって異なりますが、実際よりも高く提示されることが多いのです。それは、不動産業者はより多くの人に自社で不動産を売却してほしいからです。多くの人は自分が所有している不動産をできるだけ高く売却したいと考えます。つまり、少しでも高い査定額を出してくれた不動産業者と契約を結ぶことになるでしょう。それならば、各不動産業者は少しでも他社よりも高い金額を提示することに躍起になるはずです。実際に、査定額よりも少し高めの金額を提示して、自社と契約してもらおうとする業者が多いのです。そしてなんとか契約してもらいます。その後で売却活動を進めても不動産が売れ残ってしまった場合には、値下げをすれば良いと考えているのです。このような背景で、不動産業者は実情よりも高めの査定結果が提示されることが多いのです。そのため、実際に売却するときには「思っていたより低い」ということになる場合があります。

少しでも高く買い取ってもらうためには

信頼できる不動産業者を選ぶ

低い査定結果が出されてしまった不動産を少しでも高く買い取ってもらうためには、信頼できる不動産業者を選ぶことが大切です。それは、不動産を売却するときの条件はどの不動産業者と契約するかによって大きく異なるからです。不動産業者の中にはある物件を専門としている業者などもあります。例えば、マンションの売買を専門としている業者に戸建ての売却を依頼しても契約してもらえません。また、契約してもらえたとしても、その不動産を取り扱った経験のない業者ではうまく売却してもらえないことがあります。買い手がなかなかつかなかったり、不動産が売れ残ったりしてしまうかもしれません。確実に売却するためにも対象の不動産を取り扱った実績がある業者を選ぶとよいでしょう。不動産業者にどのような実績があるかを調べる際には各業者の公式サイトを参照してください。

複数の業者に査定を依頼する

査定を複数の業者に依頼すると、より正確な不動産の相場価格がわかります。正確な不動産価格の調べ方とは、複数の業者に査定を依頼してその査定結果を比較するのです。そうすることで正しい査定額を予想することができます。提示される査定額は不動産業者によって大きく異なり、その差はなんと数百万円にも及ぶことがあります。そのため、一社にしか査定を依頼しないとその査定額が正しいとは言い切れないのです。もし不動産に合った価格をつけなければ、不動産が売れ残ったり、実態よりも安く売却してしまって損をしたりする可能性があります。査定を複数の業者に依頼しておけば、損することなく売却することができるでしょう。

まとめ

今回は、査定結果が安くなってしまう理由や原因について解説してきました。不動産の査定結果は、

などは査定額が低くなってしまうことがあります。これらは不動産自体に原因がありますが、それ以外にも、

といった時間的な要因によって査定額が安くなることがあります。しかし、査定の結果は高ければよいというわけではありません。それは、不動産は査定で提示された金額で売れるとは限らないからです。高く売却するために最も大事なのは不動産業者を探すことです。売却に強みのある不動産業者であれば、自分の希望に合った条件での売却を叶えてくれるでしょう。信頼できる業者の探すうえでのポイントについてはこちらを参考にしてください。

不動産査定ってどんな意味?分かりやすく説明します!


【関連記事】

不動産査定のデメリットとは?それぞれの査定方法について徹底解説!

不動産査定のメリットを徹底解説!〜なぜ査定をする必要があるのか?〜

税理士は不動産を査定できるのか?メリット、デメリットを解説!

匿名査定とは?個人情報を入れずに不動産査定できるサイトを解説!

インターネットで不動産の査定ができる?!おすすめサイト7選!

【土地を売る前に!】土地を査定するための流れとは?査定結果の決まり方

【永久保存版】不動産査定の種類とは?全ての査定方法を紹介します!

不動産査定ってどんな意味?分かりやすく説明します!

事故物件の相場はいくら?事故物件を査定するときの注意ポイント!

不動産の見積もりを出す方法について解説!見積りを依頼する流れとは?