不動産の見積もりを出す方法について解説!見積りを依頼する流れとは?

目次

  1. 不動産の見積もりを出すには?
  2. 【不動産の見積もり方法①】机上査定
  3. 【不動産の見積もり方法②】訪問査定
  4. 【不動産の見積もり方法③】不動産鑑定
  5. まとめ

不動産の見積もりを出すには?

不動産の見積もりとは、不動産の価格を調べることです。不動産を売買するときや相続、分割贈与するときなどには不動産の見積もりを出す必要があります。しかし、これらのケースはあまり頻繁に起こるものではなく、不動産の見積りを出したことがないという人も多いかもしれません。みなさんは不動産の見積もりの取り方を知っていますか。今回は、不動産の見積りを依頼するための流れを解説していきます。不動産の見積もりを指す方法には、不動産会社に依頼するものと、不動産鑑定士に依頼するものがあります。それぞれの流れについて見ていきましょう。

【不動産の見積もり方法①】机上査定

机上査定とは

机上査定は不動産会社に依頼する見積もり方法です。どのような場合に机上査定を行うのかというと、不動産を売却したいときです。不動産を売るときには価格を決めなければなりません。もしその価格を当てずっぽうにつけてしまうと、不動産が売れ残ってしまうことがあります。そうならないために、査定をして不動産の適正な相場を調べてから不動産を売るのです。他にも、机上査定は不動産を購入したいときにも利用されます。購入しようとしている不動産についている価格が適正かどうかを判断したいときに、査定を依頼するのです。机上査定には費用がかかりません。

机上査定の流れ

①不動産の相場を自分で調べる

査定を依頼する前に自分でも不動産の相場を調べましょう。自分で不動産の相場を調べる方法の一つには、不動産会社のホームページをみる方法があります。それぞれの不動産会社はホームページに過去の不動産取引事例を掲載していることが多いです。それを参考にして、自分が査定しようとしている不動産に類似した物件の査定額を調べれば、不動産の相場を予想できます。他にも国土交通省の「土地総合情報システム」があります。「レインズマーケットインフォメーション」や「土地総合情報システム」といったサイトでも不動産の相場を調べられます。査定相場はどうやったらわかるのか、自分で調べる方法についてはこちらを参照してください。
不動産の査定相場を自分で調べる方法!売値はどうやったらわかるのか?

不動産の相場を業者に頼む前に自分でも調べる理由は、より正しい査定額を知るためです。実は、査定の結果はどの不動産会社に依頼しても同じということはなく、依頼した業者や時期によって異なります。それでは、どの査定額が正しいのかわからなくなってしまいます。そこで、自分でも不動産の相場を調べておけば、不動産会社が出してくれた査定額が正しいかどうかを判断することができるのです。

②住宅ローンの残りを確認する

不動産を売却する目的で査定を受ける場合は、住宅ローンの残金がないかを査定の前に確認しましょう。ローンが残っていると不動産を売却できません。それは、ローンが残っている不動産は売却しても結局買い手がつかないからです。住宅ローンということは「抵当権」が残っているということです。抵当権とは、万が一債務者がローンを支払えなくなった場合には、債権者はその不動産を売却してローン代金を回収できるという権利です。つまり、もし抵当権が残っている不動産を購入してしまうと、購入してすぐ売却される可能性があるのです。そのような不動産を購入する人はいないでしょう。このような理由から、住宅ローンを完済していない不動産は売却できません。そのため、不動産を売却したいならば査定前にローンの残債を確認しましょう。査定をした後にローンが残っていることを知っても、せっかくの査定が無駄になってしまいます。

③査定を依頼する

不動産相場を自分でも調べ、ローンの確認が終わったら、不動産会社に査定を依頼しましょう。査定を申し込む方法は、不動産会社の公式サイトにある専用フォームに必要事項を入力するだけです。どの不動産査定会社に依頼するかによって査定結果は大きく異なるので、複数の会社に同時に査定を依頼するのが一般的です。しかし、不動産の情報をその都度入力するのは面倒なため、一括査定がおすすめです。一括査定では、一度査定を申し込むだけで複数の不動産会社から査定結果を受け取れます。複数社からの連絡に対応する手間が省かれるため、とても便利です。査定の結果は早いと即日、遅くても1〜2日後までには届きます。

【不動産の見積もり方法②】訪問査定

訪問査定とは

訪問査定は不動産会社に依頼する見積もり方法です。一般的には机上査定の後に行います。訪問査定とは、不動産を売却したいときに、不動産につける価格を決めるために行います。机上査定とは違って、不動産を購入しようとしているときには訪問査定は行いません。あくまで売却したい不動産を査定する方法なのです。訪問査定には、机上査定と同じく、費用はかかりません。

訪問査定の流れ

①訪問査定の日時を決める

訪問査定を依頼するには、まず訪問査定を行う日時を不動産会社の担当者と調整します。それは、訪問査定の当日には現地調査に立ち会う必要があるからです。不動産会社の担当者に連絡を取り、訪問査定の日時を決めます。訪問査定にかかる時間は大体30分〜1時間です。

②必要書類を準備する

訪問査定の際にはいくつか必要となる書類があります。それらの書類を準備するのは不動産会社ではなく不動産の売り手になります。必要書類を不足なく準備しないと、査定結果が出るまでに時間がかかってしまうことがあります。必要となる書類については事前に担当者に確認しておくと安全でしょう。訪問査定の際に必要となる書類の一例には、登記識別情報通知書または権利証、測量図、公図、建物の図面、土地権利書、建築確認書類、固定資産税納税通知書、身分証、実印、印鑑証明などがあります。さらに、対象の不動産がマンションの場合は、維持費・管理費・修繕積立金について記載された書類と管理規約も必要になります。

③不動産の特徴を書き出す

訪問査定の際には、不動産会社の担当者から物件に関していくつか質問されることがあります。例えば、日当たりはよいか、周辺の環境は安全かなど、住んでみないとわからない点について聞かれることがあります。このような質問に答えられるように準備しておきましょう。特に、「最寄り駅から近い」、「窓からきれいな景色が見える」、「日当たりが良い」といった特徴がある場合は担当者に伝えた方がよいため、書き出しておきましょう。

④査定の前に不動産を掃除する

訪問査定の前には不動産を掃除しましょう。家が散らかっていることで査定結果が悪くなることはありません。しかし、家が散らかっていると調査しづらいため、調査が長引いてしまうことがあります。そのため、査定をスムーズに行うためにもある程度片付けておくようにしましょう。査定のために大掛かりなリフォームをする必要はありません。しかし、リフォームが必要なほどひどい汚れや欠陥があると査定額に影響します。それが困る場合にはリフォームをするのも一つの手です。しかし、最近は自分好みにリフォームをすることを前提として、あえて中古の不動産を購入する人が増えているのです。そのため、不動産の劣化が目立っているからといってリフォームする必要は必ずしもありません。

⑤訪問査定に対応する

訪問査定の当日は、不動産会社の担当者が現地で査定を行うのに付き添います。現地調査では、データ上ではわからない点について確認します。不動産の立地や設備の劣化状態、風通しや日照に関する条件など、調査するポイントは複数あります。訪問査定の最中には不動産会社の担当者から質問されることがあるかもしれません。査定額が悪くなることを恐れて嘘の回答をしないようにしましょう。

⑥査定結果を確認する

現地調査が終わってから大体1週間以内には不動産会社から最終的な査定結果が提示されます。査定結果を受け取ったら、不動産会社にその査定結果になった根拠を尋ねましょう。他にも結果に関して不明な点があれば全て解消しておきます。査定結果や担当者のこれまでの対応から判断して、不動産を売却することを決断した場合は、どの不動産会社と契約するかを決めます。そして売却活動に移っていきます。

【不動産の見積もり方法③】不動産鑑定

不動産鑑定とは

不動産鑑定は、机上査定や訪問査定とは異なり、不動産鑑定士に依頼する見積もり方法です。不動産鑑定は、不動産の売買や相続に際して行われます。それは、不動産鑑定をすると公的な査定証明書を出してもらえるからです。相続や離婚のときには財産分与を行いますが、その際には不動産の査定を公的に証明する書類を提出する必要があります。そのような場合に不動産鑑定士による鑑定書が必要になるのです。

不動産鑑定の流れ

①鑑定士を探す

不動産鑑定をするにはまず鑑定士を探します。鑑定士を探すには、不動産鑑定士の事務所をインターネットで調べたり、知人から不動産鑑定士を紹介してもらったりする方法があります。不動産鑑定士の中でも査定には得意、不得意な分野があります。そのため、得意な地域、分野はどこか、十分な鑑定経験があるかといったことを見て不動産鑑定士を選びましょう。

②鑑定を依頼する

鑑定士を選んだら実際に鑑定を依頼します。まずは見積もりをもらって、その内容に納得したら契約を締結します。そして実際に調査そして書類審査や現地調査が行われます。全ての調査が終わると不動産の鑑定結果が提示されます。これが不動産鑑定の流れです。

まとめ

今回は、不動産の見積りを依頼するための流れを解説してきました。そもそも不動産の見積もりを取る方法には、不動産査定と不動産鑑定というものがあります。不動産査定は主に不動産を売買するときに利用するもので、不動産鑑定とは不動産に関する公式な証明書が必要となる場合に利用します。鑑定や査定を利用する場合には、どのような流れがあるのかを確認してから利用するようにしましょう。


【関連記事】

【わかりやすい】路線価とは?土地の査定と路線価の関連性を解説!

不動産の見積もりを出す方法について解説!見積りを依頼する流れとは?

不動産査定にはどれくらいの時間がかかる?査定を早く終わらせるコツとは

【わかりやすい】不動産鑑定とは何か?不動産査定との違いを徹底解説!

メールで不動産の査定結果を知りたい!業者に送る文面の内容を説明!

マンションを査定するまでの流れとは?ポイントを知って高く売却しよう

【土地を売る前に!】土地を査定するための流れとは?査定結果の決まり方

事故物件の相場はいくら?事故物件を査定するときの注意ポイント!

不動産を査定した後、売却を断るには?ポイントとアドバイス3選!

不動産査定の内容とは?査定のチェックポイント、流れなどを解説!