不動産査定書とは? 徹底解説

目次

  1. 不動産査定書って何?
  2. 不動産査定書の見方を解説
  3. 不動産査定書は無料で作れるんです!
  4. 不動産査定書を確認する際の注意点
  5. まとめ

不動産査定書とは

不動産査定書という言葉を聞いたことはありますか?一度家を売った方や、不動産の関連の仕事をしている方は、聞いた事があると思いますが、普段の生活では聞き慣れない言葉ですね。「不動産査定書」とは文字の通り、不動産(家や、マンションなどの建物、土地)を査定した時(調べて評価)の金額や等級を決めた際の書類です。

不動産査定書という言葉を聞いたことはありますか?一度家を売った方や、不動産の関連の仕事をしている方は、聞いた事があると思いますが、普段の生活では聞き慣れない言葉ですね。「不動産査定書」とは文字の通り、不動産(家や、マンションなどの建物、土地)を査定した時(調べて評価)の金額や等級を決めた際の書類です。

この「不動産査定書」は一般的に不動産会社であれば査定をした際に作ってくれます。不動産会社の人が「この価格なら、家を買ってくれる人がいるかも」というアドバイスをしてくれますので参考にするといいです。

不動産の査定は現在の自分の不動産の価格を知るための方法です。ここで自分の建物がいくらになるかをしっかり確認したいですね。

不動産査定書の見方を解説

建物を不動産査定をしてもらい不動産査定書を受け取った際に、確認したい項目があるのでご紹介したいと思います。不動産業界に携わっていなければわからないこと、この項目はなんだろう?というものが出てきます。大切な項目ばかりなので見逃さずチェックしていきたいですね。ここでは不動産査定書に記入されている項目を解説していきたいと思います。

物件概要

これは、建物や土地の基本情報になります。
次にご紹介するのが、一般的に不動産屋さんで、査定をする妻に、確認される部分となります。

不動産査定書は無料で作れる?

不動産を売る際に、必要な書類が「不動産査定書」だということがわかりましたね。この不動産査定はどこで、誰が作ってくれるのでしょうか?
不動産査定書は無料と有料のものがあります。

不動産会社が作る無料の不動産査定書

不動産会社による査定は、不動産を売却したい人に、所有する不動産が市場でどのくらいの価格で取引されているのかを参考にしてもらうための資料で、一般的な不動産売却に利用されています。不動産査定書は、市場での販売価格を決めるために必要な資料です。不動産会社の不動産査定書が無料なのは、不動産を鑑定して報酬を得る業務は国家資格に合格した不動産鑑定士の独占業務で、不動産の鑑定評価に関する法律で定められているからです。

不動産鑑定士が作る有料の不動産査定書

不動産鑑定士が作成する不動産査定書は、法務局で権利関係、役場で公図や測量図などを確認し、実地調査してから取引事例法を用いて計算します。不動産鑑定士が、不動産の価値の評価をすると、法的な効力があるので、裁判所や税務署などの証拠資料として提出するなら不動産査定書ではなく不動産鑑定書が必要になります。実際にいくら支払うことになるのかは各事務所によって差はありますが、国土交通省が定める基本鑑定報酬額を基準に決められることが多いです。相場は3,000万円以下の不動産で、20〜50万円となっています。不動産の額が上がると、支払う報酬も高額になっていきます。

https://news.mynavi.jp/fudosan-satei/5040 引用

不動産査定書を受け取るまでの期間は約1週間程かかります。思っていたより、早く作成してもらえるのはとてもうれしいですね。
また、最近はインターネットの普及により「不動産一括サイト」というものが出てきました。インターネット上から査定を出すことができ、簡単に査定書を受け取ることができます。不動産会社が近くにない人や、忙しくて時間がない人にはおすすめのサービスになっているので、一度調べてみてはいかがですか?

不動産査定書を作成する上で必ず準備すべき書類があります。

➀登記簿謄本

「全部事項証明書」とも言われており、法務局(登記所)で取得できる書類です。登記簿謄本を見れば、どこにあるか、何坪の建物か、誰が所有しているのか、担保に入っているのかがわかります。取得には500円ほどの手数料が必要です。以前に取得したものを持っている場合は、最新のものを取得する必要があるかどうか不動産会社に確認してください。

➁公図、所在地がわかる地図

公図は、土地の図面で、土地の形状、地番、道路、水路や隣接地の位置などがわかる書類です。法務局(登記所)で取得できますが、インターネットで取得することもできます。併せて、売却する不動産の所在地がわかる地図もあるとよいです。必ずではありませんが、売りたい不動産の場所がわかりにくい場合には、地図を提出したほうが良いでしょう。

➂身分証明書、実印、印鑑証明書、住民票など

本人確認書類として提示または提出を求められることがあります。そのため不動産の所有者全員の身分証明書(免許証や保険証など)、実印、印鑑証明書、住民票を用意しましょう。住民票や印鑑証明書などは、発行から3カ月以内である必要があるため、取得するタイミングを不動産会社に確認してから準備します。登記上の住所と現住所が同じであれば、住民票は必要ありません。不動産が共有名義の場合は全員分の本人確認書類が必要です。

➃あると便利な書類

不動産会社から必ず用意してくださいと指示された書類以外に、不動産会社が査定をする際に、あると便利だとされる書類もあります。用意しておけば、より詳細な査定が期待できるので、不動産会社に下記にある書類も用意したほうが良いかを確認しましょう。

➄地積測量図、境界確認書

地積測量図とは、土地の面積や測量方法、土地の形状などがわかる書類で、法務局で取得できます。境界確認書とは、土地の境界について隣接地の所有者と合意した内容を記した書類で、法務局には保管されていないため、手元にあるかどうか確認が必要です。面積や境界線の情報を明確にしないと、後にトラブルの原因になるため、重要な書類になります。正確な測量図がない場合には、販売活動と同時並行で測量を行うこともあります。

➅固定資産税納税通知書

固定資産税の正確な金額を把握するために必要な書類です。固定資産税納税通知書は毎年自宅に送付されますが、役所や都税事務所にて固定資産税評価証明書を取得することもできます。不動産登記で税金の計算をする時にも、参考にする書類です。

➆登記済権利証または登記識別情報

登記が完了したら法務局(登記所)が発行する書類が登記済権利証です。現在はコンピューターに登録する登記識別情報に変わりました。登記簿上の所有者を買主に変更するときに、このどちらかが必要になります。査定書を作成する段階ではすぐに必要になる書類ではありませんが、所有権を証明する大切な書類なので、用意しておくと良いでしょう。
https://sumai-step.com/column/article/3044/ 引用

査定書を確認する際注意

不動産会社から「不動産査定書」を受け取った際に注意して確認したい項目があります。一番最初に査定価格を確認すると思いますが、なぜその面積価格になっているかを確認しましょう。
その次に流通比率がマイナスかプラスかを確認しましょう。流通比率とは、その物件が売り安いか、売りにくいかという度合いを示したものになります。この流通比率がなぜマイナスなのかプラスなのか、根拠が明確になっており具体的であるかを確認しましょう。根拠が明確で具体的だと査定結果も信頼できますね。
また、不動産査定は、1社だけではなく、複数の不動産会社に依頼することをおすすめします。比較することで高すぎる価格、低すぎる価格に気づくことができます。そして、流通比率の理由も確認しておきましょう。そこで明確な理由が、はっきり答えてくれる会社だと安心感や説得率が高くなりますね。

建物を売る時は流通比率が大切で、価格にも影響してきます。
査定評価額は、交通の便や近隣環境、状況、土地の形状などを基準に決まります。建物の査定評価額は、部材ランク、維持管理状況やリフォームの有無などを考慮して残存価値を算出します。そして最後に、「土地と建物の算出金額の合算に『流通性比率』を掛け合わせたもの」が、最終的な提示金額となるからです。査定額の算出方法がわかると、希望する契約金額に近づけるか検討する手がかりをつかむことができます。

土地の坪単価を上げる事は難しいことかもしれませんが、建物の価値を上げる事はある程度は可能な事です。土地の査定額は環境や交通の便、買い物の便利さによってある程度決められてしまいます。新たなスーパーや大型のショッピングセンターが近くにできたなら多少はプラス査定に影響することもありますが、近くにそのような計画があるとは限りません。建物の査定額は、外観に築年数を感じさせるような汚れや劣化があれば、マイナス要因として差し引かれます。https://hapisumu.jp/real-estate/article-37997/  引用

まとめ

この記事はいかがでしたか?今回は不動産査定書とは何かについて記事を書きました。
そして、不動産査定書の見方と、注意して確認したい項目についてお伝えしました。
不動産査定書を初めて見る場合は、どこをみて良いのかがわからない場合がほとんどだと思います。査定書の中には、大切な情報がたくさん書いてあります。大事な部分を見逃さず、自分が損することなく、不動産の査定を行ってほしいですね。一番査定額が高かったからという理由も大切ですが、信頼できる不動産会社をえらべるといいと思います。
初めてのことは誰でも不安になると思います。その不安を少しでも解消できるようにこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです。