【わかりやすい】不動産を査定するために料金はかかるのか?徹底解説!

目次

  1. 不動産の査定にはいくらかかるのか?
  2. 査定までに行うべきこととは
  3. 不動産査定の種類
  4. 査定にはいくらかかるのか
  5. 査定後にはいくらかかるのか
  6. まとめ

不動産の査定にはいくらかかるのか?

不動産を売却する前には査定を依頼します。皆さんは不動産の査定にはいくらかかるのか知っていますか。あまり高い費用がかかるのであれば、査定をためらってしまう人も多いかもしれません。今回は、査定する為に料金や費用はかかるのかについて解説していきます。

査定までに行うべきこととは

①.書類を準備する

まずは事前準備として査定に必要な書類を準備します。査定を依頼するにはいくつかの書類が必要になります。例えば、不動産の間取り図やパンフレット、物件の概要書などが必要です。これらの書類は不動産を購入したときに受け取っているはずです。間取り図やパンフレットが必要になる理由は、不動産会社がマンションを売却するときに使用する広告の参考になるからです。パンフレットを参考にして物件の良いところをPRすることができれば、早く売却できるようになるかもしれません。
さらに、間取り図やパンフレットから物件の情報が分かれば、より正確な査定結果を出すことができます。机上査定の段階では不動産の情報を入力する必要があります。物件の占有面積や築年数を正確に覚えている人は少ないでしょう。机上査定のときにできるだけ正確な物件の情報を入力するためにも、物件に関する書類は査定前に集めておきましょう。

②.売却価格の相場を自分で調べる

次に、不動産会社の査定を受ける前に、自分でも相場価格を調べてみましょう。その方が高く売却できる可能性が高くなるのです。査定の結果は査定を依頼した不動産会社や時期によって異なります。つまり、いつ、どの不動産会社と契約するかによって売却価格は変わることがあるのです。もし適当に不動産会社を選んでしまったら、あまり高く買い取ってもらえず、後になって「実際はもっと高く売れたかもしれない」と後悔することになるのです。そのように売却価格で損をしないように、自分でも不動産の売却相場を確認しておくと良いです。自分で売却価格を調べるには、各不動産会社のホームページで過去の取引事例を参考にしたり、国土交通省の「土地総合情報システム」を見たりしてみましょう。

③.ローン残債を確認する

不動産の査定を受ける前には事前にローン残債がいくらかを確認する必要があります。なぜなら、ローンが残っていると不動産を売却しても結局買い手がつかないからです。ローンが残っている不動産には「抵当権」がついています。抵当権とは、債務者がローンを支払わなかった場合、債権者がそのマンションを売却することでローンの代金を回収して良いとする権利です。つまり、抵当権付きの不動産を購入すると、せっかく購入したにもかかわらず売却されてしまう可能性があるのです。そのため抵当権付きの不動産を購入する人はいません。このような理由から、住宅ローンを返済していないと不動産を売却することができないのです。そのためマンションを売却したい場合はまずローン残債を確認しましょう。実は、ローンが残っていると絶対に売却できないというわけではありません。不動産を売却することで得た代金でローンを完済することができれば抵当権を外すことができ、マンションを売却できるようになるのです。しかし、もし売却代金でもローンを完済できなければ、不動産を売却することはできません。
このように、住宅ローンがいくら残っているのかを確認しないと不動産を売却できるかどうかが判断できないのです。

④.査定の前に掃除をする

家が散らかっているからといって査定に影響することはありません。しかし、家が散らかっていると調査しづらくなり、時間がかかってしまうことがあります。そのため、ある程度片付けておくとスムーズに査定が終わるでしょう。
査定のためにリフォームなどは特に必要ありません。しかし、リフォームが必要なほどの汚れや欠陥があると査定額は下がってしまいます。最悪の場合は買い手がつかなくなってしまうかもしれません。そのような場合はリフォームをしておくと査定額が低くならずに済みます。
しかし、最近は自分好みにリフォームをすることを目的に、あえて中古の不動産を購入する人も増えています。そのため、不動産を売却する前にリフォームする必要はないでしょう。

不動産査定の種類

机上査定

不動産の査定の段階には二つあり、まずは「机上査定」を依頼します。机上査定では、物件の住所や面積、築年数などの物件情報から、不動産の売却価格の予測を調べることができます。

机上査定を受ける理由は主に二つあります。一つ目は、自分のマンションの査定額を知ることで売却するかどうかを判断するためです。不動産を売却したらいくらになるのかを知らずに売却することはできません。もし希望通りの額をもらえそうだったら売却に踏み切り、思っていたよりも安い価格が提示されたら売却をしなければ良いのです。このように、査定結果を元に売却するかどうかを決めることができます。机上査定を受ける理由の二つ目は、どの不動産会社に売却するかを決断するためです。出される査定の結果は不動産会社によって異なります。より高く買い取ってくれる企業や、より丁寧に対応してくれる企業を選びたいでしょう。机上査定を複数の不動産会社に依頼しておけば、複数の企業の条件を比較することができ、最も自分に合った売却条件を探すことができます。
机上査定では不動産会社の公式サイトの専用フォームに不動産に関する情報を入力します。早いと依頼した1、2日後には査定結果を教えてもらうことができます。
しかし、不動産会社をいくつか探してそれぞれの企業に物件情報を登録していくのは少し面倒でしょう。そこで「一括査定サイト」を利用すると、一度で多くの企業に査定を依頼することができます。そのため、不動産会社選びが楽になります。

訪問査定

机上査定の結果に納得したら、より正確な不動産の価値を知るために訪問査定を依頼します。机上査定では現地へ行くことはありませんが、訪問査定では担当者が実際に不動産を見に行って査定を行います。結果が出るまでには1週間ほどかかります。訪問査定も3社以上の不動産会社に依頼しておくと安心です。その中から一番自分の希望に合った査定結果を提示してくれた不動産会社を選びます。

一括査定

机上査定と訪問査定に加えて、不動産を査定するには「一括査定サイト」というものもあります。一括査定とは、不動産の情報を専用のフォームに入力すると、複数の不動産会社からの査定を受け取ることができるという仕組みです。一括査定を依頼するときに必要となる情報は、不動産に関する情報と、個人に関する情報です。不動産に関しては、売却予定の不動産の所在地、面積、築年数、種類(戸建てなのかビルなのか土地なのか)が必要となります。これらを入力することで、正確な不動産の価格を査定してもらうことができます。入力する情報はそれほど多くなく、約1分ほどしかかかりません。一括査定によって受け取ることができる査定結果の数は一括査定サイトによってことなりますが、一度で6〜10社から査定結果を受け取ることができます。

査定にはいくらかかるのか

不動産査定は無料でできる!

実は、机上査定、訪問査定、一括査定は無料で行うことができます。その理由は、不動産会社はできるだけ多くの人に不動産を売却してもらいたいからです。不動産会社は不動産を売却してくれる人がいないと利益を得ることができません。不動産会社は不動産の売り手を見つけ、買い手を探し、その両者を結びつけることで仲介手数料を得ているのです。これが不動産会社の収入源となっています。つまり仲介手数料を得るためには、不動産を売却してくれる人がいなければ始まらないのです。そこで不動産査定を無料で行うことで、売り手との接点を増やそうとしているのです。もし査定にお金がかかるのであれば、査定に行くことをためらってしまう人も多いでしょう。しかし無料で査定してもらえるならば、気軽な気持ちで不動産会社に赴くことができます。それによって不動産会社は査定依頼者に対して営業することができるのです。そのときに出される査定の結果は少し高額に提示されることが多いです。なぜなら高額で売れるとわかった方が、売り手は不動産を売ろうと思うからです。このような営業的な目的があるため、不動産会社は無料で査定を行ってくれるのです。

有料の査定とは

しかし、中には費用がかかる査定もあります。それは不動産鑑定です。不動産鑑定は裁判や財産分与など、不動産に関する公的な書類が必要なときに利用します。無料の査定とは違って不動産鑑定士という国家資格を持った専門家が査定をするため、費用がかかるのです。しかし、不動産を売却することを目的に査定を行う場合は無料の査定で十分です。有料だから精度が高いといったことはありません。

査定後にはいくらかかるのか

不動産を売却するための査定には費用はかかりませんが、その後に売却を続けて行こうとするとその中で費用がかかります。例えば、測量費、解体費、税金、仲介手数料、登記費用、抵当権抹消費、引っ越し代といった費用がかかることがあります。どのような費用がいくらかかるかは契約する不動産業者によっても異なるので、気になったら業者に確認してみるとよいでしょう。買取にかかる費用について詳しくはこちらを参考にしてください。 不動産 買取

まとめ

ここまで、査定する為に料金や費用はかかるのか解説してきました。
不動産の査定には机上査定、訪問査定、一括査定といったものがありますが、どれも無料で行うことができます。有料の査定もありますが、不動産を売却するためであれば無料の査定で十分です。査定に費用はかからないので、不動産の価格が気になった場合には気軽に査定を依頼してみるとよいでしょう。


【関連記事】

不動産査定について

不動産の査定の流通比率について知りたい!

【土地を売る前に!】土地を査定するための流れとは?査定結果の決まり方

不動産査定のメリットを徹底解説!〜なぜ査定をする必要があるのか?〜

【知ってないと損!?】個人再生の後に不動産査定はできるのか?注意点や、準備しておくことを徹底解説!!

不動産の査定結果が安くなってしまうのはなぜか?理由や原因を解説!

【まとめ】不動産査定に必要な書類とは?書類を出すときの注意点を解説!

メールで不動産の査定結果を知りたい!業者に送る文面の内容を説明!

インターネットで不動産の査定ができる?!おすすめサイト7選!

【永久保存版】不動産査定の種類とは?全ての査定方法を紹介します!