【厳選9選!】リースバックができる不動産会社の特徴まとめ

リースバックとは、不動産を売却することで資金を調達するというサービスでした。リースバックをするためには不動産会社に行くことになります。リースバックを取り扱っている不動産会社はたくさんあり、そのそれぞれに特徴があります。今回はその一例を紹介します。

目次

  1. 株式会社コスモスイニシア
  2. 伊藤忠ハウジング株式会社
  3. 明和地所株式会社
  4. 一建設株式会社
  5. オークラヤ住宅株式会社
  6. 株式会社ハウスドゥ
  7. 穴吹興産株式会社
  8. 株式会社インテリックス
  9. 香陵住販株式会社
  10. まとめ

株式会社コスモスイニシア

一つ目に紹介するのは「株式会社コスモスイニシア」です。株式会社コスモスイニシアは大和ハウスグループの不動産ディベロッパーです。株式会社コスモスイニシアのサービスは「リースバック」という名前ではありませんが、仕組みはリースバックです。マンションを売却した後もそのまま2年間住み続けることができます。しかしこのサービスは住み替え支援のため、2年以上は住むことができないことに注意が必要です。

会社名株式会社コスモスイニシア
サービス名「住みながら買取り」
設立1969年6月20日
本社所在地東京都港区芝5-34-6 新田町ビル(受付7階)
対象物件マンション専門
査定のスピード約1週間
資金化までの時間2〜3週間
諸費用礼金、更新料、仲介手数料は不要
対応エリア関東首都圏、関西、沖縄
契約内容定期借家契約(最長2年間)
特徴マンションの売買に強みがある
住み替え先をじっくり探すことができる
住み替えに伴う煩雑な手間が不要になる
実績マンションの供給数は10万戸以上
リンクhttps://www.cigr.co.jp/cstg/sell/suminagara/

伊藤忠ハウジング株式会社

二つ目は「伊藤忠ハウジング株式会社」です。伊藤忠ハウジング株式会社ではマンションの販売、マンションや戸建ての売却を行っています。 リースバック事業に関しては、伊藤忠ハウジング株式会社は提携しているリースバック業者と利用者とを仲介する役割を果たしています。そのため、伊藤忠ハウジング株式会社から紹介されるリースバック業者次第で契約内容は異なります。

会社名伊藤忠ハウジング株式会社
サービス名「住宅リースバック」
設立1970年6月4日
本社所在地東京都港区赤坂2丁目9番11号
電話番号首都圏:0120-070-061(10:00〜18:00)※水曜定休
関西:0120-036-189(10:00〜18:00)※土日祝日定休
対象物件マンション、戸建てなど
対応エリア東京23区、東京市部、神奈川県、埼玉県、千葉県、他)
関西(兵庫県、京都府、他)
契約内容定期借家契約(提携会社によっては契約を延長することが可能。提携会社所定の審査がある場合がある)
特徴契約時に家賃を設定するため契約期間中に家賃が上がることはない
親族間リースバックが可能
リンクhttps://www.itochu-chukai.com/sell/LB.html

明和地所株式会社

三つ目は、「明和地所株式会社」です。明和地所株式会社では不動産の売買仲介事業、不動産賃貸仲介、管理事業を行っています。明和地所株式会社のリースバックのサービスは「明和地所のリースバック」といいます。この会社もマンションに強みがありますが、戸建て物件の場合も相談に乗ってもらうことができます。対象エリアに制限があることに注意が必要です。

会社名明和地所株式会社
サービス名「明和地所のリースバック」
設立1986年4月
本社所在地東京都渋谷区神泉町9-6 明和地所渋谷神泉ビル
電話番号0120-334-043(10:00~19:00)※火曜、水曜定休
対象物件マンション専門
(戸建ての場合は提携業者への紹介される)
査定のスピード1〜3日
諸費用仲介手数料不要
対応エリア一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、札幌市内
契約内容定期借家契約(2年間)
2年後も住み続ける場合は再度定期借家契約を締結
特徴買い戻し、再契約が可能
実績全国に900棟を超える新築マンションを供給
リンクhttps://www.meiwajisyo.co.jp/chukai/support/leaseback/

一建設株式会社

四つ目は「一建設株式会社」です。一建設株式会社では、分譲戸建て建築、注文住宅、分譲マンション、リフォーム、リノベーションに対応しています。一建設株式会社のリースバックのサービス名は「リースバックプラス」です。これは敷金、礼金、仲介手数料、更新料が一切かからないのが特徴です。また、一建設株式会社は、リースバックをしてから3年目以降に新築戸建てへ住み替えることができるというサービスを業界で初めて開始しました。

会社名一建設株式会社
サービス名「リースバックプラス」
設立1967年2月13日
本社所在地東京都豊島区南池袋2-25-5 藤久ビル東5号館
電話番号0120-956-334(9:30~19:00)
対象物件制限なし
査定のスピード1〜3日
資金化までの時間最短即日
諸費用敷金・礼金・仲介手数料・更新料なし
年齢制限成人以上
対応エリア全国
契約内容普通賃貸借契約または定期借家契約(5年)
特徴自宅の再購入価格が下がっていく、
3年目以降に当社新築戸建へ転居ができる
実績年間46,000戸以上
リンクhttps://leaseback.hajime-kensetsu.co.jp/

オークラヤ住宅株式会社

五つ目は、「オークラヤ住宅株式会社」です。その事業内容は不動産の仲介、売買、貸借、管理に加えて中古住宅のリフォーム、不動産に関する相談対応などです。
オークラヤ住宅株式会社のリースバックサービスは「リースバック買取」です。仮住まいせずに住み替えられるというのがメリットです。リースバックで受け取った資金は住み替えのための引っ越し資金にすることもできます。
「リースバック買取」では地域、物件によって取り扱ってもらえない場合があるので注意が必要です。

会社名オークラヤ住宅株式会社
サービス名「リースバック買取」
設立昭和57年11月15日
本社所在地東京都千代田区麹町4丁目5番地22 オークラヤ麹町ビル
対象物件首都圏のマンションが中心
資金化までの時間売り手と相談して決定
諸費用敷金、礼金、仲介手数料不要
対応エリア一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
特徴地域ごとに担当者がいるため、地域の情報に詳しい
実績累計契約件数11万2046件(2021年3月現在)
リンクhttps://www.ohkuraya.co.jp/sell/method/lease-back

株式会社ハウスドゥ

六つ目は、「株式会社ハウスドゥ」です。株式会社ハウスドゥは全国に695店舗(2022年1月末現在)を構えるというネットワークが強みです。株式会社ハウスドゥの「ハウス・リースバック」では、高齢者を対象に、毎朝電話をする「安心コールサービス」や、訪問して手伝いをする「おてつだい訪問サービス」というものを無料で行ってい流のが特徴的です。

v
会社名株式会社ハウスドゥ
サービス名「ハウス・リースバック」
設立2009年1月(創業1991年)
本社所在地東京都千代田区丸の内1丁目8番1号丸の内トラストタワーN館17F
電話番号0120-350-340(24時間対応可能)
対象物件戸建て、マンション
査定のスピード1週間以内
資金化までの時間最短5日、標準40日
年齢制限成人以上
対応エリア全国
契約内容普通賃貸借契約
特徴「長期リースバック」、「新築リースバック」、「資産活用リースバック」など、さまざまなタイプがある、
高齢者向けの「安心コールサービス」、「おてつだい訪問サービス」がある
実績累計契約数1,500件以上
リンクhttps://www.housedo.co.jp/leaseback/

穴吹興産株式会社

七つ目は、あなぶき興産のリースバックです。リースバックでは定期借家契約が一般的であるのに、あなぶきのリースバックでは普通賃貸借契約を結びます。そのため、長期間住み続けるというのが特徴です。
また、住宅の設備が故障したときには費用は不動産業者持ちで修繕をしてくれます。

会社名穴吹興産株式会社
サービス名「あなぶきのリースバック」
設立1964年5月25日
本社所在地香川県高松市鍛冶屋町7-12
電話番号東日本03-6809-5964/西日本06-6940-6975(平日10:00~18:00)
対象物件マンション(専有面積が40㎡以上で、築年数が10年以上経過していること。)
査定のスピード最短即日〜3日
諸費用保証会社に加入、火災保険に加入、敷金2ヶ月を預け入れ
仲介手数料はなし
年齢制限なし
対応エリア関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、大阪、兵庫、京都、広島、岡山、四国、福岡
契約内容普通賃貸借契約
特徴(利用者の故意による破損でない限り、)室内設備の修繕をしてくれる
実績マンション供給戸数1,599戸(2019年現在)
リンクhttps://www.anabuki.ne.jp/kaitori/

香陵住販株式会社

八つ目は「香陵住販株式会社」です。香陵住販株式会社は不動産の売買、賃貸借などを行っている、茨城県の地域密着型企業です。そのため地域の情報を多く持っています。さらに東京都にも支社を構えているため、そのネットワークを活かして対応してくれます。香陵住販株式会社には宅地建物取引士が100名以上在籍しており、事業歴も長いため、安心してサービスを受けることができます。香陵住販株式会社のリースバックは「KORYOリースバック」といい、契約年数や対象物件について柔軟に対応してもらえます。

会社名香陵住販株式会社
サービス名「KORYOリースバック」
設立昭和56年10月5日
本社所在地茨城県水戸市南町2-4-33
電話番号029-227-1522 (9:30〜18:00 )※土日祝日定休
対象物件戸建て、マンション
査定のスピード最短1週間
利用者制限個人、法人問わず利用可能
対応エリア茨城県内、東京23区
契約内容制限なし
リンクhttps://lilyoffice.jp/leaseback/index.html

株式会社インテリックス

九つ目は、「株式会社インテリックス」です。株式会社インテリックスのリースバックサービス「あんばい」には高齢者向けのサービスがあります。まず「あんばい・きずな電話」とは、高齢の利用者に1分間の日替わりメッセージを送ることで体調の確認をするというサービスです。また、「あんばいきずなコンシェルジュ」とは、2、3ヶ月に1度、高齢の利用者に電話をして、不動産に関する疑問に答えるというサービスです。リースバックでは、高齢者が騙されるというケースが取り沙汰されていますが、株式会社インテリックスのサービスは高齢者による安全な不動産活用を促しているのです。

会社名株式会社インテリックス
サービス名「あんばい」
設立1995年7月17日
本社所在地東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル11F
電話番号0120-217-217(9:00〜18:00)
対象物件戸建て、マンション、自宅兼店舗、事務所など
査定のスピード7日程度
資金化までの時間半月~1ヶ月
諸費用敷金、火災保険料、賃貸保証料、事務手数料
年齢制限なし(成人以上)
対応エリア各支店(札幌、仙台、渋谷、横浜、名古屋、大阪、広島、博多)の周辺エリア
契約内容定期借家契約(2年)、再契約可能
特徴あんばい・きずな電話、あんばいきずなコンシェルジュがある
実績累計20,000戸以上
リンクhttps://www.intellex.co.jp/leaseback/

まとめ

今回はリースバックを取り扱っている不動産会社の一例を説明してきました。これら以外にもリースバックを行ってくれる企業はたくさんあります。さらにリースバック業者を探してみたい場合は一括査定もおすすめです。
一括査定に関してはこちらを参照してください。
⇒ 【おすすめ7選!】リースバックの一括査定サイト〜まとめ〜


【関連記事】

【必読!】リースバックを相談するメリットとは?どこに相談するのか?

【徹底解説!】マンションはリースバックできるのか〜手続きと費用について〜

【借金を減らしたい】〜リースバックと債務整理の違いとは〜

【賃貸と比較】リースバックでも定期借家契約があるのか?

【徹底比較!】リースバックとリースの違いをわかりやすく説明

リースバック業者比較ランキング!おすすめ業者を徹底比較4選!

不動産のリースバックとは?レンタルとどう違うのか?

【リースバックしたい人必見!】退去するときに原状回復は必要なのか?

リースバックのトラブルで弁護士に相談?よくある事例を紹介

【別荘を売りたいとき】別荘はリースバックできるのか?