【必読】リースバックでは家賃補助や家賃保証を受けられるのか?

リースバックとは資産を売却して資金を調達する仕組みの一つです。所有している戸建て住宅やマンションを売却する「不動産リースバック」を利用する人が多いです。リースバックでは、家を売却した後は賃貸として家を利用していくことになります。これまでは持ち家だったので、家賃を支払うことはありませんでした。そのため家賃の支払いが大きな負担となる可能性があります。
そのとき、家賃保証や家賃保証を受けることはできるのでしょうか。今回はリースバックをすると家賃保証や家賃保証を受けられるのかについて説明していきます。

目次

  1. リースバックの仕組み
  2.  リースバックの流れ
  3.  リースバックの家賃はいくらか
  4.  リースバックの売却金額は相場より低い
  5.  もし家賃を滞納したら
  6. 家賃補助とは
  7.  会社から支給される家賃補助
  8.  自治体から支給される家賃補助
  9. 家賃補助をもらう条件
  10.  会社ごとのルール
  11.  地域差
  12.  持ち家か賃貸か
  13.  世帯主かどうか
  14. リースバックをすると家賃補助をもらえるのか
  15. 家賃保証とは
  16. リースバックでは家賃保証をもらえるのか
  17. まとめ

リースバックの仕組み

まず、「不動産リースバック」の仕組みを確認していきましょう。不動産リースバックとは、所有している不動産を売却することでまとまった資金を受け取ることができる方法です。売却した不動産を利用し続けたり、買い戻したりすることができるといったメリットがあります。

リースバックの流れ

不動産リースバックをするときにはまず、家の市場価値を査定してもらいます。査定はリースバック業者に行くと最短即日で結果を教えてもらえます。査定結果に納得したら、持ち家を売却します。それによって家の売り手はリースバック業者から家の代金を受け取ります。次に、売り手とリースバック業者は賃貸借契約を結びます。売り手は売却した家を賃貸として利用することになります。そのため利用者は毎月家賃をリースバック業者に支払い、これまで通りの家で生活をすることになります。これがリースバックの流れです。

リースバックの家賃はいくらか

リースバックを利用するまでは、家を所有していたため家賃の支払いはありませんでした。しかし、リースバック後には家賃を支払うことになります。
リースバック後の家賃は相場よりも高くなってしまうことが多いです。

リースバックした家の家賃は「買取価格×期待利回り(年率)/12カ月+リースバックにかかる諸費用」という式で決定されます。

なぜ相場よりも高いのかというと、リースバックを利用することで支払いが不要になる費用が家賃に含まれているからです。リースバックをすると、物件の所有権が売り手から買い手に移行します。そのため、売り手は物件を所有していると支払わなくてはならない管理費、維持費、固定資産税、保険料などの費用を支払わずに済むのです。しかし、これらの費用は家賃に組み込まれており、実は売り手が負担しているともいえるのです。その分、家賃は相場よりも高くなってしまうことが多いです。 また、家賃が高いのは買い手のデメリットを補うためでもあります。リースバックの場合、家の入居者は売り手だと既に決まっており、買い手は物件を自由に売買することができません。さらに、もし売り手が買い戻しを要求したらそれに応じなくてはなりません。買い手にとってはこのように自由な売買ができないというデメリットがあるため、それを補うために家賃が高く設定されているのです。

リースバックの売却金額は相場より低い

このように、リースバック後の家賃は高いけれど、売却代金を多くもらえるわけでもありません。リースバックによって受け取ることができる金額は同じ物件を売却したときの相場よりも低いことが多いのです。そのため、売却によって得た資金があればリースバック後の家賃を楽々支払っていけるとは限りません。

もし家賃を滞納したら

家賃が割高なので、リースバックをしてから長く住み続けていると家賃の負担額はどんどん膨らんでいってしまいます。もし家賃の支払いを滞納してしまったらどうなるのでしょうか。 家賃を滞納すると電話や書面で督促が行われます。督促状が来ても家賃を支払うことができず、何も行動に移さなかった場合は、今の家から退去せざるを得なくなってしまいます。その期限は3ヶ月です。しかし、強制退去の手続きが取られるまでには最短で6ヶ月ほどかかるため、すぐに退去して家を明け渡さなくてはならないわけではありません。最短で6ヶ月、長くて1年ほどは退去までの猶予があります。 また、家賃を滞納してしまうと買い戻しができなくなってしまうので、買い戻しを希望している場合には注意が必要です。

家賃補助とは

リースバックによって家賃を支払うことになったときには家賃補助をもらうことはできるのでしょうか。
まず、家賃補助について見ていきましょう。家賃補助とは、賃貸住宅に住む人を対象に、家賃の一部を支給してもらえる仕組みです。
家賃補助には会社から支給されるものと自治体から至急されるものの二種類があります。

会社から支給される家賃補助

福利厚生制度として家賃補助を支給している会社があります。しかし、家賃補助の制度がない会社もあります。また、利用者に関しても、誰もが家賃補助を受けられるわけではなく、いくつかの制限があります。

自治体から支給される家賃補助

各自治体には家賃補助の制度があります。自治体によって少しずつ内容が異なっています。また、こちらに関しても利用者に制限があり、家族構成や収入、家の居住年数などから審査されます。

家賃補助をもらう条件

家賃補助をもらうためにはいくつかの条件があります。さらに、その条件をどれほどクリアしているかによって、もらえる家賃補助の額が決まります。

会社ごとのルール

家賃補助を受けるための条件が各会社で定められています。その条件は例えば

といったことを基準に決められます。他にも、支給額の上限が「何%」と決められていたり、家賃補助を受けられる年齢が決まっていたりします。

地域差

家賃補助の額には地域差も影響します。東京や大阪などの都心部では家賃補助を多くもらえることが多いです。なぜならそのような都市部では平均的な家賃が高く、より多くの補助が必要になると考えられるからです。

持ち家か賃貸か

家賃補助の額にはその家が持ち家なのか賃貸なのかということも関係しています。一般的には持ち家の方が家賃補助は低く、賃貸の方が高いです。つまり、持ち家から賃貸住宅に引っ越した場合は、より多くの家賃補助を受け取れる可能性があるのです。

世帯主かどうか

世帯主でないと家賃補助がもらえない場合もあります。実家暮らしや同居人名義の住居に住んでいる人は家賃補助が出ないかもしれません。

リースバックをすると家賃補助をもらえるのか

結論としては、リースバックをすると家賃補助をもらうことができます。リースバックをすると家は売却することになり、その後は賃貸として不動産を利用していきます。売却によって家の所有権を手放し、家が賃貸となることで、家賃補助をもらうための条件に通るようになるのです。このように、リースバックをすることで図らずも家賃補助を受けられる場合があります。
しかし、家賃補助を受けるための条件は会社や自治体によってさまざまなので、その条件をクリアできなければ家賃補助をもらうことはできません。家賃補助が必要な場合は、会社や各自治体の条件を確認してみてください。

家賃保証とは

家賃保証とは、債務者が家賃の支払いを滞納した場合に債務者に代わって返済することです。保証人や連帯保証人を頼れない場合に家賃保証会社に依頼をします。
家を賃貸するときには保証人や連帯保証人をつけることで、家賃が滞納されたときのリスクを防ぎます。しかし、中には保証人や連帯保証人になってくれる人が見つからないことがあります。さらに最悪の場合は、保証人からも連帯保証人からも家賃を回収できないこともあります。リースバックの契約では、そのような場合に備えて家賃保証会社と契約することがあります。家賃保証会社に保証料を支払っておくと、万が一家賃を支払えなくなったときに物件の所有者に対して家賃を支払ってもらうことができるのです。 家賃保証会社を利用するためには、過去に家賃の支払いを滞納していないこと、収入に対して家賃が高すぎないこと、収入が安定していること、生活保護を受給していないこと、高齢すぎないことなどの条件があります。

リースバックでは家賃保証をもらえるのか

リースバックでは家賃保証の仕組みを利用することができます。
一般的に、十分な収入がない場合や保証人が用意できない場合にはリースバックをすることができません。しかし、その場合も家賃保証会社と契約することでリースバックを利用できる場合があります。賃保証会社に保証料を支払っておくと、万が一家賃を支払えなくなったときに大家さんに対して家賃を保証してもらうことができるのです。しかし、家賃保証会社に支払ってもらったら家賃の支払いが終了するわけではありません。支払う相手が家の買い手から家賃保証会社へ変わるだけで支払い義務は続くので、注意が必要です。

まとめ

今回は、リースバックをすると家賃補助や家賃保証を受けられるのかについて説明してきました。結論として、リースバックでは家賃補助も家賃保証も受けられるということがわかりました。しかし、家賃補助と家賃保証には、受け取るための条件があります。家賃補助の場合は持ち家なのか賃貸なのかが問われたり、家賃保証の場合は十分な収入があるかを審査されたりします。

家賃を滞納してしまうと家を退去せざるを得なかったり、保証人に迷惑がかかってしまったりします。家賃補助や家賃保証に頼らずとも家賃を支払っていけるように、リースバックで受け取った資金は計画的に使うようにしましょう。


【関連記事】

【別荘を売りたいとき】別荘はリースバックできるのか?

【リースバックと比較!】ファイナンスリースとは何か

【必読】リースバックのために融資を受けられるか?リースバックの後は?

リースバックを上手く活用するときに役立つハウスメーカーとは?

【リースバック/人気の理由】利用者が増加している背景とは

リースバック業者比較ランキング!おすすめ業者を徹底比較4選!

【事業者向け】土地をリースバックすることはできるのか?

【住宅ローン】アンダーローンのときにリースバックはできるのか?

【徹底解説】リースバックでは登記を名義変更するのか?その手続きとは?

【セール&リースバックと転リースの違い】〜転リースとはどのような仕組みなのか〜