【必読!】リースバックを相談するメリットとは?どこに相談するのか?

リースバックとはとはどのような仕組みなのか」、「リースバックをするべきかどうか」と、悩むことはありませんか。
今回は、そのようなときにリースバックを相談することのメリットを説明していきます。
また、どこに相談したら良いかという相談先も紹介します。

目次

  1. リースバックを相談するメリット
  2.  仕組みがわかる
  3.  メリット、デメリットがわかる
  4.  さまざまな業者を比較できる
  5.  他の売却手段を教えてくれる
  6.  どこに相談したら良いかがわかる
  7.  専門家を紹介してもらえる
  8. リースバックの相談先
  9.  リースバック相談室
  10.  リースバック110番
  11.  リースバック相談センター
  12.  一般社団法人全日本任意売却支援協会
  13. トラブルがあった場合の相談先
  14. まとめ

リースバックを相談するメリット

リースバックについて何か悩みや疑問があるときは、相談するとたくさんのメリットがあります。一つずつ見ていきましょう。

仕組みがわかる

リースバックについて相談すると、リースバックの仕組みを教えてもらえるというメリットがあります。リースバックの仕組みは複雑なため、少しわかりにくい部分があるかもしれません。そのようなときに相談をすると、リースバックに精通した人がリースバックの仕組みを教えてくれます。疑問が解決すれば、リースバックを利用したくなるかもしれません。

メリット、デメリットがわかる

リースバックのメリット、デメリットを理解することができます。リースバックには良いところだけでなく問題点やトラブルもあります。リースバックを相談すると、メリットやデメリットに加えて過去の事例やトラブルについても教えてもらうことができます。相談員は専門家であるため、多くの情報を持っています。もし一人で悩んでいたらリースバックに関する詳しい情報を得ることはできません。

さまざまな業者を比較できる

リースバックについて相談すればさまざまなリースバック業者のことを教えてもらうことができます。リースバックを取り扱っている業者はたくさんあります。しかし自分一人でそれらを調べ上げるのはなかなかに大変です。調べたとしてもその企業が信頼できる企業なのかどうかを判断することは難しいです。けれどリースバックの専門家であれば、さまざまなリースバック業者について知っているため、その企業を信頼して良いかどうかを教えてくれるでしょう。さらに、自分で調べていたのでは宣伝力のないリースバック業者を見つけることができません。そこで専門家に相談すれば、専門家だからこそ知っている、認知は低いけれど優良なリースバック業者を紹介してもらうことができます。

他の売却手段を教えてくれる

リースバックのことを相談すると、自分に最も合った家の売却方法を教えてもらうことができます。家を売却したいと思った場合に取れる手段はリースバックだけではありません。一般的な売却や、リバースモーゲージという方法もあります。さまざまな売却方法について自分で調べ、それらを比較するのは簡単なことではありません。しかし、相談する相手はリースバックについてだけではなく、不動産の売買について精通しています。そのため、もしリースバック以外の方法が自分にとって適しているなら、その方法を紹介してくれるでしょう。

どこに相談したら良いかがわかる

リースバックについて何か相談したいことがあった場合でも、どこに相談したら良いかさえわからないかもしれません。そのようなときにも「どこに相談すれば良いのかわからない」とそのまま相談すれば良いのです。それぞれの問題点に対してどうすれば解決できるのか、相談先を教えてもらうことができます。

専門家を紹介してもらえる

相談所には、不動産コンサルタント、弁護士、司法書士などの専門家のネットワークがあります。そのため、リースバックについて相談するとその内容を解決できるスペシャリストを紹介してもらうことができます。買取価格について相談したい場合は交渉力のある専門家を、リースバックで受け取った資金の使い道に関してはアドバイザーを紹介してもらえます。

リースバックの相談先

リースバックについて困ったときには相談するとメリットがあるということがわかりました。それでは、どのようなところに相談すれば良いのでしょうか。

リースバック相談室

リースバックの相談先の一つ目は、「リースバック相談室」です。こちらでは、リースバックの査定をする前に事前相談を行ってもらえます。さらに、最大5社の一括査定を出してもらうこともできます。その査定では、仲介、買取、リースバックという不動産を売却する3つの方法の中から自分に最も合う方法を教えてもらうことができるのです。仲介・買取・リースバックの3つについて、そのメリット、デメリット、査定金額、諸費用の違いを比較します。相談は無料で、年中無休で対応してくれます。
公式サイトはこちらです。

リースバック相談室

リースバック110番

二つ目のリースバックに関する相談先は「リースバック110番」です。リースバック110番では、リースバックに関する悩みや不安を相談することができます。リースバックを利用する前の相談にも、利用中のトラブルにも対応してくれます。年末年始を除き、年中無休で対応してくれます。リースバック110番の運営会社は株式会社And Doホールディングスで、「ハウス・リースバック」という商品を提供している会社になります。株式会社And Doホールディングスの「ハウス・リースバック」は認知度が高く、多くの人が利用しているサービスであるため信頼できます。

公式サイトはこちらです。

リースバック110番

リースバック相談センター

続いて、「リースバック相談センター」というところにも相談することができます。リースバック相談センターは渋谷、新橋、梅田、札幌、名古屋、博多に相談センターを設けています。電話での相談には無料で、年中無休で対応してくれます。リースバック相談センターを運営しているのは「任意売却119番」という機関で、住宅ローン返済に関する問題を相談することができます。住宅ローン返済に関する問題とは例えば、ローン返済の問題や、資金借り入れ、任意売却債務整理の手続きなどを相談できる機関です。パートナー弁護士、司法書士、不動産コンサルタントなどが対応してくれるので、安心して相談することができます。

公式サイトはこちらです。

リースバック相談センター

一般社団法人全日本任意売却支援協会

最後に紹介するのは「一般社団法人全日本任意売却支援協会」です。一般社団法人全日本任意売却支援協会には、家が競売の危機にある人を救うための専門家がそろっていて、大学教授、弁護士、司法書士、税理士、アドバイザーなどの専門家が相談に乗ってくれます。競売のトラブル以外にも任意売却や、リースバックについてのトラブルを扱っています。過去の相談件数や相談員の人数体制は日本最大規模です。 相談に行くと、60分程度の個別面談をしてもらうことができます。競売回避のスペシャリストや任意売却の専門相談員が揃っています。相談には無料で対応してもらうことができます。

全日本任意売却支援協会では他にも

トラブルがあった場合の相談先

トラブルがあった場合には、消費生活センターや国土交通省に相談すると良いです。

【相談先①】消費生活センター

リースバックに関して何かトラブルに遭った際には、消費生活センターに相談してみましょう。消費生活センターとは、消費活動に関わるあらゆることを相談できる場所です。消費生活センターは平日しか開いていない場所が多いですが、同じ電話番号にかけると休日は国民生活センターが消費者ホットラインで対応してくれます。国民生活センターでも同じように相談を受けてもらうことができます。
消費生活センターでは、電話での相談のほかにも、ウェブサイト上にも参考になる情報がたくさんあります。過去に実際に発生したトラブルや、それに関する注意点が記載されているので、それらもぜひ参考にしてみましょう。
消費生活センターの連絡先は
【消費者ホットライン】電話番号 188
【国民生活センター】電話番号 03-3446−1623(平日 10時~12時、13時~16時)
となっています。困ったことがあったときには躊躇わずに連絡してみましょう。相談には無料でのってもらうことができます。

【相談先②】国土交通省

2つ目の相談先は国土交通省です。国土交通省はリースバックのガイドラインづくりを推進するなど、安全なリースバックの利用に努めている機関です。
国土交通省への相談先は、該当する免許行政庁ホームページで検索して行います。
リースバックに関して何か被害を受けた際には、まず国土交通省の建設業者・宅建業者等企業情報検索システムで、被害の原因であるリースバック業者の免許行政庁を検索します。免許行政庁が各地方整備局等の場合は「地方整備局に関する窓口」から、免許行政庁が都道府県名の場合は「都道府県に関する窓口」から電話番号を探して、「宅地建物取引業免許(知事免許)に関する窓口」に相談します。
国土交通省に連絡するときは、
【免許行政庁】建設業者・宅建業者等企業情報検索システム
【免許行政庁(免許行政庁が各地方整備局等の場合)】「地方整備局に関する窓口」
【免許行政庁(免許行政庁が都道府県名の場合)】「都道府県に関する窓口」
【国土交通省住宅局参事官(マンション・賃貸住宅担当)】電話:03-5253-8111
といったサイトを使って該当する電話番号を検索してください。

まとめ

今回は、リースバックを相談することのメリットと、その相談先について説明してきました。
リースバックについて困ったことがあったら、どんなに小さなことでも相談してみましょう。専門の相談員が問題の解決に導いてくれます。


【関連記事】

【親が認知症になったら?】高齢者でもリースバックはできるのか?

リースバックできる金融機関は?

【まとめ/費用】リースバックにはいくらかかるのか?

【リースバックの税効果】リースバックは税的に得?節税の仕方とは?

【徹底解説!】リースバック物件をリフォームすることはできるのか?

【リースバックの仕組み】修繕費を支払うのは買い手か売り手か?

【高齢者も利用可能?!】リースバックに年齢制限はあるのか?

【リースバック初心者必見!】売買契約書の雛形とは?

【リースバックはやばい?】トラブルの内容と注意点

【生活保護受給者/ブラックリスト者】リースバックは利用できないのか?