リースバックって?Wikipedia情報まとめ

目次

  1. リースバックとは?
  2. Wikipediaではどのように解説されている?
  3. Wikipediaで紹介されている2つのメリット
  4. レンタルとは違うのか?
  5. リースバックに関するWikipediaの関連項目
  6. まとめ

リースバックとは?

リースバックとは、自所有している物件を一度売却して、売却後も賃貸物件として契約することで、まとまったお金を手に入れつつも、自宅に住み続けることができる仕組みのことです。正式名称はセール&リースバックと呼ばれており、戸建ての個人宅だけではなく、マンションやアパート、事務所や倉庫なども対象になっています。個人・法人問わず利用することが可能で、売却資金の使用用途も制限はありません。そのため、老後の生活のための資金調達や、経営が厳しくなった中小企業などでも利用されています。

リースバックとは、自所有している物件を一度売却して、売却後も賃貸物件として契約することで、まとまったお金を手に入れつつも、自宅に住み続けることができる仕組みのことです。正式名称はセール&リースバックと呼ばれており、戸建ての個人宅だけではなく、マンションやアパート、事務所や倉庫なども対象になっています。個人・法人問わず利用することが可能で、売却資金の使用用途も制限はありません。そのため、老後の生活のための資金調達や、経営が厳しくなった中小企業などでも利用されています。

一般的な不動産売却の場合、仲介する不動産会社は、買い手を探すために広告を出したり、看板を立てたりするため、売却することを周囲や近所の方に知られてしまうケースがあります。しかしリースバックの場合は、不動産会社などのリースバック事業者に対して直接売却するため、不動産売却に関する情報が公開されることはありません。しかも、売却した後もずっと同じ家に住み続けることができるので、周囲に売却したことが知られることはありません。

また、リースバックには買戻し制度があります。不動産業者によって条件は異なりますが、手放したときの売却金額に応じて、決められた金額で物件を買い戻すことが可能です。資金を調達して経済的な課題を解決した後、数年後に落ち着いてからマイホームを再度自分のものにする、ということが可能です。

Wikipediaではどのように解説されている?

近年、リースバックに関して説明するウェブサイトやメディアが増えてきましたが、Wikipedia(ウィキペディア)では、どのように説明されているのでしょうか。
実際に調べてみると、このように説明されています。(以下引用)“リースバック(英語: Leaseback)とは、セール・アンド・リースバック(英語: sale-and-leaseback)とも呼ばれ、現在所有している物品(主に固定資産など)に相当するものを他に売って、そこからリースするという金融取引をいう。こうした取引の対象になるものは不動産などの固定資産や、飛行機や列車などの資本財などである
リースバックを行なう際の当事者の理由は、これにより金融上、会計上、税務上の利点があるからである。大きな利点は二つあり、「まとまった現金を得ることが出来ること」、「維持管理などの手間を省くことが出来る」ことである。 リースバックのコンセプトは外交上も提案ないしは実施されたことがあり、フォークランド戦争後に99年のリース後アルゼンチンに帰属するように提案されたり、また香港を同様な期間で中国に帰属している。
リースバックという語句を「契約満了や解約に伴って、リース会社に資産を返却する」という意味で用いているネット記事やSNSの書き込みが稀に見受けられるが、これは明らかな誤用である。正しくは契約満了の場合は「リースアップ」、解約の場合は「リース解約」などの用語を使う。”
とのことです。まだリースバック自体が新しい仕組みということもあって、Wikipediaで解説されている内容としては少なめのボリュームになっています。

Wikipediaで紹介されている2つのメリット

Wikiediaでは、リースバックで売却することのメリットは大きく二つあると紹介しています。一つ目は「まとまった現金を得ることができること」です。通常の不動産売却と同じように、リースバックは保有している一戸建てやマンション、アパートなどの固定資産を、不動産会社や投資会社に売却します。当然、その際には不動産価値に応じた売却金が発生しますので、まとまった現金を得ることができるというわけです。ただし、リースバックで不動産を売却する場合、通常の不動産売却に比べて、リース料などの料率が加算されることがあるので、平均的な市場価値よりも、少ない金額で売却に至るケースが多いようです。事前に周辺の市場価値を調査したり、複数のリースバック業者に見積りを依頼したりと、工夫しながら進めたほうがよいかもしれません。

二つ目のメリットとして「維持管理などの手間を省くことができる」と紹介されています。リースバックで売却した後は、そのまま住み続けることができますが、物件のオーナー(所有権)はリースバック事業者に移ります。毎月のリース料を支払うことで、いわゆる賃貸物件のような状態になるため、物件そのものの維持管理を行う必要がありません。 マンションやアパートなどの投資用物件の場合も、リースバック事業者と転貸借契約を結ぶことで、転リース(いわゆる又貸し)を行うことが可能です。この場合も、物件を所有するオーナーはリースバック事業者になりますので、維持管理の工数を減らすことが可能になります。リースバック契約の内容については、個別に条件が異なるため、一概にすべての物件やリースバック事業者が同じとは言えません。事前に細かく確認する必要はありそうです。

レンタルとは違う?

リースバックは、所有する物件をリース業者に売却し、まとまった資金を手にすることができる仕組みですが、これはレンタルとはどのように異なるのでしょうか。
リースとレンタルでは「貸す」という意味では同じ言葉になりますが、一般的にリース契約は不動産や車、パソコンなどの比較的高価な物件・資産に対して長期間で行われる仕組みとなっています。一方で「レンタル」とは、DVDや本といった、短期間で安価な商品・サービスに対して短期間で行われる仕組みのことを指します。 不動産リースバックは物件を売却した後、元所有者との間でリース契約を結びますが、ここで支払うリース料がいわゆる家賃になるため、このリース料を支払い続けることで、そのまま自宅に住み続けることができます。
しかし、レンタルという仕組みの場合は、あくまで貸し出しのみになるため、借りている物件を買い戻したりすることが難しく、契約期間が終了すると退去を迫られる可能性があります。不動産リースバックの場合は、後々買い戻すこともできるので、物件の所有権も元の状態に戻すことができます。これもレンタルとは異なる大きなメリットといえます。

リースバックに関するWikipediaの関連項目

Wikipediaでは、まだリースバックに関する説明が多くありませんが、関連項目としていくつかのトピックスが紹介されています。そのなかで、よくリースバックと混同されるリバースモーゲージという仕組みがあります。 以下ウィキペディアより引用“リバースモーゲージ(Reverse mortgage)とは、自宅を担保にした融資制度の一種。自宅を所有しているが現金収入が少ないという高齢者世帯が、住居を手放すことなく収入を確保するための手段。” これは、自宅を担保に銀行などの金融機関からお金を借りて、その借金を毎月の年金という形で受け取る仕組みで、高齢者向けの制度となっています。これによって得た資金の使い道は、事業用以外であれば自由なので、老後の生活資金や、旅行や買い物などの資金に充ててもよいとされています。 リバースモーゲージについては、こちらの記事でも解説していますので、是非ご覧ください。
⇒ 【リースバックとリバースモーゲージの違いとは】〜どちらを選ぶべきか解説〜

まとめ

リースバックはまだ新しい制度のため、Wikipediaでの解説も少ないようですが、様々な不動産業者や金融機関が注目しており、資金確保の手段として主流になりつつあります。各社のウェブサイトやメディアをもとに、適切なリースバック業者を見つけられるように、情報収集を行いましょう。


【関連記事】

【高齢者も利用可能?!】リースバックに年齢制限はあるのか?

【必読】リースバックのために融資を受けられるか?リースバックの後は?

【リースバックの仕組み】修繕費を支払うのは買い手か売り手か?

【リースバックの譲渡所得】売却益、売却損にかかる税金はいくらになる?

マスターリースとは何か

【リースバックの賃貸期間】〜リースバックでは何年住めるのか〜

【まとめ】リースバックについて知りたいときに読むべきブログ5選

【生活保護受給者/ブラックリスト者】リースバックは利用できないのか?

【住宅ローン】アンダーローンのときにリースバックはできるのか?

リースバック後にオーナーチェンジした場合どうなる?